こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

JR同様地方の電力会社が立ち行かなくなる可能性は?

特定地方交通線やJR北海道などのように、
地方を営業区域とする電力会社も、過疎地がネックとなり経営難となる可能性はあるのでしょうか?

また、そのような事態になった場合、どうなることが考えられますか?

投稿日時 - 2017-12-21 14:12:23

QNo.9410187

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

鉄道はなくても生活できますが、電気が無い生活は現代では考えられないと思うので、鉄道ほどの影響は無いように思います。

ただ、人口が減っていけば収入が減るでしょうから、その時は合併したりするんでしょうね。

投稿日時 - 2017-12-21 15:24:42

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

「過疎がネックで経営難」
…可能性は有ります。

JRは交通手段の変化が影響しました。
電力はエネルギー取得の手段が変化する可能性をはらんでいます。

必要なら国家や自治体が支援します。

公的交通機関が衰退した代わりに道路網が整備され、交通手段は自家用車に変化しました。

電力の民営化により原発や火力に頼る電力会社の体力は落ちても、集配電インフラの整備は進み各家庭での再エネ蓄発電設備が普及するでしょう。

投稿日時 - 2017-12-21 19:13:17

ANo.3

発電コストが火力より格段に少ない既存原発(すでに投資は終わっている)の再稼働を認めないと、電力会社の経営はますます難しくなるでしょう。コストに見合う電力料金値上げが出来ないので。あなたが心配されるように過疎地域の電力会社は潰れるかも知れません。

投稿日時 - 2017-12-21 19:12:29

ANo.1

廃止 再開発 計画 住民移民スタート

投稿日時 - 2017-12-21 15:12:16

あなたにオススメの質問