こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

仕事の覚え方

仕事の覚え方

こんにちは。
今月から転職してから働き始めた者です。

これまで技術職をしていたのですが、
転職先はデスクワークが主な職場です。

それで悩んでいるのが仕事の覚え方です。

みんな入社したばかりの時は、
覚えることでいっぱいだと思います。

前職は技術系なので、感覚で覚えていました。
が、デスクワークは頭を使いますよね?。

理想はまんべんなく覚えることですが、
実際は難しい、、。

そこで1つ1つクリアにしたいのですが、
何を一番先に覚えていけばいいと思いますか?。

Q1.優先順位の付け方について教えて下さい。

また、説明されていても内容が右から左に
流れてしまうことが多々あって、、。

Q2.説明された内容を自分に
落とし込みコツを教えて下さい。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2017-12-12 22:51:58

QNo.9407207

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

現職は造園業ですが、以前に勤務していた会社は造園土木で、造園の
他に土木建築の仕事もしていました。

前の会社では造園は全くの未経験者でしたが、昔堅気の職人さんが多
い会社でしたから、入社しても何一つも教えて貰えませんでした。
仕事は見て覚えるものだ。技は先輩のしている事を見て盗み取れと言
われてました。エンジン式刈込機(正式名称はヘッジトリマー、別名
をバリカン)は半年間も使わせて貰えませんでした。作業が終わって
車に積み込む事さえ許して貰えませんでした。これを使わないと仕事
にならないので、とにかく半年間は人のする動作や使い方を見て覚え
ました。半年後に年配のベテランの方に許しを得て、それからは毎日
使っていました。
今は初心者に手取り足取りで教えているようですが、当時は辛かった
事を覚えています。

現在の会社では使用経験や実務経験がある事に関しては教えて下さる
事はありませんが、未経験の事に関しては手取り足取り教えて貰って
います。
昔みたいに見て覚えろでは、造園屋(植木職人)になる人は居ないん
です。京都のように師匠に弟子入りを許されて修行して、のれん分け
をして貰うのとは違い、京都のような特殊な地域以外の所では職人を
雇用募集しても簡単には入って来ないんです。
だから手取り足取りで教えるわけです。

前置きと言うか余談が長くなりましたが、何から始めたら良いかと言
えば、作業内容やこなし方を先輩が教えてくれないようなら、先程に
書いたように見て覚えるしかありません。でもそれでは何も出来ませ
んから、分からなければ先輩に聞いて教えて貰う事です。
今の新入社員に出来ない事は、人に聞いて教えて貰う事です。分から
なければ誰かが教えに来てくれるまで何もしない。これは今の社会で
は普通なんです。仕事をして欲しかったら教えに来い。これが普通と
なっているんです。

結論を言いますと、順番としては誰かに聞くことです。仕事内容が分
からなければ仕事になりませんので、先輩が嫌がっても謝りながらも
教えを乞う事です。その次が教えて貰った事を完全に覚える事です。
その次が応用するです。教えて貰った事は全て基本です。基本を覚え
ただけでは進歩はありませんから、基本を踏まえて応用に移行する事
をします。
教えて貰った事を頭で覚えるのは不可能です。教えて貰った事は全て
メモしましょう。些細な事でもメモする事で、応用する時に役に立つ
場合もあります。失敗事もメモします。そうしないと失敗を繰り返す
事になり、それが元で職を失う場合もあります。

投稿日時 - 2017-12-30 18:52:00

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-31 19:27:19

ANo.3

社内業務のマニュアルがある会社は少ないようですね。
人の移動の少ない組織は特にそうです。

今までは頭の中で整理され行うことが解っていたのでしょう。

自分なりにマニュアルを作成し先輩上司に確認してもらってはいかがでしょう。
・1日、週毎、月毎、期毎の業務、必要書類、提出期限、書類の記入方法
・季節、月、事柄の必要書類、提出期限、書類の記入方法
1日、週毎、月毎の業務と積み上げていけば良いと思います。
書類の記入方法は先輩上司の作成した書類を見せていただき参考にすれば良いでしょう。
Word、Excelで作成すれば修正も出来ますね。
(pce03ea さんが作成したマニュアルが社内マニュアルになるかもしれまえせん。)

何を何時迄に行うが分かれば優先順位はおのずと分かるでしょう。

仕事の内容によって相談できる人がどの部署の誰か明らかに出来ると心強いですね。

投稿日時 - 2017-12-17 16:06:07

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-31 19:27:31

ANo.2

Q1.優先順位の付け方について教えて下さい。
A1.質問者自身が考えた優先順位でOK。

と言うか、それしかあるません。

>この仕事は、この順序で覚えるもんだ!

それは、その人の覚え方。それが、どんなに素晴らしいそれであっても、質問者にマッチしていなきゃー糞のクソ。

Q2.説明された内容を自分に落とし込みコツを教えて下さい。
A2.十人十色、コツも十色。

>この仕事を覚える秘訣はXXXだぜ!

いらんお世話。人には人のやり方があるってもんだ。

【一般論】

仕事の習得の基本は《習って覚えて真似して捨てる》です。

1、習い上手であること。
2、覚え上手であること。
3、真似上手であること。
4、そして、肝心なのは《習って覚えて真似したこと》を否定すること。

 つまりは、最終的には《職場の既存のやり方を否定し乗り越えること》が大事。ですから、常に《習ったこと、覚えたことのバラシ(=分析)と組立て(=演繹)を意識して臨むこと》ことがコツと言えばコツ。

 しかし、人には二タイプあります。真似上手タイプと捨て上手タイプ。前者は、前例通りに黙々と。後者は、前例の否定と改善に軸足を。ですから、この一般論も、質問者が黙々と言われた通りタイプであれば馬の耳に念仏。結局は、冒頭の回答に戻ります。

投稿日時 - 2017-12-13 00:27:31

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-31 19:27:40

ANo.1

具体的にどんな仕事なのかも分からない、無関係な第三者には分かるわけないですよね?
その仕事に対する言えることは、基礎知識が無いんじゃないですか?
どんな勉強をしていますか?
セミナーを受けるとか、本を買って勉強するとか、なにをやっていますか?

そもそも「前職は技術系なので、感覚で覚えていました。」って、技術系はしっかりした基礎知識と技術と応用力が必要なはずですが、それを「感覚でやっていた」とはプロとして無責任じゃないですか?
そんな人が作った製品を買わされるお客は、たまったもんじゃないですね。

投稿日時 - 2017-12-12 23:18:02

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-31 19:27:48

あなたにオススメの質問