こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

It all goes to show that

NHK実践ビジネス英語2017年10月号Lesson 13(3)のMcMillanさんの台詞からです。
It all goes to show that beauty is in the eye of the beholder ― even when it comes to produce.

Web検索で”go to do”は動作としての”go”です。辞書にも下記のような例があります。
We went to see the show last evening. 夕べショーを見に行った。

テキストのIt all goes to show that を直訳すると、all「すべて」to show that…「…であることを示している」”go”「に行きつく」ということで、「すべて…であることを示すことになる」という意味かと思いますが、通常の動詞goの持つ物理的に移動する「行く」という意味とは異なると感じました。

Web検索で”go to show”を調べると、「証明となる、よくわかる」(Weblio辞書)と言った意味が出てきます。
(1) go to show:〈…ということの〉証明となる 〈that〉
(2) [It just [only] goes to show で] (言おうとしていることが)よくわかる, まさによく証明されている.

テキスト例文”go to show”のように、動詞goが「~する」という意味の用法を調べてみましたが、これ以外、見つけられませんでした。もしあれば教えてください。

この意味の用法は、未来形を示す”be going to”に近いのではないかと思いました。
動詞go「~する」の進行形ですから、「今まさに~しようとしている」という意味となります。
この用法なら当然色々な動詞(不定詞と言うべきかな)が続きます。また、”be going to show”があっても不思議ではなさそうです。不定詞そのものが未来志向ですが、”be going”「~しようとしている」で一見落着に思いました。

[質問] 動詞goを「~する」と解釈するのは間違いでしょうか?それとも普通のことでしょうか?
往来発着動詞go「行く」ですが、「~する」という「意思」を示す用法だとすれば、通常、進行形をとらない「心理作用を表す動詞」に相当するのではないでしょうか?
非動作動詞の進行形を取る例が、未来形を示す”be going to”で登場していたことになります。
状態を表す動詞(存在動詞、受動的知覚動詞、心理作用を表す動詞)が進行形を取る例はいっぱい紹介されていますが、動作動詞の進行形が表す状況(進行中の動作、習慣的な動作、未来の予定)とは異なり、時間的・場所的あるいは精神状態が現状・通常と異なる場合に使用されるのではないでしょうか?
特に、精神状態が通常とは異なる場合、それをその瞬間(現在または過去)の状況として強調する用法ではないでしょうか?
以前、病気欠席理由のメールとして”I feel sick.”と書きました。その返事として、ネイティブの先生から”You’re feeling sick.”が返ってきました。
McDonaldのCMに”I’m lovin’ it!”というのがあるそうですが、これなども”Do you like it?”と訊かれて、ビッグマックを口いっぱいに頬張りながら、”I’m lovin’ it!”と答えている感じがします。

McMillan: Or to we Brits, for that matter. It all goes to show that beauty is in the eye of the beholder ― even when it comes to produce. But as people take more interest in various ethnic cuisines, I think we'll see growing consumer acceptance of produce previously considered odd or unattractive. @ 2017年10月L13(3)
「それは、なんでも見る人次第だということをよく示していますね。農作物に関してもそうなのです。」
 It all goes to show thatそれは…であることをよく証明している
 in the eye of the beholder 見る人の目による
Word Watch:beauty is in the eye of the beholder美は見る人の目による…蓼食う虫も好き好き
Cortez: I think what this all goes to show is that the days of the corporate power lunch are well and truly over. Just as the “ liquid lunch” of the ‘70s and ‘80s was replaced by the power lunch of the ‘90s, it in turn is giving way to the power latte or much more modest business lunches as the economic crunch hits home. @2009年9月L12(2)
「これはつまるところ、会社負担のパワーランチの時代が完全に終わったことを示しているのだと思います。」
同じ様な表現が以前のテキストで、” what this all goes to show”という形で登場し、「これはつまるところ」という訳になっていましたが、直訳すれば「これがすべて証明することは」でしょうか。What節の文の構成は、本来、”This all goes to show what”で関係代名詞whatが倒置されて先頭になっていますが、”It all goes to show that”と全く同じ構成です。

※OKWAVEより補足:テーマ「実践ビジネス英語」から投稿された質問です。

投稿日時 - 2017-11-10 09:55:43

QNo.9395739

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

以下のとおりお答えします。

>[質問] 動詞goを「~する」と解釈するのは間違いでしょうか?それとも普通のことでしょうか?
>テキスト例文”go to show”のように、動詞goが「~する」という意味の用法を調べてみましたが、これ以外、見つけられませんでした。もしあれば教えてください。
⇒goだけで「~する」というのでなく、go to ~で「~をする」と考えた方がいいかもしれませんね。原義的なところから順を追って考えてみましょう。

