こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日米安保条約 有事の指揮命令系統

米朝のトランプ vs. 金の脅し合いが一段落したところで、韓国の文大統領が、アメリカが北を攻撃する前に韓国の了解を得なければならないと宣言してそれをアメリカが追認しました。一連の記事の中で、米韓同盟の元両国が共同で戦争を行った時の指揮権はアメリカにあると言う事が出ていました。同盟国とは言えばらばらの作戦で戦うわけにはいかないので当然とは思いましたが、厄介な話。
では、日米安保条約の元ではどう取り決められているのでしょうか?
例えば、1. 半島で戦争が始まり日本が集団的自衛権で自衛隊を派遣した時、2. 日本の領土領海への他国の侵入・攻撃に対してアメリカが日本の防衛の為に軍事力を投入する場合。
特に1.の場合はアメリカ軍が韓国軍を指揮する以上は、自衛隊もアメリカの指揮のもとで動く他無いと思いますがどうでしょう。自衛隊の集団的自衛権は日本の法律の制約もあるはずですが、他国の指揮命令の下で動くとなるとどう言う事態が想定されるでしょうか?

投稿日時 - 2017-08-17 21:08:59

QNo.9364167

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

在韓米軍と韓国軍が共同して戦闘行動を行う場合の戦時作戦統制権は在韓米軍にあります。この統制権は第一次朝鮮戦争以来の(いまは休戦中)在韓米軍と韓国軍との間だけのごく特殊な関係です。日本の自衛隊が集団的自衛権に基づいて米軍と共同で戦闘を行う際の指揮権は米軍、自衛隊の各々にあります。これは世界共通で、第二次大戦中、アメリカやイギリス、フランスが集団的自衛権にもとづいてヨーロッパ戦線でドイツと戦ったときも、第一次大戦の時、同盟国のイギリスに要請されて日本海軍が地中海に巡洋艦、駆逐艦を派遣してドイツのUボートと戦ったときも、指揮系統は別々でした。イギリス軍が米軍の指揮下に入ったり、日本の巡洋艦がイギリス軍の指揮下に入ったりはしませんでした。ご心配なきよう。

投稿日時 - 2017-08-17 22:31:30

お礼

ありがとうございます。
> この統制権は第一次朝鮮戦争以来の(いまは休戦中)在韓米軍と韓国軍との間だけのごく特殊な関係です。
⇒ そうだったのですね!確か、自衛隊がPKOでかけつけ警護を付与され派遣された場合は国連軍の指揮下に入る事になっていたと思うので、多国籍で戦う場合は統率するのが一般的なのかと思いました。

> 日本の自衛隊が集団的自衛権に基づいて米軍と共同で戦闘を行う際の指揮権は米軍、自衛隊の各々にあります。
⇒ なるほど。戦争にならないことが一番なので、安心と言う言葉は適切じゃないですが、少なくとも他国の指揮命令の下、自衛隊員が死ぬような事は無いと言うことですね。

勉強になりました!

投稿日時 - 2017-08-18 05:03:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

う~ん 良く分からんが。
トランプも抜け作だよな北を攻撃する前に了解の追認だなんて。
韓国に何時何日北を攻撃する何て言えば同じ民族の北に筒抜けで北が先制攻撃してくる。100%筒抜け間違い無い。
北もアメリカには勝てないのは分かっているから攻撃されるのを指を食わえて待っては居ない。
貴方が北朝鮮なら先制攻撃するだろう。

投稿日時 - 2017-08-17 22:45:09

お礼

ありがとうございます。
> トランプも抜け作だよな北を攻撃する前に了解の追認だなんて。
⇒ この合意は、もともと文在寅大統領が訪米した時に合意されたもののようです。ちなみに日本へはアメリカから攻撃前に事前連絡のみ。

戦争が起きないことを望みます。

投稿日時 - 2017-08-18 05:07:41

あなたにオススメの質問