こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ社会福祉法人を運営するのですか?

社会福祉法人について教えてください。
(1)なぜ社会福祉法人を運営するのか疑問です。
社会福祉法人が非営利法人と言われる事は分かりました。逆に営利法人は株式会社で得た利益を株主に分配する。は調べました。と言うことは株式会社以外は非営利法人?では有限会社は?
となるとこんがらがってきました。
非営利法人は法人税などで優遇される。
(2)社会福祉法人を運営する者は、だから良いと思い運営しようと思うのか?
(3)となれば税金を優遇され得た利益を全て運営者が獲得するのですか?
(4)いや違う、例えば自動車保険の自賠責保険同様利益が出ない仕組みになっている【ボランティアの一種もしくはNPO団体のような物で社会福祉に貢献しようとする者】
(5)(4)同様利益ではなく運営者の社会福祉の理念を広めたいと考えている。
(6)社会保険制度の中で運営されているので利益は国によって調整される。
以上の質問です。特に(1)に関して理解したく質問しました。
ネットで調べても社会福祉法人に関しては詳しく記載されてますが、この(1)の疑問が解決しません。

投稿日時 - 2017-09-24 05:18:17

QNo.9378078

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

非営利で利益が出た場合、その法人の種類によっても扱いは異なりますが、出資者等に分配する、内部留保する、等になります。国などへ納める事はありません。それじゃ税金払うのと変わりませんから。
理事長とは限りませんが、理事長の賃金は理事会で決める場合が多いと思います。

投稿日時 - 2017-09-24 17:39:37

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

(1)なぜ社会福祉法人を運営するのか疑問です。
社会福祉法人が非営利法人と言われる事は分かりました。
逆に営利法人は株式会社で得た利益を株主に分配する。
は調べました。と言うことは株式会社以外は非営利法人?では有限会社は?
となるとこんがらがってきました。
  ↑
営利法人の中に、株式会社があり、株式会社は営利法人
の代表的存在です。
有限会社も営利法人の一つです。


非営利法人は法人税などで優遇される。
   ↑
営利を目的としないので、税金面で優遇されます。
宗教法人などがその例です。



(2)社会福祉法人を運営する者は、だから良いと思い運営しようと思うのか?
   ↑
意味が判りません。
福祉法人には暴力団企業が多いです。
それは税金で優遇されているからです。


(3)となれば税金を優遇され得た利益を全て運営者が獲得するのですか?
    ↑
得た利益は、非営利の事業のために使います。
運営者は給料をもらうだけです。


(4)いや違う、例えば自動車保険の自賠責保険同様利益が出ない仕組みになっている
【ボランティアの一種もしくはNPO団体のような物で社会福祉に貢献しようとする者】
    ↑
利益は出ますよ。
宗教法人などは大儲けしているところも
少なくありません。


(5)(4)同様利益ではなく運営者の社会福祉の理念を広めたいと考えている。
   ↑
非営利団体は、構成員に利益を分配することを
目的としていない、ということです。


(6)社会保険制度の中で運営されているので利益は国によって調整される。
  ↑
これも意味が判りません。
社会福祉法人には国から補助金が出る場合がありますが、
そのことを言っているのでしょうか。
暴力団が進出しているのも、脱税の他に、補助金狙いも
ありますが。

投稿日時 - 2017-09-24 15:39:45

ANo.2

営利法人の説明をするのに株式会社で説明することが多いので混乱するだけで、

営利の意味がわかればそのようなことはなくなります。
営利とは、法人の構成員に法人が得た利益(純益)の中から分配をすると言うことで、
この構成員が、
株式会社では株主で
有限会社や合資会社であれば出資者(株主も出資者ですが)となります。

有限会社とは大雑把な説明ですが、
出資の引受人の公募が禁じられ、
株式の発行も駄目で、
出資は設立する当人たちで用意する必要があり、
出資者の上限は50人までで、
最低資本金が300万という条件がついた、
もともと小規模な団体を対象にしたものです。

>(1)なぜ社会福祉法人を運営するのか疑問です。

一番の理由は、
第一種社会福祉事業を行なうためでしょう。
第一種社会福祉事業は、
本来、国や地方自治体が運営する、
利用者保護が絶対条件となる事業で、
つぶすことが出来ない福祉事業です。
これを直接国や自治体ではない団体で行なう場合には、
社会福祉法人と一部の法人しかできません。
これ以外の団体だと許可が必要ですが、まず許可が下りません。

2番目は
非課税(社会福祉法人事業に関わる収入にはですが)だから。
児童福祉の場合、結構儲かります。

>(3)となれば税金を優遇され得た利益を全て運営者が獲得するのですか?