(1)前置詞toの目的語が具体的な場所や事物だと明快ですね。例えば、go to bed「ベッドへ行く」→「寝る」やgo to work「仕事へ行く」→「出勤する」などはよく分かりますね。

(2)行き先がもっと広い場所や抽象的な意味の語句だと、少し難しくなりますが、それでも、go to sea「海へ行く」→「出帆する、船乗りになる」、go to glory「栄光(の場)へ行く」→「往生する、死ぬ」、go to pieces「ばらばらになる」のように、何とか推量はできます。

(3)目的語(行き先)が具体的でも、かなり想像しにくいようなものもあります。例えば、go to town「街へ行く」→「大金を使う」、go to the mat「マット上(闘いの場)へ行く」→「言い争う」などは、意味を聞いてはじめて、「なるほど」と納得できる程度でしょう。

(4)さらに、意味を聞いても、それと原義とを関連づけることができそうもない例もあります。例えば、go to grass「草地へ行く」→「仕事をやめる」、go to the wall「壁(際)へ行く」→「(事業に)失敗する、負ける」などです。後者は、日本語の「窓際族」などと類似する発想から出てきた表現かも知れませんが。

(5)さらにさらに、これはもう熟語として、理屈抜きで、そういうものとして覚えるしかないようなものもあります。go to pot「ポット・壷へ行く」→「荒廃する、堕落する」、go to it「それ(?)へ行く」→「どんどんやる」。最後の例は、通常命令形で使うようです。宴会などで使うと、「どんどんやれ」というようなニュアンスになるらしいです。そういえば、日本語でも「それいけどんどん」などと言うことがありますね。

さて、本題のgo to showは、上のどのあたりに該当するでしょう。私は(3)か(4)あたりかな~、と考えています。というのも、show「見せ物」は「公共・大衆(の目)に晒すもの」ですから、「人目に晒す」→「明らかになる、証明となる」という推測手順もギリギリ成立するのかも…と考えるからです。

なお、上例のほとんどは俗語の仲間のようです。うべなるかな、論文などで「明らかになる、証明となる」と言いたければ、それらしい語があります(clarify, proveなど)から。

以上、ご回答まで。(勉強になりました!)

投稿日時 - 2017-11-10 22:31:22

お礼

ご回答を見て、”go to”が「~する」の例は身近にいくらでもあったんだと呆れています。進行形に結び付けたいという思い込みのなせる業ですね。反省します。
回答中のご説明で、toの後にtheの有無を見て、go to sea/school/hospitalなどのような熟語に至ったものもあれば、今のところtheを残しているものもあるんだなと改めて思いました。やはり英国の方が若干保守的でしょうか。
以前、toの後に名詞が来るか動詞(原形不定詞)が来るかをお尋ねしたことがありますが、また、辞書によれば、[動詞をそのまま目的語として(1回の)動作を示す] 例として、have a dance/drink/swim/lookが出ています。また、take onに至っては、NHKテキストでも動詞・名詞両方の用法が登場しています。文法的には明確な区別があるわけですが、少なくとも口語ではあまり違いを意識してないということですね。試しにBBC Newsで区別がつくか試してみましたが、It ended up with showing a want of my listening comprehension.でした。
残念ながら“come to”と同じという訳にはいきませんでした。
How did you come to hear of it?
ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-11-11 06:34:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

go to show は 「公開される場所に行く」 あるいは 「公開しに行く」 ということから 「明らかだ」 という意味を派生させたのではないでしょうか (それなら go は 「「行く」 という意味に取ってもよさそうです)。公開 (公表) することで、あることが確かにそうであると示そうとしていることになりますから。Dictionary.com を見ると初出は1842年だそうですが、それ以降には1つの言い回しとして定着したのかも。

投稿日時 - 2017-11-10 16:31:25

補足

Dictionary.comを見つけて喜び過ぎてしまいました。お礼コメントの追加です。
同様の表現で最も有名one of the most famous, if not the mostなのがgo to seeやgo to workかと思いますが、go to seeはgo and seeとも言いますが、go to workは、go and workとは聞かないような気がします。何かgo to showと通じるものがあるのでしょうか?

投稿日時 - 2017-11-10 19:53:43

お礼

これまで回答者の皆様から色々なWebサイトを教えていただきましたが、Dictionary.comは初めてです。ありがとうございます。
Help to indicate or serve as evidence. For example, His research goes to show that the medication is ineffective. This term was first recorded in 1842.

投稿日時 - 2017-11-10 19:35:41