こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

GPSと連動して速度を調整する車は作れない?

東名高速事故で高速道路の真ん中で停止した事件で思ったのですが高速道路内だと自動車のコンピュータが位置情報から判断したら停車できなくする構造には出来ないのですか

投稿日時 - 2017-10-28 22:06:09

QNo.9391062

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

>高速道路内だと自動車のコンピュータが位置情報から判断したら停車できなくする

高速道路上では「止まれなくしてしまう」のですか?
意味がわかりません。

ガス欠や故障はどうするのですか? GPSが走らせてくれるとか?

前に事故車が止まっているのに止まれなくして突っ込むのですか?

投稿日時 - 2017-10-29 18:45:16

ANo.8

別にそんなんわざわざGPSを使わんでも、スバルの「ツーリングアシスト」ってやつがほぼそれに近い機能を持っていますよ。前の車の速度を検知して、一定の車間を保ったまま追走するのです。

もし全ての車がその機能を持っていれば、車は適度な車間距離を保ったまま一定の速度で走り続けるので無理に割り込む車が出てくるなどの不確定要素がなければ最も安全に走行するはずです。万が一前方車両に故障などのアクシデントが発生しても、後続車はそもそも安全な車間距離と適度な速度を保っているので安全に停止することができるはずです。そしてその後続車もそれを検知して安全に停止するはずなので、事故は起きないはずです。

投稿日時 - 2017-10-29 14:51:55

ANo.7

 理論上は可能ですが、事故を多発するので実現化は不可能ですね

 理由として、他の方も書かれていますがGPSには誤差があるし太陽フレア等で情報がずれる事がある、衛星と情報通信する関係上上空に何か建物(トンネルや屋根)があると通信できなくなる、事故や連休等で渋滞発生していると渋滞最後尾に80~100km/hの速度+1ton以上の鉄の塊がミサイルのごとく突っ込んでくるので高速道路上の車が全てツッコミ終わるまで事故が止まらず大惨事になる上大量の車が炎上するので事故に巻き込まれた場合ほぼ全員が死亡する、居眠り等で壁面に当たったり・バースト等起こしても車が完全に故障するまで止まらない上後続車が連続でミサイルのごとく突っ込んでくる等、ちょっと考えただけで導入するメリットが一切ないですね
 まだ出ていない意見として、高速道路と隣接する一般道を走っている車の位置情報が高速道路上にいると誤認されたら、一般道でも事故が起きる事になります、大道理で前方が赤信号でも歩行者や車がいようがミサイルのごとく突っ込む危険性も考えられます

 メーカーとしては、安全には非常に気をつかっているので、ブレーキについてもフットブレーキとサイドブレーキの様に2系統で停止(または速度低下)できるようにしてるくらいなのに、死亡事故を発生させる確率が急激に上昇する可能性のある暴走装置をつけるなんてありえません

 簡単ですが、参考になりますでしょうか?

投稿日時 - 2017-10-28 23:50:43

ANo.6

GPSは自分の位置情報しかありませんから他の車の位置情報までは分からないので前に事故や出口の近くで渋滞などが起こり遅い車がいたらぶつかることになります。
また、誤差も数メートルあるので高速道路の上だと思ったら誤差のせいで高道路外になり自動でGPSの信号に従い戻そうとしたら壁に激突なんてことになります。
また、トンネル内はGPSが受信できないので走行不能になります。

太陽フレアの影響で障害が発生し大きく位置がずれることがります。
こうなるとGPSだけで進むのは危険です。
太陽フレアでGPSの誤差増大 国土地理院が報告
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/12/news059.html

投稿日時 - 2017-10-28 23:03:09

ANo.5

トラックが停まらなかったから、追突しました。

投稿日時 - 2017-10-28 23:03:01

ANo.4

>高速道路内だと自動車のコンピュータが位置情報から判断したら停車できなくする構造には出来ないのですか

理論的には、可能でしよう。
が、現実問題では不可能ですね。
先ず、GPSでは「自車の現在位置は把握」出来ますが「道路状況は把握不可」ですよね。
現在の技術では、リアルタイムで走行上の道路状況把握は不可能です。
とすれば、各々の自動車に「障害物感知センサー」を付けて「自動停止機能」を追加した方が確実で費用も安いです。
ただ、高速道路上だけセンサー感知レベルを自動に変更する事は現実的ではありません。
今標準化しつつある「前の車・障害があれば自動で止る機能」は、利用出来そうですよね。
が、タイヤなど落下物に対しては難しい・・・。
高速道路工事中で速度を落として通行する場合でも、STOP機能が掛かります。
「じゃ、自動でなく手動で!」と思いますよね。
これも、非現実的なのです。
質問者さまも経験があると思いますが「ヘッドライト」の問題。
通常は、先行車・対向車があれば「HiからLowに切り替え」ますよね。
が、多くのドライバーは「ヘッドライトは、Hi固定」なのです。
※日本で唯一道交法特別区の某県では、ヘッドライトは常時Hi運動を継続中。
ヘッドライトでさえ手動で操作しないドライバーが、感知機能を操作するとは思えません。
とすれば、事故発生時に責任を負わされる自動車メーカーは・・・。
また、ナビ連動が必須ですよね。
高速道路は、全国各地で毎日工事を行っています。
24時間リアルタイムで道路地図の変更が必須です。
経費の問題・マナーの問題などから、実現は困難でしよう。
100%完全自動運転システムが標準化されると、可能です。
※ドライバーが存在しない車。

投稿日時 - 2017-10-28 22:29:22

ANo.3

それじゃ、GPS誤動作したら渋滞で追突して大事故ですね。

投稿日時 - 2017-10-28 22:24:37

ANo.2

停まれない車は、あまりに危険でしょう。
渋滞時や事故時はどうしましょう。
そもそも現在のGPSにはそこまでの位置精度がありません。来年度から「みちびき」が運用されれば精度向上しますが。
自動運転技術が確立すれば可能でしょう。

投稿日時 - 2017-10-28 22:24:35

ANo.1

車が故障しようが人が子供が歩いてようが止まれないのですか?
じゃぁ、故障した車がとまった瞬間、玉突き事故のオンパレードですね。

投稿日時 - 2017-10-28 22:13:32

あなたにオススメの質問