こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ビジネスクラスって大騒ぎするほどいいもの?

ビジネスクラスって大騒ぎするほどいいものなのでしょうか?ここで言う大騒ぎとは、比喩的な表現であり、大声を出して喋るという意味ではないことをご理解ください。

投稿日時 - 2017-07-31 12:20:40

QNo.9357854

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 僕が乗ったのでは、乗ると飲み物を持ってくる。食事はテーブルクロスでアントレが選べる、席がちょっと広く、前の席との間隔も広い、このくらいです。

投稿日時 - 2017-07-31 12:35:25

お礼

疲れにくいというのはあるんですね。

投稿日時 - 2017-07-31 13:17:04

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

長距離と中距離はビジネスクラスしか考えられない、
近場はエコノミーでも大丈夫。(※下記) というのが自腹で乗って体で知った私の結論です。海外渡航暦80回くらい、エコノミーは20回くらい、残りはすべてビジネス席です。

長距離とは、ヨーロッパ、アメリカ、ハワイ、オセアニアなど。
中距離とは、バンコク、シンガポール、マレーシア、ベトナムなど。
近場とは、韓国、香港、上海、大連、フィリピン、グアムなど。

おおざっぱに、飛行時間が4時間くらいまでが近場、それ以上が中長距離という認識です。やっぱり寝ていける、というのはいいですよ。食事なんかどうだっていいんです。シートです、違いが出るのは。ビジネスクラスに乗ってしまうと、もうエコノミーには戻れません。

親の死に目に呼び戻されて、エコノミー席しかない、という状況にでもならない限り、中長距離は今後エコノミーには乗らないでしょう。それほどエコノミーに乗るのは勇気が要ります。あの狭いシートに座るのかと思うとがっかりします。よってnoneya4さんはビジネスクラスヴァージンを貫いたほうが結果的に幸せかもしれませんね。

(※マイルが貯まって期限切れになる前に、近場でもビジネスクラスの特典チケットに交換することもありますから、結果的に近場でもビジネス席になってしまいますが、お金を出して買うなら近場はエコノミーにします。)

投稿日時 - 2017-07-31 20:40:39

お礼

シートの広さは分かりやすいですね。

投稿日時 - 2017-08-01 02:00:37

ANo.7

>いいのは分かるんですが、経費で乗るか、お金持ちが乗るにはいいもの位にしか思えないのですがね。
当然でしょ。
同じ場所に行くのにエコノミークラスの2倍前後もの料金払うんだから。
だけど逆に言えば航空会社にとってはエコノミークラスなんてのは貨物と同様。
ビジネスクラス以上が顧客なの。
だから、エコノミークラスは運んであげるのがメインで、一応人間と言う生き物乗せてるから輸送中にエサ位は出してあげるよ。って考え。
昔、まだボーイング747が就航する前、大量輸送が始まる前は飛行機で行く海外旅行なんて一般庶民には縁の無い物だったでしょ?
その頃からの名残で航空会社にとっての顧客はビジネス以上に乗ってくれる人なんだよ。
だって、まだ海外旅行がまだ一部の人たちだけの頃だった時代のエコノミークラスの待遇は、今のビジネスクラスと同じくらいだったからね。
それとエコノミクラスは貨物って考え方を極端にしたのがLCCだよ。
あれこそまさに乗客は貨物以外何物でもない。

投稿日時 - 2017-07-31 16:07:06

お礼

747の登場、LCCの登場で状況が変わったんですね。

投稿日時 - 2017-07-31 19:03:10

ANo.6

エコノミークラスやツアークラスとは雲泥の差ですよ。
乗ってみればわかります。
なにもかも違います。
それだけに料金も3倍ほどしますが、私は社用で欧州しか行ったことがないので、他は分かりません。

投稿日時 - 2017-07-31 15:43:22

お礼

自分ははっきりとした数字は知らないのですが、確か、ビジネスはエコノミーの2倍、ファーストクラスはビジネスクラスの2倍だと聞いたことがあります。

投稿日時 - 2017-08-01 08:59:58

ANo.5

もう20年近く前、年に2,3回アメリカ出張に行く際に毎回ビジネスで行ってました。
他の方も言われてるように、チェックイン時からエコノミーとは待遇が違います。
まずチェックインカウンターがビジネス、ファースト専用なので待つ必要がない。
受託荷物の重量制限がエコノミーの2倍。
チェックイン後に専用ラウンジを使えるので待ち時間にコーヒーやお酒、軽食等のサービスを受けて、搭乗時間までのんびり待てる。
搭乗時も
専用カウンターで優先的に搭乗できる。
機内でも出発時間までCAが飲み物やスナック、雑誌や新聞、スリッパや毛布、枕等を持ってきてくれる。
シートが大きくリクライニング角度が大きく、足元も広いのでフライト中もエコノミーとは疲労度が違う。
当時はまだエコノミーには各シートには液晶スクリーンも無かったが、ビジネスは各シートに専用スクリーンが有って、好きな映画などを見ることができた。
当然機内食の質も全然違う。エコノミーの機内食はエサだがビジネスはちゃんとした食事。
到着後もファースト、ビジネスから降りるので、入国手続きも人が少なく楽。
バゲッジも優先タグが付いているので最初に出てくるので混雑しないで済む。
私が使っていたチケットは大体半年オープンの正規料金チケットだったので、マイルが100%付与。
だから、4回もアメリカ(シカゴ、デトロイト辺り)に行けば西海岸往復位のフリーチケットが貰えた。
などなど。
まぁ、マイルに関しちゃチケット自体が100万超えだったので、100%付与は当たり前ですけどね。

