こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

年末調整における地震保険料控除(投資物件)について

給与所得者の保険料控除申告書には「地震保険料控除の対象となる地震保険料とは、あなた又はあなたと生計を一にする親族の家屋で常時その居住の用に供しているものや・・・」と記載がございますが、投資用に購入した一棟アパートの地震保険料は書いても良いものなのでしょうか。また、居住者氏名を書く欄もございますが、居住している他人の名前を書くのでしょうか。ちなみに当方は給与所得者です。お手数をお掛け致しますが、ご確認お願いします。

投稿日時 - 2017-11-04 10:13:18

QNo.9393471

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>生計を一にする親族の家屋で常時その居住の用に

あなたの家計内で暮らしている、つまりあなたが扶養している親族が居住している、という意味ですから、投資用は入りません。
個人が賃貸住宅を経営している場合は、その規模により、事業か単なる個人所得かに分かれ、それぞれ申告方法が異なります。事業と見なせない規模の場合、控除できる項目はごく限られます。もっとも、損保保険料は全額控除できますが。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1373.htm

投稿日時 - 2017-11-04 10:50:38

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

副業として投資のためにアパート一棟を取得されたのであれば、今後「個人事業主」として確定申告を出していかれますよね。
地震保険の保険料は、アパートの固定資産税や修繕費、共用部の光熱費などと同様に、「収入」から差し引く「経費」として処理が出来ます。
尚、その地震保険が長期の場合は、支出時に「長期前払費用」で計上し、毎年、年間分を「保険料」に振替て計上していきます。
勤務先に提出する保険料控除申告書には計上出来ません。

投稿日時 - 2017-11-04 10:35:36

あなたにオススメの質問