こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

名誉毀損にあたるのでしょうか?

知人が住むマンションの管理組合のことについてです。
組合というのは、組合規約を守り、住民が住みやすい環境を維持する役割があると、私は思います。ところが、知人の管理組合は、規約に違反する組合員がいても注意もしない、などの行為があり、数人の組合員が意義を申出ても動かない、という状況が続いたので、知人たちは組合費の支払いを止めたところ、「誰と誰が、組合費を支払わない」と組合員全員に言いふらされたそうです。
組合費を支払わない理由も伝えるのなら組合員全員の周知しても良いとは思うのですが、理由も伝えず、ただ組合費を滞納している、と周知され、知人たちは名誉を傷つけられた、と主張しています。
ドットコムというサイトの質問にも知人と同じような事例が掲載されていたように思うのですが、組合費滞納を周知すれば、名誉毀損にあたるのでしょうか?
回答を宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2017-11-29 10:45:35

QNo.9402564

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

組合費滞納を周知すれば、名誉毀損にあたるのでしょうか?
  ↑
ハイ、名誉毀損が成立する可能性があります。

名誉毀損は、特定人の社会的評価を下げる危険性の
ある事実を、公然と摘示することによって
成立します。

組合費を払うのは法的義務です。
従って払わないという事実を、摘示するのは
社会的評価を下げる危険性があります。
実際に下げることは不要です。
その危険性があれば成立します。

公然とは不特定又は多数人が認識し得る状態で
ということです。
総会はこれに該当すると思われます。

従って、名誉毀損が成立する可能性があります。

名誉毀損が成立すれば、損害賠償として慰藉料を
請求することは可能です。

ワタシも組合理事をやっていますが、こうした事実は
匿名でやるもんですけどね。

投稿日時 - 2017-11-29 16:43:38

お礼

参考になりました。早速、知人に伝えます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-30 07:32:06

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

「名誉棄損罪と屈辱罪」<公然と事実を適示し、人の名誉を棄損した者はその事実の有無に関わらず3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金に処する>と刑法第230条ですが、「屈辱罪」は刑法231条「事実を適示しなくても公然と人を屈辱した者は拘留または科料に処する」条文では両者の違いは分かりにくいかも知れませんが、「事実の適示があったか、否か、」で区別する事が出来ます。「事実の適示」とは人の名誉を損なう若しくはその可能性のある具体的な事柄を文書若しくは口頭で暴き示す事です。この「事実」には「すでに広く知られている事」も含まれます。また、単なる噂話であったとしても罪に問われる事があり、例えば「彼は不倫をしているらしい」と言えば「名誉棄損罪」の問題になります。一方具体的な事柄を挙げずに抽象的な意見や判断によって人の社会的地位を低下させた場合は「屈辱罪」になるわけです。ただ、「名誉棄損罪」も「屈辱罪」も「親告罪」なので被害者が告訴しなければ裁判を受ける事はありません。この知人の場合も「名誉棄損罪」に該当するのか?微妙な点もあります。

投稿日時 - 2017-11-29 11:11:58

補足

知人らの場合は、組合総会で組合員全員の前で、告げられたと言っています。なぜ、組合費の支払いを止めているのか、の説明は添えられていなかったので、知人らは怒っています。民事で慰謝料請求もできますか?

投稿日時 - 2017-11-29 11:53:05

あなたにオススメの質問