こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

虚言癖

認知症を患う母親の介護についてです。
10年程前から幼稚な行動が目立つようになりましたが、最近それが顕著になってきました。2~3歳児のようなイラッとするいたずらを繰り返します。それを問い詰めても、やってないと平気で嘘を吐きます。

妄想癖や虚言癖が多いのも特徴で、その都度周囲は振り回されて、非常に疲れます。特に、虚言癖の対応に悩んでいます。本当に嘘が多く、何が本当の事やら訳が分からなくなります。信じると平気で裏切るし、それを責めても何の解決にもなりません。責めると余計に嘘を吐くという悪循環です。
虚言癖の多い人への対応の仕方を教えて下さい。宜しくお願いします。

投稿日時 - 2017-06-25 16:40:31

QNo.9345092

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

虚言は、自分が正常だと思いたくて事実を否定すると聞いたことがあります。
ありのまま受け止める。
「帰る」と言われたら否定せず「そうですか、またいらして下さいね。あっ、そういえば一つ見せたいものがあるんです」
となるべく引き留め、どうしてもダメなら「お送りします」と一緒に散歩する。そのうちに忘れてしまいます。
「財布が無くなった」と言われたら「おかしいね、一緒に探そう」と。
その位はやってるかもしれません。トラブルが多いので大変でしょうが、常に笑いを心がけてみて下さい。
対応する人が変われば急になごやかな雰囲気になったりします。
言葉でも理屈でもなく、「あなたと今こうしてることが楽しい」
「自分は幸せだ」
そういう気持ちが伝わると自然に笑顔になります。
今までイラっとしたことも、「お母さんったらも~」と手を叩いて笑ってみて下さい。
介護に終わりはありませんが、体が動き話せるうちならまだ、笑い合うことはできます。
あなたの心も守りながら無理せずに過ごして下さい。

投稿日時 - 2017-06-25 17:45:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

認知症はそのレベル進行度合いにより、様々で有り”そう言う行動含み、慎重な
観察力と本人への丁寧な介護力こそ、投稿者様・”腕の見せ処なのでしょう。
第三者へ軽く、聞けば何て考えづ投稿者自ら”他人様依存心を脱却されて、慎重に”あらゆる対処方法を考えて・実効されて、試行錯誤する以外に決定的な解決策等は、無いものでしょう:だから、介護者フォローレベルは、根競べです。

投稿日時 - 2017-06-26 06:58:50

ANo.3

私の介護経験からは「嘘は無い」と感じます

記憶に残らないだけ
つい今しがたの事でも覚えていなければ間違った答えでは無いでしょう

記憶できない脳 記憶障害 病気 そう割り切るしか無いと思います
記憶している量が減っても頭の回転が悪くなる訳ではないです

妄想や虚言も前回の事を覚えていない 残された記憶から思い出されたものを都合良く継ぎ合わせたもの その時点の本人にとっては正しい答えだと感じます

1秒前の事も記憶していない そういう考えで対応していくしかないと思います

イタズラ 新しい記憶から消えていくのが認知症と言われています 子供返り
そういう症状も仕方ないんじゃないでしょうか

投稿日時 - 2017-06-25 22:58:45

ANo.2

その嘘によってどんな実害がありますか?嘘や妄想は残念ながら治らないので、お互い嫌な思いをしないように、実害がなければ嘘を受け入れて深入りせずに受け流すのが良いと思います。認知症は記憶は曖昧でも感情だけは残ってしまうので、家族がイライラしてムキになっていると悪い感情だけ残るようです。私の亡くなった父は認知症と診断されていましたが、行ったことが無いところに行ったことになっていたり、家にないはずの物があることになっていたり、親戚の住んでいるところややったことが間違っていたり。最初は徹底的に正しいことを言って正そうとしていたのですが、そうすると父も責められていると感じ、それを言い繕うために新たな話をでっち上げて話が膨らんでいきました。その膨らませた話が新たな記憶になっていっていたのできりがなく、最初から否定せずに受け入れつつ深入りしなければ、よくなることは無くても平和に話が進むことを理解しました。そうしてみると、父が言う無茶苦茶な話もパーツパーツの記憶はどうも根拠がありそうなこともわかったし、いったいこのでたらめな話の出処はいつのどう言う記憶なんだろうと考えるようにもなりましたよ。だからと言って解決にはならないのですが、少なくとも少し理解できるようになりました。
それでは対処できないのが、実害がある場合。家にもともと無いものがあることになっていて、それが出てこないと激怒したりしました。激怒の対象はずっと連れ添っていた母親で、ずっと一緒にいるから知らないはずがないと思っていて、母親に記憶を否定されるのだけは絶対に許せなかったようで母が可愛そうでした。個別に対応するしか無かったのですが、しいていうと、母ではなく激怒の対象になっていなかった私が、話を受け入れつつ一緒に探すふりをしつつ、実は家に無かったか、途中で無くなった可能性を一緒に考えたこと。こう言うのがうまく言ったこともあるし、あまりにも強く思い込んでいることは無理だったり。完全解決はできず、マシにするくらい。
いたずらって言うのはどう言うのですかね?他愛もないほっておいても良いもの?それとも家が家事になったり損害が出たりしそうなもの?いずれにしても、理解しようと試みて特に怒らないようにするべきとは思いますが、最悪の事態にならないようには家に対策をうつとか考えないといけないと思います。
怒らないようにすると言っても、無理なことも多々ありましたよ。でもしょうがないですよね。

投稿日時 - 2017-06-25 18:17:11

あなたにオススメの質問