こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

公務員試験について

なぜ 回答が 3になるのか分かりません。教えてください。また解き方も教えて下さい。
問題
a~d の4人は それぞれ2つの言語しか話せず、 その二つの言語は 英語ドイツ語 フランス語 または イタリア語のいずれかである。 今 ア~オの事柄が 分かっている時 確実に 言えるのは どれか。
ア a・b・d は 共通の言語で話せるが もう一方の話せる言語は 3人とも異なっている。
イ c と d は共通な言語で話せるが c が話せるドイツ語ではない
ウ aは bとc の 間の通訳ができるが、 フランス語が話せない
エ 4人が共通に話せる言語はなく3人が共通に話せる言語は一つだけある
オ 英語とドイツ語両方話せる人はいない

1 a と c は英語 b とdはドイツ語を話せる
2 a と d は英語 b と c はドイツ語を話せる
3 aはイタリア語、 b は 英語、 c はフランス語を話せる
4 b は 英語 、c はイタリア語、dはフランス語を話せる
5 b はイタリア語、cは英語 、d はドイツ語を話せる

解説
まずイより c はドイツ語を話せて d はドイツ語を話せない。 ウよりaはフランス語を話せない 。オよりcは英語を話せない。 この時点で表1の様になる。
ここでアとエ より abdの三人が 話せる言語は 英語 イタリア語 のいずれかである。
英語だとするとオ より 英語とドイツ語の両方を話せる人はいないのだから 、a も b も ドイツ語が話せず ウよりaと c が 共通に話せる言語はイタリア語となる。
しかしエより4人が共通に話せる言語はなく、 3人が共通に話せる言語は英語だけとなるため 、bとdもイタリア語話せず b と d が話せる言語が英語とフランス語で 一致してしまいアに 反する。
よって abdの三人が話せる言語はイタリア語となり、イ より c も d もフランス語を話せて、 ウよりaはドイツ語を話せて、 エ より b は英語を話せる。
よって確実に言えるのは
3、 a はイタリア語 、b は 英語、 c はフランス語を話せるである

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2017-06-30 00:17:42

QNo.9346689

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

◆導出1

前提(イ)と前提(オ)について
cさんは、ドイツ語+(フランス語 or イタリア語)の2つを話す。
※英語とドイツ語を話せる人はいないため、
 ドイツ語を話す = 英語は話せない。となる。

 ⇒ cさんは、英語は話せない。

*****************************************************

◆導出2

前提(ウ)より、

  ⇒ aさんはフランス語を話せない。

*****************************************************

◆導出3

前提(イ)より、
dさんは、cさんと会話するときに
ドイツ語を使っているわけではない旨が記載されているので、

  ⇒ dさんはドイツ語を話せない。

*****************************************************

◆導出4

cさんが英語を話せない状況で、
aさんがフランス語を話せない状況なので、
a ⇔ c の間の会話は、ドイツ語かイタリア語になる。


◆導出5

同様に、
「c と d は共通な言語で話せる」
cさんが英語を話せない状況で、
dさんがドイツ語を話せない状況なので、
c ⇔ d の間の会話は、フランス語かイタリア語になる。

*****************************************************

◆導出6

解説のページで書かれているような
「16個のマス」は、
8個が×がついて、8個が○がつくこととなる。

そして、
「3人が共通に話せる言語は一つだけある」
「4人が共通に話せる言語はない」
ということは、

「○がつく8箇所」のうち、
どこかの言語について3箇所○がつき、
「○が2箇所つく言語」が2言語、
「○が1箇所だけしかつかない言語」が1言語となる。


「a・b・d は 共通の言語で話せる」とあるので、
「どこかの言語について3箇所○がつく」とあるのは
a・b・dについての共通言語のことになるのだが、

 ◆導出2:「aさんはフランス語を話せない。」
 ◆導出3:「dさんはドイツ語を話せない。」
 ◆導出4:「a ⇔ c の間の会話は、ドイツ語かイタリア語」
 ◆導出5:「c ⇔ d の間の会話は、フランス語かイタリア語」

 というのを鑑みると、
「どこかの言語について3箇所○がつく」とあるのは
 イタリア語しかありえない。

*****************************************************

◆今までの結果を足掛かりに、残りの情報を埋める

 イ)より c も d もフランス語を話せて、
 ウ)より a は ドイツ語を話せて、
 エ)より b は英語を話せるというのがわかる。

 よって確実に言えるのは
 3番の
 「a はイタリア語 、b は 英語、 c はフランス語を話せる」である。
.

投稿日時 - 2017-07-01 06:02:52

ANo.2

「イ c と d は共通な言語で話せるが c が話せるドイツ語ではない 」の文面、

最初、
「 c と d は共通な言語で話せるが c が話せるのはドイツ語ではない 」
と捉えたのですが、

解説の
「まずイより c はドイツ語を話せて d はドイツ語を話せない。」
を見る限り、
c と d は共通な言語で話せるが 「c が話せるドイツ語」では話をしていない。

という捉え方が正しいということなのでしょうか。
.

投稿日時 - 2017-07-01 03:09:04

ANo.1

これ、問題は正確に写してありますか?
解説見ないで解いてみたんですが、イの条件、「…Cが話せる(のは)ドイツ語ではない」という前提で解いたので私は違う答えが出てしまいました。
解説をみるといきなり、「イからCはドイツ語を話せて…」とあります。
明らかに問題前提と噛み合ってないですよね、いかがですか。
問題集自体がミスプリなんでしょうか、もしそうなら出版元に確認してみてください。

なお、この手の問題は条件を正確に当てはめていく、確実にあっているところ、確実にダメなところを押さえて解いていきます。二通り可能性があるなら場合分けして表を作成してみるとかです。

投稿日時 - 2017-06-30 03:23:17

あなたにオススメの質問