こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「F/A-18C」(ハセガワ、1/48)の製作方法

 皆様初めまして。
 さて、今回私、大学生の頃に入手した、「F/A-18Cホーネット」(ハセガワ、1/48)の模型を製作しようと思っているのですが、このキット、脚柱のパーツが「ホワイトメタル」で成型されていますよね。
 私は、いわゆる「エッチングパーツ」を使用したことはあるのですが、「ホワイトメタル」パーツを使用した経験はありません。
 そこで、「ホワイトメタル」パーツの、塗装前の下ごしらえの方法をご教示いただきたいのです。
 よろしくお願いします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2017-10-21 15:23:00

QNo.9388304

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

塗装の下地処理はエッチングパーツとさほど変わりありません。
最初に中性洗剤やシンナー、アルコール等を使って洗浄し、表面についている離型剤を落とします。
脚柱は部品が細かい上に複雑な形状をしているので、口の広い容器にシンナーかアルコールを入れて、パーツをドブ着けして歯ブラシなどでこすって洗う方法がきれいに落ちると思います。
塗料の食いつきが良くないので、最初にプライマーを塗ってサフェーサーを噴き、色付けするだけです。
塗装処理する前にあらかじめパーツのバリやパーティングラインを消す作業を行うのは当然のことですが。
メタルパーツはプラ用の接着剤では接着できません。
瞬着で着けるのが手っ取り早いのですが、時間が経つと取れやすくなります。
脚柱とタイヤの接着や、脚柱と機体との接着部分には硬化時間の短いエポキシ接着剤で着ける方が確実です。
特に脚柱などは接着強度が必要な個所ですので、瞬着の使用は避けた方が良いです。

投稿日時 - 2017-10-21 17:11:19

あなたにオススメの質問