こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

年末調整の還付金について

去年の年末調整の還付金が還ってきた様子がありません。通帳見ても給与の金額だけが振り込まれていて還付金が上乗せされた気配がありません。

28年度年末調整には
(1)これまでの源泉徴収税額 77742円
(2)確定源泉徴収税額 65100円
(3)還付金額 12642円
と、なってます。これは12642円が戻ってくるって事ですよね?

給与明細にも年末調整欄は何も記載されてません。これって私が戻ってくるものだと勘違いしているのでしょうか?それとも自分で確定申告などしなくては還付されないんですか?

投稿日時 - 2017-11-16 10:27:03

QNo.9397967

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> (3)還付金額 12642円
と、なってます。これは12642円が戻ってくるって事ですよね?
> 給与明細にも年末調整欄は何も記載されてません。

去年暮の年末調整による所得税の調整金は、会社によっては去年の平成28年12月か、今年29年1月のどちらかの給与明細に、どこかに、-(マイナス)の付いた金額かありませんでしたか?
-(マイナス)の付いた金額が、会社の年末調整による所得税の一部還付です。
もし、-(マイナス)が無ければ、年末調整による一部の還付が無かったことになります。

-(マイナス)の付いた金額ですので、その金額分が増額になっているはずです。
もし、年末調整による金融機関の口座振り込みなら、珍しいい会社ですね。
この月の給与明細で、-(マイナス)のついた金額を確認してから、会社に確認しましょう。



> それとも自分で確定申告などしなくては還付されないんですか?

給与所得者(会社員・パート・アルバイトなど)は、勤務先からの「源泉徴収票」として、たいていは、1月になると会社から渡されます。
「源泉徴収票」にある金額は、勤務先の年末調整の結果であって、実際の還付金は12月か1月の給与明細で「-の表示」で還付の処理をしているはずです。

------------------------

もし、医療費・薬等が同一世帯内の合計が10万円以上あるならば、税務署に確定申告書を提出する時に、会社からの源泉徴収票も添付をします。
税務署から所得税の一部が還付される場合は、確定申告書を提出後の1~3か月後に、税務署からハガキで振込予定日の連絡が来て、振込予定日に還付金が振込されます。
(確定申告書に、金融機関の本人名義の口座番号を記入しているので、その考口座に振り込まれます)

投稿日時 - 2017-11-16 11:11:38

お礼

詳しく回答していただきありがとうございます。

確認しましたが、29年1月も28年12月もマイナスがついてる部分はありませんでした。
27年以前の給与明細には12月の所得税欄にマイナスが付いてるのですが、28年度分にのみマイナスがついてませんでした。
去年の分だけ還付し忘れたってことなんですかね?

投稿日時 - 2017-11-16 21:42:58

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

No.3のy-y-yです。

> 27年以前の給与明細には12月の所得税欄にマイナスが付いてるのですが、28年度分にのみマイナスがついてませんでした。
> 去年の分だけ還付し忘れたってことなんですかね?

次のどれかでしょう
● 忘れたかもしれない
● 28年度分の年度当初に所得税見込みの天引き額が少なく見積もったので、還付額にならなかった
● 28年度分は、akaityou さんの年末調整に記入の各種保険料額などの金額記入違いで控除額が少なくなって、その結果、所得税が多くなって還付金も無くなった。
● 28年度分からは、国の増税政策で所得税が増額かもしれない

このどれかになるかは、勤務先に聞くしかないですね。

------------------------

または、いま、今年29年度分の年末調整の書類の中に、去年28年度分の書類も記入の為に、いくつか参考に戻っているならば、コピーをして、国税庁のサイトの「e-TAX」でも、自分で計算してみましょう

国税庁の「e-TAX」というアプリ・ソフトのサイトです。
このアプリ・ソフトを利用して、自分のPCに保存したり、または、プリントアウトだけでも可能です。
現在、平成28年度までの、過去5年分が、「1年分ごと」に計算が可能。
今年の平成29年度分のは、来年平成30年1月の中ごろに表示される
https://www.keisan.nta.go.jp/h28/ta_top.htm#bsctrl

投稿日時 - 2017-11-17 10:50:17

お礼

再びの回答ありがとうございます。

会社側の還付忘れ以外の可能性も探っていただいて助かります。
28年度の途中から会社側で住民税の支払いもしてもらえるようになったので、その辺の部分で会社側の手続きに抜けがあったのかもと思ってましたが、自分の記入ミスの可能性も考えられますね。

e-TAXのサイトもリンク張っていただきありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-17 23:17:56

給与の金額に含まれているので、別途振り込まれることはないでしょう。
12月あるいは1月の給与が、いつもより1~2万多くありませんでしたか?

投稿日時 - 2017-11-16 20:12:19

お礼

回答ありがとうございました。
通帳も給与明細も1月2月共にいつも通りの給与額でした。

やっぱり還付されてないんだろうか…

投稿日時 - 2017-11-16 21:14:34

ANo.4

源泉徴収票が発行された月の給与の源泉徴収所得税額で調整されていないでしょうか。
一応手続きとしては、まずはその月の源泉徴収税額から引いて、それでも引ききれなければ還付金として返すことになっています。
もしその月の源泉徴収税額が還付より多ければ、源泉徴収票の還付額の数字がそのまま明細上に出てこないこともあると思います。

投稿日時 - 2017-11-16 12:46:49

お礼

回答ありがとうございます。

27年以前のものはおっしゃるように所得税欄にマイナスがついてるので調整して差額分が還付されてるようです。
たまたま28年の12月だけ所得税の額が還付金額よりも上回ったとは考えにくいと思うんで、何かしらのミスがあったとは思うんですけど一年も前のことだし今更わからないかもしれないですね。

投稿日時 - 2017-11-17 23:37:32

12月または1月の給料支給日に還付されているはずです。ここで質問するよりも会社の経理に聞いてみたほうがすぐ判明します。今忙しいので後に回されるかも。

投稿日時 - 2017-11-16 10:41:42

お礼

回答ありがとうございました。

この時期だとすぐには動いてくれないかもしれないですね。

投稿日時 - 2017-11-16 21:29:54

ANo.1

> これは12642円が戻ってくるって事ですよね?

その通りです。

> それとも自分で確定申告などしなくては還付されないんですか?

年末調整の手続きだけで還付されます。ただし12月分の給与で還付されるとは限りません。会社によっては1月分給与で処理するところもあります。

投稿日時 - 2017-11-16 10:40:24

お礼

回答ありがとうございました。

12月も1月も還付されてないっぽいです。
取り敢えず私の認識に間違いはないようなので、会社側で処理のミスでもあったのかな

投稿日時 - 2017-11-16 21:23:18

あなたにオススメの質問