こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

旦那に生活の通帳(旦那名義)や印鑑をかえられる。

だんなが旦那の給料の生活の通帳から、夫婦の貯金の夫名義の通帳の印鑑を何度も変えられ、通帳も印鑑も使えなくなりました。
だんなに、通帳が使えなく困るから、印鑑と通帳を持って、一緒に銀行に言ってほしいというと、だんなは警察に電話すると言います。

そんな夫婦のことに警察は動くのでしょうか?
最近、だんなは離婚したくて弁護士をつけたようで、その弁護士からもお金のことや、通帳のことで電話がきます。

そんな弁護士に夫婦のお金のことでとやかく言われる筋はないと思いますが。
弁護士を無視していても問われないでしょうか?

投稿日時 - 2017-09-29 20:31:40

QNo.9380239

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

『の』ばかりで何のことか理解するのに苦労しました。

夫婦の貯蓄のために使っているご主人名義の口座で、ご主人が印鑑変更の手続きを取られたと言うことですかね。

印鑑は使えます。
ただ、変更前の印鑑は使えないですね。

新しい印鑑をもらえばいいと思いますが、またすぐに印鑑変更の手続きを取られてしまうから、らちがあかない。と言うところなんですかね。

夫婦の貯蓄のためいや貯金でしたか、である筈の口座からお金を使おうとしているのが不思議なんですが、貯金のための口座と言うのは忘れて、生活費のある口座ってことで良いでしょうか。

貯金なら、いざという時や何らかの目的があって使うものだと思いますので、頻繁にお金を出す必要もないですし、出せなくても困ることはまずないですね。

いずれにしても、ご主人名義の口座があり、その印鑑や通帳を持って一緒に銀行に行けと言ったところで、何も犯罪性は感じられませんね。

それに伴う何らかの不法行為があるのなら話は別なんですが、質問には書いてませんでしたので、単純に答えるとそんなことで警察は動きません。

>そんな弁護士に夫婦のお金のことでとやかく言われる筋はないと思いますが。

弁護士はご主人から依頼を受け、ご主人の代理人としてあなたの対応をしています。
そういう契約をして、契約通りの仕事をすることは、とても筋が通っています。

あなたはご主人ではなく、代理人の弁護士に対応されることを不満に思うかもしれませんが、特にあなたの主張に対する正当性の説明がないので、あなたに肩入れしづらいですね。

>弁護士を無視していても問われないでしょうか?

え?何にですか?
弁護士が何かをあなたに問いたいことがあっても、あなたが無視していたら問うことは出来ませんけど。

無視した事実が、今後起こるかもしれない調停や裁判などでご主人に有利に働くのなら、記録や証拠があれば提示するでしょうね。

とりあえず、質問を見た限りだけでも状況把握や説明が出来ない状態ですので、ご自身で考えても既にどうにもならないところに来ていると思います。

法テラスに相談して、弁護士を紹介して貰いましょう。

投稿日時 - 2017-09-29 23:37:40

ANo.4

>カテゴリ   人間関係・人生相談  >  恋愛・人生相談  >  DV(家庭内暴力)
>だんなが旦那の給料の生活の通帳から、夫婦の貯金の夫名義の通帳の印鑑を何度も変えられ、通帳も印鑑も使えなくなりました。
・1、結局あなたは家庭内の生活費のやりくりがその通帳と印鑑がないとできないということでいいのでしょうか。

>だんなに、通帳が使えなく困るから、印鑑と通帳を持って、一緒に銀行に言ってほしいというと、だんなは警察に電話すると言います。
・1が理由ならば「どうぞご自由に」と思っていればいいだけのような気もしますけど。(理由は後述します)

