こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

EP-808AでB5版ルーズーリーフに両面印刷

EPSONのプリンターEP-808Aを使用しています。
B5用紙はほとんど使用することがなかったのですが、今般、B5版ルーズリーフ(縦の片側に綴じ穴が26空いたもの)に両面印刷する必要に迫られました。
EP-808Aで自動両面印刷をかけましたが、色々設定を変えても片面を印刷した時点で、「設定と異なるサイズの用紙が給紙されたので排紙した。用紙サイズを確認してセットし直して・・」とのエラーメッセージが出て、両面印刷してくれません。
E社に問い合わせたところ、「このような問い合わせは初めて。当社で試したものの印刷できなかった。用紙に穴がある関係でB5と認識しないと思われる。片面ずつ印刷してください。」とのこと。
試しに同様に穴の空いたA4版ルーズリーフでやったら素直に自動両面印刷してくれましたが、B5では本当にできないのでしょうか?
何とか印刷方法はないのでしょうか?
B5ルーズーリーフで60枚ほどの両面印刷をしたいので、ご指導のほど、よろしくお願いします。
なお、機器は次のとおりです。
 パソコン OS:Win10
 プリンター :Epson EP-808A
 接   続 :無線LAN
 印刷したい用紙:B5版ルーズリーフ(縦の片側に26の穴があるもの)



※OKWAVEより補足:「EPSON社製品」についての質問です。

投稿日時 - 2017-08-17 19:18:56

QNo.9364138

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

情報ありがとうございます
SlimB5のうろ覚えはあったのですが セミB5とも呼ぶのですね
http://www.n-nsk.co.jp/asset/00032/paper-page/paper-size.pdf

日本だけにあるもの?
http://www.harem-shop.com/colam/d_colam/d_colam_10.html

印刷用紙では無い プリンター用紙として販売されていない と区別してしまうと仕方ない状況なのかも知れませんね

投稿日時 - 2017-08-18 23:33:39

お礼

毎回ありがとうございます。

スリムB5とセミB5とはちょっと違うようです。

スリムB5は、貼り付けていただいたとおりですが、セミB5は
   http://www.bunbouguyasan.com/un.asp?Code=20
がわかりやすいと思います。

確かに印刷用紙又はコピー用紙としては市販されてないようですのでやむを得ないかもしれませんが、ルーズーリーフの活用を考えると、対応しても良いのではないか、と思うのは私だけかな・・・。

投稿日時 - 2017-08-19 09:00:16

ANo.2

役立たずですみません

できるとはしているものの マニュアルも無しでは何が悪いのか 本当にできるのかも疑問になってしまいますね

マニュアル25ページの使える用紙に純正用紙はハガキや写真のみだけど 市販用紙ではB5両面印刷が可能になっている
http://dl.epson.jp/support/manual/data/ink/ep808a/NPD5243_00.PDF

A4なら可能でB5不可となると Win10のビルド1604と1703の関係?プリンタードライバー? 同じ環境では無いので難しいです

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2017-08-18 15:20:46

お礼

わざわざマニュアルまで確認していただき、ありがとうございます。

色々お手数を煩わせて誠に恐縮ですが、実は、つい先ほど解決しました。
結論から行くと、まったくの勘違いというかミスでした。

つまり、B5と思っていたルーズリーフ用紙は、正確には「セミB5」と言うものでした。
「B5」のサイズが182×257ミリに対し、「セミB5」は、179×252ミリ。
このわずかな差でB5と認識しなかったようで、正規(?)のB5ルーズリーフを使用したところ、自動両面印刷ができました。
 
恥ずかしながら「セミB5」なる規格があるとことは、今般、初めて知りました。
以前使用してC社のプリンターでは、B5だと思っていた同じ用紙で自動両面印刷ができたのに、E社のプリンターでなぜできないのか?何か方法があるはずと、質問した次第です。
 E社から「当社でも両面印刷できなかった」との回答を受けたとおり、同社もこの区別に気付かなかったようです。

 なお、現在市販されているB5ノートと称するもののほとんどが、実際には「セミB5」のようです。このノートをばらして自動両面印刷をかけたところ、同じ理由(設定と異なる用紙・・)ではねられました。

 昨今A4が主流ですが、B5も、セミB5にシフトしつつあるも健在ですので、プリンターメーカーも考慮してほしいものです。

因みに、他社のプリンターではどうなんでしょうね?
以前使用していたC社ので印刷できたのは、C社は違いを承知で対応していたのか?単に作りが大雑把だったのか?・・・。

いずれにしろ今回、基本的なミスで皆様をお騒がせしたこと、誠に申し訳ありませんでした。
早々に回答くださり、また、マニュアルまで確認してくださいましたts0472さんはじめ、質問に目をとめていただいた皆様にあらためてお詫びとお礼を申し上げます。

投稿日時 - 2017-08-18 21:43:23

ANo.1

A4で試したデータはA4用紙で作成したデータでしょうか?

用紙の余白が関係しているように感じます ルーズリーフ穴分の余白を設けると印刷範囲に収まらない印象です
片側に余白を広くすると裏面印刷で余白が逆方向になる

拡大縮小を利用するか 入力枠を狭くする必要があるんじゃないかと感じます
エプソンプリンターで袋とじ印刷の経験は無いですが 予想以上に余白に取られる部分が広いと感じた事があります

投稿日時 - 2017-08-18 00:58:04

お礼

早速の回答、ありがとうございます。

エラーが出たのは、A4で作成したものを、印刷時に、「用紙をB5、余白を標準」に指定して下段カセットから印刷したものです。

ご回答にしたがい、B5で作成し、余白を、左右50.8ミリ、上下25.4ミリに設定してみましたが、同じ結果でダメでした。

 なお、用紙をユーザー定義にすると両面印刷は「手動」しか選択できず、手差しは、両面印刷そのものが指定できないほか、印刷設定で180度回転等も試しましたがダメでした。

投稿日時 - 2017-08-18 11:13:18

あなたにオススメの質問