こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

2050年に日本の高齢者の65歳以上の老人の割合は

2050年に日本の高齢者の65歳以上の老人の割合は全人口の41%になっている世界が待っているそうです。

2050年はどんな社会、経済になっていると思いますか?

既に日本は幼児用おむつより高齢者用おむつの方が販売数を超えていると言われていますが、高齢者用おむつの種類は少なく品揃えも幼児用おむつより少ないラインナップなのはおかしくないですか?

幼児用おむつは何ヶ月ごとにサイズが違うので種類が多く多く扱っている印象があるだけでしょうか?

高齢者用おむつは大人だから体格だけのSMLの3種類で良いから売り場面積が小さいのでしょうか?

本当に高齢者用おむつの方が販売数が多いのか怪しいところですが高齢者用おむつの方が販売数は多いそうですよ。

2050年に41%が高齢者だと働き手は無茶苦茶少ないので会社経営者はアルバイトやフリーターやパートといった低賃金労働させる労働奴隷の確保が難しくなりますね。高齢者を労働奴隷に使うにしてもおむつをしている老人を使えるところが少ないですね。ファーストフード店やファミレスにはいますけど、携帯電話のスマホ操作が出来ない老人はコンビニではバイトは難しそうです。年金を渡したら働いてくれないのでいかに年金を蓄えさせないかが焦点になりそうです。

投稿日時 - 2017-07-02 00:14:37

QNo.9347400

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

2050年はどんな社会、経済になっていると思いますか。
老人大国 子供減少 私立学校閉鎖始まる 社会経済サバイバル進化
・・・つより少ないラインナップなのはおかしくないですか。?そうですか。
幼児用おむつは何ヶ月ごとにサイズが違うので種類が多く多く扱っている印象があるだけでしょうか?:そうでしょう。
高齢者用おむつは大人だから体格だけのSMLの3種類で良いから売り場面積が小さいのでしょうか。?:そうでしょう。

投稿日時 - 2017-07-02 08:49:33

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-07-02 11:06:28

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問