>そんな夫婦のことに警察は動くのでしょうか?
・1が理由なら逆にあなたが経済DVで相談するべきでしょうね。

>最近、だんなは離婚したくて弁護士をつけたようで、その弁護士からもお金のことや、通帳のことで電話がきます。
・離婚に向ける情報を集めているのでしょうね。

>そんな弁護士に夫婦のお金のことでとやかく言われる筋はないと思いますが。
弁護士を無視していても問われないでしょうか?
・…気付いていますよね…旦那が離婚したくて弁護士を立ててきたということは、その時点で夫婦間の信頼関係は完全に破綻しているわけですけど…。
冷静に考えればわかることで…先に記した1に該当するなら逆にあなたが警察や弁護士にDVとして相談申し立てることによって離婚し慰謝料等を請求するべきでしょう。

弁護士を無視するという御考えは…1に該当しないということでしょうかねえ。
家庭崩壊に至るような浪費でもしたのでしょうか。
それなら離婚されても仕方ないかもですね。
ちなみにあなたの通帳はあなたが管理していると考えていいのかしら。
そこらあたりは何も書いてないものですから…。
今問い合わせてくる弁護士は旦那の代理人でしょうから、無視しているとますます離婚に至る条件がそろうことになるでしょうね。
とやかく言うことを聞き入れなければ致し方なく離婚できると言った条件を今まさにそろえている段階でしょう。
あなたは今蛇ににらまれたカエル状態と言えるかもしれないけど…そうではなく、やはり1に該当するということなら先述した通りにされたらいかがでしょうか。

※最後に…あなたのおっしやる通り夫婦二人だけの問題に他人がとやかく言ってくることは迷惑なことです。
そこでですが、夫婦の信頼関係崩壊というのはこの第三者が関わることで音を立て崩れ始めたと気づいたのではないでしょうか。
そして逆にそんなことを旦那のほうはすでに夫婦の信頼関係が崩壊どころか破綻してしまっていると感じていたのかもしれませんし。
これから関係を再構築するにしてもよほどの努力が二人にないと夫婦関係は元に戻らないし難しいというものです。
ゆえに弁護士を無視していてもいいことは何ひとつないというのが答えの一つでもありますが、ま想像だけで回答してもなんですし、わかりませんけど…。
以上ご参考までに。

投稿日時 - 2017-09-29 22:05:01

ANo.3

民事不介入のため、警察では扱われません。警察で扱うのは「刑事事件」です。夫婦間で問題になってよく上げられるのはDVなどによる暴行罪、傷害罪です。
例えば、夫婦のいずれかが不倫したとしても、もう一方が警察に駆け込んで「この人、不倫してるんです!」と言っても、「そうですか、弁護士さんへどうぞ」で終わりです。

離婚前提で話が進んでいるようですので、こちらも弁護士に依頼されてはいかがでしょうか。
まず、「通帳をもって一緒に銀行に行って」というのは、やりすぎれば恐喝あるいは脅迫として刑事事件に発展する恐れがあります。
要するにあなたが考えている「夫婦の共有財産」であるかどうかが争点となるわけですね。

共働きかどうかでも少し事情が変わりますが、「夫名義の通帳」であることには変わりないため、あくまで主導権は夫にあります。ただし、生活費相当については両者の収入比率によって、より多いほうが少ない方を援助する形が認められます。(夫婦間の扶養義務)
相手の弁護士から「通帳やお金の話」が出ているようですが、すべてを丸呑みにする必要はありません。認めるべきところは認め、認めないところは認めないという態度が肝心です。ですが、弁護士というのは「代理人」であるため、弁護士の言葉は夫の言葉ということになります。無視を決め込めば、話はどんどん進んで行って、あなたに不利な形で離婚が成立してしまうことでしょう。罪にはなりませんが、不利にはなると考えてください。

投稿日時 - 2017-09-29 21:46:17

その前にご主人があなたに離婚したい理由を教えて下さい。
多分ご主人はお金には無頓着ではないかな?

投稿日時 - 2017-09-29 21:01:15

ANo.1

 
警察は動きません、民事不介入です
弁護士はお金の事でも他の事でも話します、弁護士はご主人の代理人なんだから、ご主人と同じ発言をします
 

投稿日時 - 2017-09-29 20:56:19

あなたにオススメの質問