こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

各国リーグ 相手チームの研究はしますか?

例えば、プロ野球の場合は相手チームの研究をしますよね。
例えば、このバッターはインコースが弱いとか、
外角の低めは必ずバット振ってくるとか、
高めの球は振ってきてホームランの確率が高いから気をつけなければいけないとか。

ピッチャーについてなら、このピッチャーはこんなクセがあるとか、
カウント1ボール・2ストライクの時の次の球種はカーブが多いとか。

プロならもっと細かく・多くのことを分析して対戦チームの研究をすると思いますが、

サッカーでも同じ様に、プロリーグでは相手チームの研究はしているでしょうか?

素人でも試合を見ていれば、○○チームの△△選手は足が速くて決定力もあるから1対1させたら怖い選手とかはわかりますが、選手個人と言うよりも、チーム全体としての研究はどうでしょうか?
例えば、左サイドを中心に攻めてくるとか、60分過ぎてから急に攻めてくるとか、後半開始してからの10分間が特に攻撃的になるとか、真ん中から突破してくるとか、個人というよりチームのサッカースタイルの研究についてはどうでしょうか?
プロのサッカーの場合はしていますか?

もし、チームの研究をしている場合、
チャンピオンズリーグなどで、違う国のチームと対戦する場合はどうしているのでしょうか?
あまりデータとか持っていなかったりする気がしますが、その場合はチームの研究はどんな感じでしょうか?
チームと言うより、危険な選手を注意するといった感じでしょうか?

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2017-07-20 18:07:04

QNo.9353962

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

#1です。

>平日に開催されるためメンバーを入れ替えて戦うから、
これはどういうことですか?
社会人が含まれているということですか?
日本で言う、実業団みたいな感じのことでしょうか?

いえいえ。そういう意味ではありません。
プロのトップリーグのサッカーの場合、1試合にフル出場すると1選手の走行距離が10km前後で、それもジョギングではなくダッシュすることが多いので、体重が2~3kg落ちるくらい消耗します。
ですので、週に2試合こなすとなると、ダッシュする機会が他ポジションよりは多くはないGKとCB以外はスタミナ面でのコンディションが回復途上で万全ではありません。
そのため、週末に開催される各国リーグ戦に出場しなかった控え選手、途中出場でプレー時間の短い選手を起用しがちです(ターンオーバーって言いますね)。
チームにはだいたいどこも25名位はトップチーム所属の選手がいますので、その選手の中でやりくりをします。時々けが人続出などでユースチームから昇格させたり抜擢するケースはありますが、普段別のところにいる選手を起用するわけではありません。

投稿日時 - 2017-07-21 12:21:18

お礼

回答ありがとうございました。
なるほどー、そいうやりくりがあるんですね。こういうことも初めて知りました。
ということは、ターンオーバーで起用された選手(言い方が正しいでしょうか?^^;)が試合に出ていると言うことは、連携とかも普段よりは少しうまく行かない場面があったりするんでしょうか?
例えば、パスミスが多いとか、チーム同士のアイコンタクトというか、あうんの呼吸があわないというか。

例えば、各国の代表チームは普段はクラブで一緒にやっているわけではないので、連携がうまく行かないというか。

質問ばかりですが、宜しくお願いします^^;

投稿日時 - 2017-07-21 17:54:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

サッカーの場合、相手チームの陣形など戦略データをもとに対応してるでしょうね。
また注意する選手に対してその場で戦術を考えます。
例えばこの選手にはマンツーマン、のように。
サッカーの場合いくら企画していてもその瞬間で変わっていくので細かなデータを重要視しないでしょうね。

投稿日時 - 2017-07-22 11:56:43

お礼

回答ありがとうございました。
なるほど、サッカーの場合は少し違うんですね。

投稿日時 - 2017-07-27 02:52:26

ANo.2

こんにちは

Jリーグではスカウティングする人が、相手チームの試合を観に行き
それによって対策を練ります。

スカウティングする人は自分のチームの試合は見られないそうです。

目だったチームの戦術は、各国で分かっていますが
例えば、レアルとかバルサをスカウティングしても
この力が強く、簡単には勝てないと思います。

監督によって、戦術が変わるのがサッカーの特徴で
これは野球よりも顕著だと思います。

フォーメーションなど戦術に合った選手を補強するか
チームに合った監督を選出するかで
全然チームが変わってきますから。
野球よりも、サッカーの方が途中解任が多いのは
その為です。

攻撃が1トップ、2トップ
守備が4バック、3バック
これによっても全然対戦状況が変わります。

CLもメジャーになればなるほど、相手はそのチームの特徴を
判っています。

例えば、日本で天皇杯にジャイキリが起こるのは
スカウティングされていないことも大きな要因だと思います。

野球でいいピッチャーがいれば、簡単には打てないように
危険な選手一人ではなく、戦術がしっかりしているチームの穴を
見つけて攻略してきます。

日本のJでも、ドン引きで守ってカウンター狙いの
戦術をとっているところも少なくありません。

投稿日時 - 2017-07-20 23:44:25

お礼

回答ありがとうございます。

>監督によって、戦術が変わるのがサッカーの特徴で
>これは野球よりも顕著だと思います。
そうですね。確かに。成績不振で監督交代するとガラッとかわりますよね。

>チームに合った監督を選出するかで
こういったこともあるんでね。

なるほど、ちゃんと研究はしているんですね。

投稿日時 - 2017-07-21 00:21:14

Jリーグ観ていると、J1などではちゃんとスカウティング(相手チームの研究)していますよ。

ヨーロッパですが、CLの場合は、*予選では*意外とそこまでスカウティングしていないっぽい雰囲気を感じます。平日に開催されるためメンバーを入れ替えて戦うから、チームの傾向(フォーメーションとか)はあっても、リーグ戦の主戦選手がCL予選では出てこない、ということもありますので。
もちろん決勝トーナメントになれば話は別です。

投稿日時 - 2017-07-20 19:23:04

お礼

回答ありがとうございました。

J1ではやっているんですね。プロですからそうですよね。

ヨーロッパでは予選だとそこまではしていないんですね。

>平日に開催されるためメンバーを入れ替えて戦うから、
これはどういうことですか?
社会人が含まれているということですか?
日本で言う、実業団みたいな感じのことでしょうか?

投稿日時 - 2017-07-20 19:51:26

あなたにオススメの質問