こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

訳し方についての質問

ベトナム戦争に関しての英文です。

英文⇨
As people across the country organized for the peaceful moratorium, members of a radical faction of the Students for a Democratic Society the “Weathermen” took more direct action.
Less interested in ending the war than in sparking a violent revolution, they staged what they called four “Days of Rage” in Chicago.

These were all infantile fantasies that people came to out of the frustration of not having a workable strategy for ending the war.


日本語⇨
全国の人々が平和的なモラトリアム(一時的休止?)のために組織した結果、SDSの急進的な派閥のメンバーの「気象予報士?」が直接行動を起こしました。
暴力的な革命を引き起こすよりも戦争を終わらせることに興味が薄く、彼らはシカゴで4つの「怒りの日」と呼ばれるものをした。

彼らは、戦争を終わらせるための実行可能な戦略を持たないという不満から人々が来た幼稚な幻想でした。


訳し方がよくわからなかったのですが、
つまり---SDS(Student for a Democratic Society)の中でも過激派の人達が平和を求めて運動を起こした。しかし彼らは戦争を終わらせることには興味はあまりなかった。

ということでしょうか?

簡単にで結構ですので、訳してほしいです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-11-22 00:21:06

QNo.9399941

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

as はこの場合は「~の結果」ではなく「~の中で」と同時に発生している事象として訳すケースと思います。"Weatherman"は派閥の名前なので”Weathermen"とそのままにするか「ウェザーメン」とするべき。peaceful moratorium は当時の活動の用語なので、丹念に調べれば日本語訳の定番が見つかると思いますが、ここではとりあえず、「平和的のモラトリアム」とします。以下意訳をしているので注意。

「全国の人々が”平和的のモラトリアム"を展開している中、人種的なグループのひとつであるSDSのメンバー ”ウェザーメン”はより直接的な行動に出た。戦争を終わらせることよりも暴力的な革命を始めることにより興味を持った彼らは、シカゴで”デイズ・オブ・レイジ:怒りの日々”と称したデモ活動を行った。
これらの動きはすべて人々が戦争を終わらせるために有効な手立てを持たない苛立ちから産まれた子供じみた幻想のようなものだった。」

投稿日時 - 2017-11-22 05:30:09

お礼

回答ありがとうございます。
日本語に訳していただいても、なかなか難しい文章ですね。
大変参考になりました!ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-11-22 09:36:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

google翻訳を利用すると、以下の結果でした。
こっちの方が、わかりやすいのでは・・・

全国の人々が平和的なモラトリアムのために組織した結果、民主化社会の学生たちの急進的な勢力のメンバーが「天文師」より直接的な行動をとった。
暴力的な革命を引き起こすよりも戦争を終わらせることに興味が薄く、彼らはシカゴで4つの「怒りの日」と呼ばれるものを上演しました。


・・・
ここで言うモラトリウムは、学生のような若い連中も立ち上がったと解釈したほうが良いと思います。
また、天文師=指導者と解釈してください。
(指導者の言うことも聞かず、若者が暴走したと)
そのため支援したアメリカも辟易したようです。

投稿日時 - 2017-11-22 01:02:56

お礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日時 - 2017-11-22 09:36:56