投稿日時 - 2017-07-31 15:09:23

お礼

いいのは分かるんですが、経費で乗るか、お金持ちが乗るにはいいもの位にしか思えないのですがね。

投稿日時 - 2017-07-31 15:42:54

ANo.4

>ビジネスクラスって大騒ぎするほどいいものなのでしょうか?

良いモノですよ。

まず「飛行機に乗る前」から違います。

航空会社によって異なりますが、ビジネスクラスは「空港ラウンジ」が無料で使用できます。

ビジネスクラス専用ラウンジでは、ビールやドリンク、料理が「無料」で提供されていたりします。航空会社によっては、ビジネスクラス専用ラウンジに「ヌードルバー」があって、出来立ての麺類を、その場で調理し、無料で提供しています。しかも、食べ放題、飲み放題です。

ビジネスクラスのチケットを持っている人の中には、ビジネスクラス専用ラウンジを使う為だけに、出発の5~6時間前に空港に行く人も居ます。

エコノミークラスでは、これらのラウンジは使えません(エコノミークラスでも、予約した上、5000円ほどのラウンジ利用料を払えば、ラウンジを利用できます)

因みに、ANAなどでマイル修行をして、ANAのダイアモンド会員やスターアライアンスゴールド会員になって、上級ラウンジのスイートラウンジに入れるようになると、ドリンクやビールはもちろんの事、高級シャンパンが無料、一般レストランと同様の食事が無料、シャワールームが無料で使えます。

次に、搭乗時ですが、チェックインや手荷物預け、保安検査等が専用レーンで行なえ、エコノミーの行列に並ぶ必要がありません。

機内においては「座席の広さ」と「機内食」に差が出ます。ビジネスクラスは「フルフラットシート」と言って全身を伸ばして寝れるシートになりますし、機内食もレベルが違い、ちゃんとした食器に盛り付けられた食事が出ます。エコノミークラスの機内食のようにプラスチック容器に入った食事ではありません。

最後に、到着時ですが、預け荷物に「優先タグ」が付けられ、荷物受取用のターンテーブルに荷物が出て来る順番が優先され、素早く荷物が受け取れます。

投稿日時 - 2017-07-31 13:09:07

お礼

違うんですね。

投稿日時 - 2017-07-31 13:14:29

ANo.3

こんにちは

仕事とプライベートで数回乗りましたけど
長い距離ほどありがたく感じます。

身体を横にできる、前にスペースがあるというのは
疲れが軽減されます。

機内のサービスには、期待を持っていませんが
エコノミーとはCAさんの質が違うような気がします。

投稿日時 - 2017-07-31 13:03:59

お礼

距離が長いほど違いを実感できるんですね。

投稿日時 - 2017-07-31 13:15:37

ANo.2

日本航空の国際線のビジネスクラスにマイレージを貯めて乗りました。

ラウンジはあるし、ラウンジ内で食事は無料だし、チェックインに並ばなくていいし、ラウンジでくつろいでいる間にボーディングのお知らせがあるので自分で気にしなくていいし、乗るときも別の列なのですでに扱いが違うし、座る前に上着を預かってクロゼットでしまってくれるし、座ってからも座席や前の「席との距離が広いのでいつでも立ち上がって移動できるし、ビジネス専用のアテンダントが頻繁に見回ってくれるので呼び出さなくてもキョロキョロするだけですぐ気にかけてくれる。

周りの客もビジネスだけ有って皆静かで大声でおしゃべりする人はいないし、すでに知的な雰囲気が流れてる。食事はちゃんとしたガラスで小皿でくるし、おいしい。デザートやリフレッシュメントのオファーは何度も何度もくるので小腹空くことはない。

アテンダントが跪いてご機嫌うかがいに通りかかっては一人客とは軽い会話を楽しんでくれる。ここが「楽しませてくれる」という部分。ただの食事を配って寝かせるだけではなく心の気配りがあるんです。

座席やエンターテイメントがアップグレードされておるのは機種によって違うけれど、ソフト面は確実に料金払った分の乗客のホスピタリティを提供しているなあと思いました。

もうエコノミーには戻りたくない、と貧民国から移民したような気にさせられました。ま、しかたないけど。

大騒したいくらいビジネスクラス、好きです。でも片思いです。

投稿日時 - 2017-07-31 12:51:17

お礼

いいんですね。

投稿日時 - 2017-07-31 13:17:29

あなたにオススメの質問