こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

詰碁のトレーニング効果はイマイチ、それよりは・・・

詰碁ってあるじゃん。棋力アップに有益なトレーニングなんだとか。

本当にそうですか?棋力アップに詰碁は有益ですか?私は、イマイチだと思うのですが。

だって、詰碁の問題を解いてトレーニングするときは、詰碁の問題だとバレています。実戦の攻防で、この局面は詰碁だと教えてくれるのなら詰碁は有益ですが、それが詰碁だと気付いて判断するのは自分です。だから、黒先白死とか、黒先黒生とか、問題を解く前に言っちゃうのは、ドーかと思うのですが。

やるならテーマ図を示し、黒先を固定して、
1.これは詰碁の局面でしょうか?YES or ノー。
2.これが詰碁なら、勝つのはどっちでしょう?黒 or 白。
3.黒が勝つ詰碁なら、どういう詰碁でしょう?黒先白死 or 黒先黒生

こういう思考の順序を踏むべきような気がしました。詰碁を前提に詰碁を解いても、何と形容するか、歯痒い感じでは?特に、初心者は困る気がする。。。

投稿日時 - 2017-08-19 15:51:16

QNo.9364813

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

とにかく基礎を覚えるにはそれしかないというところでしょうね。
問題を解いていくにあたり、次の一つではなく、この先の局面を全部答えていくという段階になりますよね。そういうときには詰碁に限らずかなりの力量を求められますから・・・・。

ご自身が疑問を持たれるのであれば、他のやり方で上手になればいいのでは?
誰でも必ずやらなければならない!とは誰も言っていないのですから。

棋譜を並べるという事でも勉強になりますからね。
結果を知ったうえで、その行程を追って行くのはとても良い勉強になりますし、またそこから定石と言ったものも読み取れるようになるでしょう。

何かをやる場合、何かを新たに学ぶ場合、先輩のアドバイスを取りあえずは妄信してやりこなしてみることをお勧めします。多少の疑問を持つことは悪い事ではありませんが、全否定するのはよろしくないと思います。
これはどのジャンルでも同じでしょう。
先輩の言うある程度のやり方を受け入れて、やってみて、尚且つ自分ならばこうするということをやればいい。何も否定して排除してまで自分のやり方を押し通すようなことを書かなくても良いのでは?結局詰碁をやったほうが良いよというアドバイスと同じなのです。「問題形式なんて実力アップにつながるの?」という疑問を持つ人が現れないとは限らないのですから。

あくまでも「自分だったら」ということを念頭に置いて、ご自由に勉強されたら良いのでは?

それから・・・・。
囲碁や将棋の世界は非常に礼儀を重んじる世界です。
普段からしっかりした言葉遣いをすることを、気にかけた方がよろしいかと思います。

投稿日時 - 2017-09-08 08:31:04

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

棋力アップに詰碁は有益です
基本の形になれば、生き 死に は考えなくても分かる様に
繰り返し問題を解いて下さい
詰碁は、スポーツで言えば 体力アップの為の基礎トレーニングの様なものです
初心者なら、初心者用の詰碁の本も多く出ていますよ
プロ向きの、詰碁の本も江戸時代から 多く出ています
強くなりたいなら、また勝率アップの為にも お勧めします

他に、プロ棋士の棋譜をならべる 筋 定石の勉強も 参考にして下さい
一時間以内に、プロ棋士の棋譜250手程度 をならべたら アマ初段と認めます

投稿日時 - 2017-08-19 22:32:24

補足

>棋力アップに詰碁は有益です
  ↑
それは実戦で詰碁の局面を教えてくれたらでしょ。実戦で「この局面は詰碁で黒先白死ですね」と親切に敵対局者が教えてくれるかい。本当に詰碁の局面なら解くけど、まだ段階が早ければ手を抜くじゃん。

・黒先白死
・黒先黒生
・黒先黒死
・黒先白生

せめて4択で選ばせるようにした方が良いのでは?解く前に提示すると、前提ができちゃうよ。実戦だと、そんな前提が無いのだから。

投稿日時 - 2017-08-20 13:01:52

あなたにオススメの質問