こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自殺願望について

24歳女です。長文です。
私は現在、躁鬱病で通院中です。少し前までは鬱病だと診断されていましたが、発症が若い、パワフルである、抗うつ剤の効果がない、希死念慮が強いなどの要因で躁鬱病と診断が変わりました。

この希死念慮についてなのですが、私が本格的に体調を崩した8年前より、ずっと前から持っていました。恐らく物心がついた頃から、当時は言い表す言葉を知りませんでしたが、なぜ生きているのかということを不思議に、負担に思っていました。

またこれは、余談と捉えていただいても結構で、自分でもよく分かっていないのですが、戦争で殺される記憶が昔はありました。小学生の頃に突然思い出し、死ぬ感覚も覚えていました。自分は兵隊でした。
前世の記憶的なものか、ただの夢だと思うのですが、死ぬ感覚はリアルで、初めて思い出した瞬間、なぜこんな大事なことを忘れていたのか、生まれてしまったからいずれまた死ななければならないことを悩むようになりました。

自殺する方も多く、死にたいと思っている方も若い人ほど多いと思います。ですが、ほとんどの方には、仕事や人間関係など、死にたい理由があるように思います。ツイッターなどでよく、「死にたい=仕事全て投げ出して海外に行きたい、お金の心配をすることなく遊んで暮らしたい」と目にして、たくさんの反応があるのを見ると、やはり死にたいと思う原因があって、原因があるということは取り除くこともできるように思います。

私は、今は仕事も楽しく、友人も多く、趣味も楽しくやっており、他の人に比べて楽観的で悩みがないと思います。鬱状態に陥っても、周期的なもので原因が思い当たらず、勝手に気分が落ち込み、そのうち復活するだけです。
ですが、死にたいと思う気持ちが常にあります。もちろん仕事をせずに暮らしていけたら楽しいだろうとは思いますが、今後、仕事をせず一生遊んで暮らしていける道と、安楽死の道があれば死にます。
今生きているのは、踏ん切りがつかないからです。

生きていることがものすごく苦痛だというわけでもなく、楽しいことはたくさんあり、無ければ楽しいことを探す余力もあります。それでも気持ちが常に死の方に向かっており、生きていることに違和感があり、居心地が悪いです。
精神科の主治医にも、なぜ死にたいと思うのかと聞かれて驚きました。なぜ死にたいと思うことを不思議に思われるのかを、不思議に思いました。なぜ生まれてきたのか、生まれたいと思った人が今度は死にたいと思うことのどこがおかしいのか、分かりません。

何の宗教の話でもなく、ただの疑問です。他の人の思う死にたいは、具体的にはどういう感情なのか、私が原因もなく死にたいと思うのはおかしいのか、冷静に教えてくださる方、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2017-12-01 22:34:43

QNo.9403459

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

生きているっていうことはとても不思議ですよね。それと同じくらい死ぬことというのもとても不思議なことだと思います。

好きな人を見たとき、心臓がドキっとしたことはありますか?
あれを「ときめき」というのですが、人間は美しいものに触れたとき、一瞬だけ心がときめくんですね。人間が美しいと感じるものは、必ず構造が秘められています。構造は普遍的なもので、地球上でも、宇宙の果てでも変わらないという特性があります。数学の数式に芸術性があるのも、この普遍性に由来します。三角形の内角の和は遠い宇宙でも同じ性質なのです。

美しいものに宿る普遍性。「変わらないもの」「同じもの」という構造に触れたとき、人の心は一瞬だけ、美しいものの構造と自分の生命とが一体となります。その瞬間、人の心はときめいて感動するのです。そして憧れを持っていたことに気がつくのです。

「守ること」「食べること」「セックスすること」「公正であること」これらはこの地球上のあらゆる生命が本質的に持っている本能と呼ばれるものです。本能的に、美しいものに憧れを抱くのは、本能の領域に刻まれた生命の本質です。であるので、美しいものへの憧れを消し去ることは出来ません。

さて、前置きが長くなりましたが、死というのは実は、美しいものの中に宿る構造そのものです。ときめきを感じたあの瞬間、それは、生きながらに、一瞬だけ「死を体験した」ということに他なりません。

死の世界はときめきの世界。であるから、人間は、死をそれほど深く理解していなくても、死に対して本能的に憧れを持つのです。実は、この憧れは、商業的にお金に変わります。共感を利用したSNSは一大産業です。「共感」「絆」「共有」というキーワードは、人間が持つ死に対する憧れを刺激しているのです。(実際に亡くなる方も沢山いらっしゃる危険な道具という側面もありますね)

逆に、生きる世界は何かというと、あらゆる生命と「違い続ける」営みに。ということになるでしょう。違いから生まれる無限の可能性、複雑怪奇な多様性、そして膨大で複雑な問題、それに伴って生まれる沢山の叡智。沢山の悲しみは、より悲惨な悲しみによって癒されます。その癒しは、その悲しみよりも多くの勇気や感動をも生み出します。

