こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

仕事においての足し算、引き算などの意味

仕事においての足し算、引き算などの意味
上司に仕事は足し算、引き算、掛け算、割り算が出来なければいけないと言われましたが恥ずかしながら、理解できていません。

あと、友達が仕事は上記が必要だが、会社を経営するには上記のやり方では上手くいかないと言っていましたが、それも理解できません。

1、仕事においての足し算、引き算、掛け算、割り算の意味を教えて下さい。

2、仕事においての足し算引き算掛け算割り算で一番難しいのは掛け算割り算だと聞いたのですが、一般的にはそうなのですか?また、なぜなのでしょうか?

3、仕事では足し算引き算掛け算割り算が必要なのに経営ではなぜやり方が違うのですか?

4、仕事においての足し算は仕事をやった分だけ結果がプラスになる。
割り算は1時間かかってた仕事を10分で終わらせる。
みたいな意味だと勝手に解釈してますが違いますかね?

投稿日時 - 2017-06-12 20:16:41

QNo.9340400

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

思い切り勘違いしていますね。

必要なのは、「数える」ことなんですよ。
なにかをテストする仕事をするとしたら、そこには不審なことが発見されます。個々になんであるかは別として、チェックした数と不審点の数を数えないと、そもそも仕事をしたと認められません。何もしていないと言うことになりますから。すくなくともチェックした数の分は仕事をしています。

不審点必ずしも不具合ではありません。不審だとおもったけど自分のカン違いということもあります。でも明らかに不具合だと思うものがあったらそれを数えて数字を記録します。

その不具合は、動作の問題なのか、処理結果がおかしいのか、ミス多発する仕様のせいなのか、いろいろありますが、個々に数える必要があります。
処理結果がおかしいなんていうのは、誤動作であり最悪のことで、こういうのをバグと言います。

さて、ここまでで、チェックした数は、不審の数と不審でないと思った数の足し談だということだと思いますか。違いますよ。
ひとつの視点でチェックしたら、いくつもの不審が発見される場合もあります。
だったら、不審の数と不審でない数の足し算はチェック数ではありません。
そういうことを認識する必要があります。

一方、不審の数は、不具合の数、と認識ミスの数が足し算されたものだとわかりますね。

で、細かい判断をして得たバグの数は、全体のチェック項目数の何%ですか。
ここで割り算を使います。
もし50%もあったなら、それは仕事としては質が悪すぎますから、作業全体のやり直しをしたほうがいいと言うことになります。

チェックポイントといいましたが、実際にはこれはファンクションポイントといって、機能の一つ一つです。
ファンクションポイントが1500あるとしたら、おそらくバグは何件あると予想できるか、という計算をすることで、仕事をする人数を決めたりします。ここで掛け算を使います。

つまり、「数える」ということが、仕事のほぼ全部に通う血なんです。

これは、製造したり開発したりする現場の話です。

経営の場合は違います。

どれだけの資本を投入し、どれだけの資産を使い、計画をたてて実行するかを決め、途中途中で状況を判断し、舵きりをするというのは、足し算引き算とは違うことです。これは「数える」ではなく「読む」と言う仕事です。
現象を読むということであり、数えると言うことではありません。

投稿日時 - 2017-06-12 23:43:03

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問