こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

カメラの絞りの色 虹彩の色

人間の虹彩とカメラの絞りは同じ働きをすると聞きました。

そこで思ったのですが、人間の虹彩は青だとか緑だとか様々な色があるのに、カメラの絞りは黒色しか使われないのでしょうか?

そのわけをご存知の方がいれば教えてください。

投稿日時 - 2017-10-16 01:34:58

QNo.9386339

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

虹彩が伸び縮みして光を通す量を調整していますね。
カメラの絞りも光を通す量を調整していますね。
光の量にを調整する目的の絞りです。絞りには色は無い方が良いようです。

さて、虹彩は青だとか緑だと何が変わるのでしょう。
青いと青っぽく緑だと緑っぽく見えるのでしょうか?
色には規格があるようです。
http://machizukan.net/DK/bg_color_jis/file.pdf#search=%27%E8%89%B2%E3%81%AE%E8%A6%8F%E6%A0%BC%27
http://www.toryo.or.jp/jp/color/

JIS・・日本工業規格 89 青緑(あおみどり) bgcolor: #008e94;
が青い目の人には青いと、緑の目の人には緑に見えるのかもしれませんね。
以前、夜、薄暗い店で買った紺のトレーナーは家で袋から出すと濃い緑だったことがあります。
目の色で見える色の差より光源の色で見える色の差の方が大きいかもしれません。
写真業界、印刷業界は日中の太陽光に近い5000ケルビンあたりを基本にしているようです。
http://omoide-photo.jp/blog/lighting/

投稿日時 - 2017-10-22 19:03:48

ANo.3

カメラの絞りは光を通さないもの、たいていは薄い金属で作られています。絞りに覆われない穴の大きさを変える事で光の量を変えるのが目的です。
虹彩の色には関係なく虹彩の無い穴の部分=瞳孔の大きさを変えるのが虹彩の主な役割です。

虹彩の色が視覚に何か影響を与えているのかはまだよくわかっていないのが現状です。
しかし絵画などを観ても、虹彩の青い・黒い人独特の視覚、この絵は虹彩の青い・黒い人が描いたなどがわからないことから考えてあまり違いがないか、あるいは違いが出ないように同調する機能を人間が持っているかなのだと思われるのです。

ですのでカメラの方も虹彩の色を変えるのと同じ機能は付けられずに来ています。効果や働きがわかっていない物はそれを付加することも不可能なのです。

カメラの絞りが黒いものが多いのはレンズの中の光の反射・迷走をなるべく減らすためで、他の意味はありません。
カメラレンズは何枚ものガラスやプラスチックで構成されていて、その表面で結構多くの光が反射しています。
絞りに色をつけると、それが反射した時に目立ってしまうからなにも利益は無いでしょう。

虹彩は金属のように光を完全に遮らず、多分少し透けているでしょうし、角膜での内面反射も無いことはないでしょうけど、人間の眼や脳はそれを補正して見ているのだとかんがえられます。

投稿日時 - 2017-10-18 07:54:46

ANo.2

物質と細胞の違い とした方が正しいのかも知れない
https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/eyecare/wonders/iris.jsp
カメラは紫外線で壊れる事は無い

眼の採光の裏側を見た事が無いですが
絞りの抜けた光が中で乱反射しない事が必要です
昔のフィルムもデジタルのセンサーも鏡面素材
モケットのような素材 艶消しの黒 光を吸収するもの必要なんだと思います
裏表で変える事も可能かも知れませんが 費用が掛かるだけでしょう

昔々のカメラに金属の絞りが使われていた記憶があります トタン板のような銀色の鉄板
ただ裏側は黒く塗られていたような気がするものの記憶が曖昧です

投稿日時 - 2017-10-16 14:00:16

ANo.1

カメラの絞りはカラーフィルターではないですからね。
光を透過させない「金属板」もしくは軽くて丈夫な合金もしくはそれに近い素材で作られています。

黒しか使われていないのは、ゴーストやフレアを防止するためでしょう。
レンズ鏡筒内での光の乱反射を防ぐのが目的。
レンズ鏡筒の内側もつや消しブラックが一般的で光の線反射防止が理由です。
望遠鏡の筐体の内側も同じですね。

光学系機器の場合は大抵そうなっているはずです。



その代わりと言っては何ですが、レンズの前に装着する「フィルター」と言うもので代用します。
代用ってわけではないですが、カメラ用アクセサリーにはフィルターというジャンルがあり、保護フィルターから偏光フィルター、減光フィルター、カラーフィルターやフィルター枠に装着する接写レンズまで様々なものがあります。

人間の虹彩は絞りとカラーフィルターの複数の機能を有していると考えてください。

投稿日時 - 2017-10-16 06:29:01

あなたにオススメの質問