こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ一口コンロが5万もするのか?

http://rinnai.jp/products/kitchentool/i_gastable/single_gastable_point

このコンロ、一口のくせに5万円もするんですが何故なんでしょうか?

一口コンロなんて、せいぜい数千円が良いところで、高くても一万円いかないくらいのものが多いですよね。

なのに、このコンロ、5万円もします。
価格ドットコムで見ても3万円以上します。

一口だし魚グリルもついてないのに、何が値段をつり上げてるんでしょうか?

温度調節とかタイマーとか安全装置とか、今どき普通すぎてそれらが値段を上げているとは思えません。

え?
もしかして、本当にそれらの機能が値段をつり上げる要因だったりするんでしょうか?

この値段、普通に魚グリル付二口ガステーブルが買える値段ですよね。しかも結構良さげなのを。

だとすると、一般的な二口ガステーブルも、その値段のほとんどの部分は、温度調整やタイマーなどのおまけと思われてる機能の部分で、ガスコンロとしての本来の機能は数千円程度の価値しかないって事なんでしょうか?

温度調節とかしたいなら、今どきはIHヒーター買った方が早いし安いのに…。

なぜ、このような強気な商品を出せたのかが不思議です。
リンナイの思惑は何なのでしょうか?

投稿日時 - 2017-10-28 20:30:13

QNo.9391025

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして♪

「業務用」というのがその価格に成った理由でしょう。

一般家庭とは違い、一日に10時間以上とか使われたりするので、一般家庭のガスコンロに比べ、数倍から十倍近い利用頻度なので、同じ様な造りだと、寿命も同じようになって仕舞います。

過酷な利用状況でも、しっかり長持ちしてくれる為には、何倍ものコストを掛けた部品等を上手に組み合わせませんと、製品寿命が維持出来なく、つまりは「信頼性に欠けた製品」と成りますから。。。。

その上に、一般家庭用とは桁違いに販売見込み数量が少ないため、安価に出来る「量産効果」が大きくは無く、割高になるのも影響します。

たとえば、天板のプレス。より耐久性が高い丈夫な素材をプレスするには、金型の消耗も多く成ります、金型が200万円だった場合、同じ金型で1万台造れる場合と、2000台造れる場合、一台アタリ200円と1000円、5倍ものコストがかかるのです。

電子回路も、長時間利用すると、熱が伝わって来て故障頻度が高く成るでしょう。それを防ぐ防御も必用ですし、表示部やスイッチ等も耐久性と防熱処理等、意外な程コストが増してしまうと想像出来ます。

あと、こいう「業務製品」は、納入業者が責任を持って据え付けたりするので、「見積もり」段階で適度な値引きが出来やすいように、「上代」をかなり高く表示する場合も少なく在りません。

おそらく、ネット検索で安価だった3万円台。というのが、実際の価格に近いと思いますが、その状況では専門業者による設置と、定期メンテナンスが無い。と考えます。

業務用途の場合、故障したから修理が終るまで、閉店。というのは絶対に避けたいので、故障する前に故障する可能性を潰しておくのが「プロ」の責任ですしね。

まぁ、一般の人が購入するのであれば、定期メンテナンス等をパスしても、「一般家庭用とは価格も大きく違うが、それ以上に長く使える耐久性と信頼性は、とっても良い」と思う事で良いでしょう。
10年で壊れるかもしれない一般用に対し、30年や50年と使える可能性が。という感じです。(ただ、さすがにソレだけ使い込みますと、適宜、ナニカの部品は交換が必用に成るとは思いますが。。。電子部品が、一番の懸念範囲かも。。)

投稿日時 - 2017-10-29 19:53:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.11

業務用じゃなくプロ用だったね。(どっちでもいいが)

投稿日時 - 2017-10-30 16:55:42

ANo.10

《業務用》としてあるじゃん。
業務用には、それなりの理由があるんでしょ。
一般向けの物と、違う何かがあるのでしょう。
その内容は企業秘密でしょうね。

投稿日時 - 2017-10-30 16:54:34

業務用だからです。
信頼性の高いものを提供するには素人には想像もつかないコストがかかるるのです。

投稿日時 - 2017-10-30 00:18:25

ANo.7

やはりプロユース仕様のためでしょうね。
例えば一般家庭用のコンロにも温度調節機構などは有りますが、5℃単位などというのはまずないでしょう。また、プロ仕様ではその精度も異なりますので。一般家庭用の物とは温度管理の精度が異なる事もあるでしょう。全体の耐久性なども家庭用とは異なります。

例えば、最近よく見るデジタルの温度計とかあるでしょ。室温を計る奴です。普通の家庭用なら高くても数千円程度ですよね。ところが業務用のプロ仕様となると10倍ほどの値段がするのは当たりまえですね。これは完全に精度の違いです。普通の家庭用でも0.1℃単位で表示はされますが誤差はある特定の温度範囲(最も精度良い温度範囲)でも0.1℃以上の誤差があるでしょう。ところがプロ仕様では測定範囲全般にわたって最小測定メモリ以下の誤差しかないのが当たり前です。

多分ですが、油などの温度制御もその精度が違うのだと思います。そのためには計測自体の精度も高い必要がありますし、ガスのコントロールも細かくやる必要が出てくるでしょう。そのあたりを考えると当然の価格であると思われます。

投稿日時 - 2017-10-29 11:59:53

ANo.6

一般家庭用のコンロと違い
ガスで油の温度調節ができ
さらにタイマーによる自動消化
メモリーによる消化時間・温度の記録
専用に開発されたバーナー
業務用としての耐久性
などのためでしょう。
また、売れる数が家庭用よりも少ないので大量製造によるコストダウンも
家庭用より少ないというのもあるのでしょう。

車だってプロのレース用は市販の車より高いですよ。

投稿日時 - 2017-10-29 11:26:51

ANo.5

リンクに業務用、プロ用って書いてあるじゃないですか?

デジタルレベルで温度、時間管理できる製品に需要があるからでしょ?

一般家庭には用がないと思いますよ。

投稿日時 - 2017-10-28 22:12:38

ANo.4

プロ用に開発された商品だからではないでしょうか?
多分火力も、一般家庭用の物より高く出来るように、設計されていると思いますし、安全装置も一通り付いていますしね。
プロ用だから、販売個体数も家庭用よりは吐けないはずなので、その部分も考慮しての値段設定だと思います。

投稿日時 - 2017-10-28 22:07:04

ANo.3

パソコンの記憶装置のハードディスクも耐久性を重視した業務用は、5~10倍ほどの価格です。
そんな製品が存在できるのは、需要があるからです。

投稿日時 - 2017-10-28 21:20:24

ANo.2

包丁を例にすれば、安いものなら100円ショップで買えるものもあるし、普通の主婦なら数千円程度の価格のものを買うでしょう。
でも、プロの方が使う包丁になれば、2,3万円なら安いほうで、20万を超えるものを使われている方も多いと思います。

同じように、そのプロ用コンロも安ものには無い、いろんな機能が追加されていますし、安物以上の性能をもっているようです。
別に不思議ではないと思います。

投稿日時 - 2017-10-28 21:18:13

ANo.1

食品メーカーの製品テスト用では?

投稿日時 - 2017-10-28 20:49:06

あなたにオススメの質問