生きることの辛さは「違い続ける」という「連続して変わり続ける」ことの辛さだと思います。ときめきが持続せず、一瞬にして終わるのは、変わり続けなければならない自分にあっという間に引き戻されるからですね。

まとめると、生きる世界は絶え間なく変化する不安定な世界。死の世界は普遍的な構造と一体となることで変化のない安定した世界。ということになるのだと思います。

仏教には小麦粉の話しというのがあって、生と死を小麦粉で例えることがあります。小麦粉はパンにも麺にもうどんにもケーキにも変わることができますが、逆の方向に変わることはできません。パンもケーキも小麦粉に戻ることはできません。生と死も正にこの関係で、生から死へは変わることができるが、死から生へは変われません。では、小麦粉の例えから、小麦粉がパンや麺やケーキに変わることは悪いことなのでしょうか?

ここに本質があります。

生きることは善で、死ぬことは悪ではないのです。ただ、今までいた世界と「変わった」だけなのです。小麦粉がケーキに変わったのと同じように、生きることは善でも悪でもない。死ぬことも善でも悪でもないのです。

生き物が死ぬと、自分を構成する物質は分解されます。分解され、あらゆるものと交わって、美しいものの構造と一体となります。しかし、それで全てが終わって無くなる訳ではありませんね。生命は物語を残すことができますからね。これは生きることの唯一の楽しみであり、希望だと思いますよ。
自分の思うまま、物語を紡いで下さい(^^)

投稿日時 - 2017-12-02 03:39:40

お礼

回答ありがとうございました。
私に頭が足りないため、うまく理解できたかは分かりませんが、「生きる世界は絶え間なく変化する不安定な世界。死の世界は普遍的な構造と一体となることで変化のない安定した世界」という表現がとてもしっくりきました。だから生きていると疲れると感じるのですね。

投稿日時 - 2017-12-11 20:25:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

イエス・キリストをご存知ですか。
全ての人の罪を背負い、二千年前に、十字架に、掛かられた方です。
私は、特定の宗教、教団に、勧誘するものでは、ありませんが、是非、信じて頂くことを、オススメします。
僕自身も、鬱、自殺観念が、ありましたが、信仰を持って、その原因も、分かり、救われましたので、オススメしています。
そして、なぜ、死にたくなるのか、ですが、
それは、僕自身の場合ですが、自分の罪が原因です。
例えば、ロック音楽、小説(フィクション)、テレビドラマ、お笑いなど、占い、など、害悪な事で、自分の時間を使っていたことなどです。
ご自分で、近くの教会に行かれて、相談されてみたりされると、良いと思います。

投稿日時 - 2017-12-02 20:02:02

お礼

回答ありがとうございました。
宗教には興味はありませんし、私はロックや小説など好きで、それを害悪などと思わず、むしろ必要な時間です。自分にも他の誰かにも、別に罪があるとは思っていません。趣味に時間を費やすことを害悪なんて言うようになったらまともではないだろうと思います。

投稿日時 - 2017-12-11 20:20:45

ANo.5

統合失調症になると、自分は集団ストーカーを受けているというような妄想を持ちます。なぜ統合失調症になるとそのような妄想を持つのか、理由は分かりません。
それと同じように、うつ病という病気にかかると特に理由もなく死にたくなったり、あるいは衝動的に自殺してしまうことがあります。なぜなのかは、よく分かっていません。

つい最近、Twitterで自殺願望者を探して殺害した男が逮捕されました。その犯人の男曰く、自殺願望者ということでありましたが「本当に死にたい人は一人もいなかった」ということでした。
おそらく、質問者さんもいうたところで「殺される」とか「死にそう」と思うと「助かりたい」と思うのではないかなと思います。というのもね、お恥ずかしながら、私も質問者さんくらいの年齢のときは「俺は死ぬのは怖くない。いま死ぬ理由がないから死なないだけだ」ってうそぶいていたんですよ。ところがちょっと病気をこじらせて死にそうになったんです。あと数日病院に行くのが遅かったらちょっとヤバかったと後にお医者さんから聞きました。そんでそのときに深夜に高熱を出して体の震えが止まらなくなったときに「ヤバい。俺、死ぬかも」ってすっごく怖くなったんですよ・笑。「やった。ラッキー。このまま死ねる♪」とはならなかった。自分で救急車を呼ぶのが恥ずかしかったので、翌日に病院に行ったんですよね。行く途中で動けなくなって救急車に運ばれましたけど・笑。動けなくなってこりゃヤバいって思ったとき、救急車が見えたら正直「助かったー」って思っちゃったんですよ・笑。死にたい願望なんて、そんなもんですよ。

