こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

競売を辞書で引いてもきょうばいとしか出てこないのに

競売を辞書で引いてもきょうばいとしか出てこないのに不動産業界ではなぜけいばいと言うのですか?

投稿日時 - 2017-09-20 07:57:34

QNo.9376568

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 江戸時代には、物を巡って争うことを競望(けいぼう)などと言っていたようですね。で、その流れで明治に出来た競売法は”けいばいほう”と読んでいるのでは・・・。そういうことで、法律用語として《競売=けいばい》が定着。なお、IMEは”けいばい”を”競売”と変換しますよ。また、手持ちの辞書には、”法律用語”と明記されていますね。

投稿日時 - 2017-09-20 12:56:03

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-20 20:41:39

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

どの辞書で引いても、ですか。
通常ありますよ。goo辞書だってケイバイ 不動産用語、というように出ています。
辞書は用語の意味や使い方を決めるものではなく、現実に使われているものを集めて説明を加えて検索できるようにしているものです。
この読み方を掲載していない辞書は、調査不十分であるというだけです。

投稿日時 - 2017-09-20 10:29:54

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-20 20:41:49

ANo.2

 「きょうばい」は一般用語で、「けいばい」は法律用語です。競売物件を扱う不動産業界では、法律用語を用いているのです。
 

投稿日時 - 2017-09-20 08:18:25

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-20 20:41:59

ANo.1

慣習ですね。

投稿日時 - 2017-09-20 08:12:03

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-20 20:42:05

あなたにオススメの質問