民設民営の社会福祉法人ならあります。
ただ、自治体の助成や補助を受けていると、
監査がきついのでまず出来ません(特に天下りを受け入れないと)。

官設民営だと不可能です。

4.NPOって、そもそも、草の根活動している団体が、
活動趣旨に合わせて法人格取得を容易(そうは思えないけど)に出来るようにした法人格です。

設立趣旨のひとつに、社会福祉に関する活動があるだけのこと。
社会福祉法人とは根本的に異なります。

(6)収益事業は認められています。
ただし、収益事業の売り上げは非課税ではありません。

それと定員割れしているからと、
保険制度内から補填されるわけではないです。

投稿日時 - 2017-09-24 13:42:15

ANo.1

法人というのは、法的な人格がある、法的に登記できる団体です。
人格があって登記できるという意味は、資産を持つ事ができます、法人として。
個人ではないので、相続その他の問題が発生しません。
法人と言っても多種あり、株式と社会福祉だけではありません。いちいち挙げるとキリがありませんが、有限会社も法人です。

>営利法人は株式会社で得た利益を株主に・・
ここは逆です。株式会社は営利法人ですが、営利法人は株式会社ではありません。株式以外にもいくらでもありますから。日本語は正確に。

営利が非営利かもそれぞれの法人で異なりますが、有限は営利です。宗教は非営利、オウム真理教も非営利、テロしましたけど、非営利、w
で、非営利法人は税金面でかなり優遇されます。基本的に法人(事業)税はない、つまり、いくら利益が出てもそこには税金がかかりません。
ただ、縛りもあり、利益が出たからと言って、それを経営者のぽっぽに全額そのまま入れる事はできません。
営利法人だと、税金を払ったあとに残る純利益は誰のポッポに入れても問題ありません。普通は株主とか出資者とか多数の人がいるので、全額を経営者ががめるのは難しいですけどね。
2 非営利団体は税金で有利です。だからみんなそれを作ります。課税と非課税なら非課税の方が良いに決まってる。縛りなんてうまくやる方法はいくらでもあるし。
3は先に書いた通り。ただ、経営者だって社長として賃金をもらえるし、誰かさんみたいに年収何十億円はマズイだろうけど、それなりの額は十分得られるし、どうせ、そんなにボロ儲けするはずもないし。
また、社会福祉法人、全部か知りませんが、例えば老人福祉施設だと、施設の建設費の2/3だかの補助金が出たりもします。おいしいですね。客さえ集まれば・・
4 自賠責は利益を出せないし協同組合とかは利益は全員に分配するわけですが、利益の範囲は結構いじれます。先の通り、経営者やその取り巻きの賃金を増やせばいいし、まあ、労働者の賃金もちょっと上げてやれば、利益はどんどん減っていきます。どうにでも・・
NGOやNPOはもうちょっと性格が違いますが、非営利、非課税という点では同じですね。ただし、全て状況によっては課税対象になる部分もあります。
5はそりゃ建前でしょう。経営者の得る利益(賃金だけでなく)や資産とか調べてみれば一目瞭然。
6 そういう面もありますが、それで全てではない。

投稿日時 - 2017-09-24 09:30:04

補足

回答ありがとうございます。もう少し質問させてください
>利益が出たからと言って、それを経営者のぽっぽに全額そのまま入れる事はできません。

【質問】利益はどうなるのですか?
(1)税金を国から優遇されたので返却するのですか?
(2)ら法人は個人ではないとのことなので内部留保ということですか?
(3)法人の設立者は理事長だと思いますがその給料は誰が決めるのですか?

投稿日時 - 2017-09-24 12:38:32

あなたにオススメの質問