だから質問者さんも「ああ、死にてえなあ」って思ったら、それはうつ病のせいだって思えばいいと思います。

投稿日時 - 2017-12-02 15:05:02

お礼

回答ありがとうございました。
死にかけたことがあまりないため、どう思うかは分かりませんが、単純にうつ病のせいなのかもしれませんね。

投稿日時 - 2017-12-11 20:22:15

ANo.4

死にたいなど思わない。

投稿日時 - 2017-12-02 10:32:06

ANo.2

仕事をせず一生安楽に暮らしていけることが明確になったら私だったらその瞬間に死にたくなりますね。だって生きている価値がなくなるから。

生きるというのは、単純にいうと自分以外の誰かを助けることなんです。
自分を食わせるために仕事をするというのは勘違いです。

何もしなくていいほどお金を持っていたりしたら、だれでも必ず何かに投資するでしょう。そんなにお金が潤沢でなくてもそういうことはしたくなるものです。

たとえば障害者の施設がありますが、これが、そこにいるだけで何もしないで生活できるならみな早死にするはずです。
人があまりやりたがらないような、デューティとして重いけど単価の安い仕事なんかをやってくらしていますけど、これをやっているときの顔はハレバレとし、努力したぞ達成したぞというのを味わっている顔です。

生きるというのはそういうことなんです。自分だけがいいと思うことじゃなく誰かが喜んでくれることをして、「ありがとう」といわれることが充実なんです。

そういう考えで毎日を捉えてみてください。死にたいというのが、自分だけの満足の世界であることがわかりますから。

もし死んだらどれだけの人に迷惑か。あと処理なんかもそうだけど、死なれたらあなたに「有難う」といえないじゃないですか。人の楽しみや生きがいを奪うことになるのですよ。

話を個人的な方向に切り替えますけど、戦争ではないけど私もおそらく前の世を去るときの記憶がぼんやりあって、「あ、いまそれが来たんだ、そうなんだ」と冷静に思った上、明確じゃないけど、やらなければならないことがあるのを相当気にした、という思い出です。胸は相当苦しかった。
これは少年時代に夢のほとりあたりでわっと思い出したものでしたけど、今はそんなに差し迫った感じで復活しません。理由は、この世での話の重さに比べ、前に死んだことがあまり重くなくなってきたからだと思っています。

大体、死にたい、とか死ぬことをそう遠く思わないというのは若いときの感覚です。実際に行動にでるかどうかはべつですけど、いつでも死ねると考え、ある程度イメージをした上死にたい、はあり得ます。

もちろん死そのものをちゃんと考えないで、不満や孤独を感じたときおまじないみたいに死にたいとすぐに口走る若者がたくさんいますけど、これは単純に「バカヤロー」と言う代わりに「死にたい」というだけのことです。

それと、今語っている、そしてあなたが感じておられる死にたい、はまったく違います。
明日は寒いかなと言ったとき本当に冷気を触れるほどに意識想像でき、寒いと死ぬかな、という連動をするのにわれわれのは近いと思います。

この感覚は実行はしないまでも大事にしておくべきだと思います。
おそらくこの感覚は他人を助けることができます。

投稿日時 - 2017-12-01 23:21:36

お礼

回答ありがとうございました。
死にたいと思うのは若い人特有なのですね。最近はそういう言葉を簡単に目にできるようになったので、こういった疑問に突き当たりました。
どうせ生きるなら誰かの役に立てるといいんですが…。

投稿日時 - 2017-12-11 20:29:13

ANo.1

そのご病気で、仕事・趣味を継続できている
アナタ様は正に奇跡の人ですね。

死にたいと思いながら、
現在まで生き続けているということは、
アナタ様は、本当は
死にたくなんてないのかもしれませんな。
《仕事をせずに一生遊んで暮らせる》のであれば、
死なないのでしょうから、それが本心で、
根本原因は、仕事が嫌なんですよね。

仕事が嫌なのですから、
長い休暇をとるか退職するかして、
とりあえず、3ヵ月~6ヵ月くらい、
南太平洋やインド洋の島で暮して
みることをお勧めします。

[アナタ様は、いままでに、3週間以上の
旅をしたことがありますか。2週間くらい
過ぎると日常生活の意識から離れられるのですが、
その感覚を知るためにも、長期の旅をして
みてください。旅の暮らしは殆どが
アナタ様の望みの遊びの日々なので、実際に
経験することで、違った自分と出会えるのでは
ないでしょうか]

アナタ様の場合、死にたいのではなくて、
仕事をしたくない、遊んで暮らしたい、
それが可能ならば、生きていたい
ということになりますな。
原因が無くて死にたいというのとは、
次元が異なるのではないでしょうか。

大いなる
リフレッシュタイムをとって
新生してみてください。

投稿日時 - 2017-12-01 23:16:11

お礼

回答ありがとうございました。
質問文を読んでくださるとありがたかったです。

投稿日時 - 2017-12-11 20:30:00

あなたにオススメの質問