こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

買い物行為の成立

スーパーで買い物したとします。
値札100円のものをレジ清算、しかしレシートには120円。
スーパー側では定価120円で設定したとします。
この場合、お客は、120円で買うか、契約破棄とするかでしょうか。
値札100円だから100円でもらえると主張は無理でしょうね。
つまり店と買主はレジにおいて商行為は成立となるのですか、
法律ではどうなっているか知りたいのですが。

投稿日時 - 2017-12-27 22:25:03

QNo.9412358

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> 値札100円だから100円でもらえると主張は無理でしょうね。

 無理ではありません。可能です。

 店が、100円の値札を付けて商品を展示した時点で、「100円でこれを買いませんか」という意思表示、法律的に言うと契約の「申込み」があったことになります。

 申し込みに対して「承諾」の意思表示をすれば、売買契約が成立することになります。

 「いつ承諾をしたことになるのか」というと、中国(とは限らないらしい)式に「買い物籠に入れた」り、その場で子供が「食べ始めた」時という解釈もあるでしょうが、日本では通常、その場で(お金を払う前に)食べ始めたりすると怒られるんではないでしょうか?

 また、買い物籠に入れた時点で売買が成立しているなら、籠に入れることによって、不特定物だった商品も特定物に変わりますので、客の所有物です。店の商品ではなくなる理屈です。

 ところが我々は、いったん買い物籠に入れても、「やっぱりやめよう」とか思った場合は、平気で商品棚に品物を返したりしますが、これは自分の物を商店に押しつけることになるので、許されない行為だということになります。

 でも、我々日本人は、平気でもどしますよね?店主を含め、誰も違和感を持たない。

 つまり、日本の商慣習では、「売ります」という申し込みに対して、「お金を払ったとき」に「承諾が成された」=売買が成立し客の物になった(代金を払うまでは店の商品だ)、と解釈すべきなのです。

 ところが、レジで実際請求されて払ったのは120円だったわけです。これは「100円」という表示に反しますので、「新たな申し込み」と解釈されます。

 (大学で、Aは「1,000万円で買おう」と言ったが、Bは「1,100万円だったら売る」と返答し、Aが「わかった」と即答したので、Bは「やっぱり1,200万円だ」と言い値を変えたという場合、売買契約は何時成立するか、あるいは成立しないのか、などという形で議論させられた)

 気がつかず120円払ったとしても、客は「100円だ」と思っており、「120円」の商品売買には承諾を与えていませんので、当然、「売買契約は不成立だ」と主張できます。

 売買契約は不成立なので、商品を店に返還して、払ってしまった120円を返してもらう。その上で、「100円なら買うぞ」と、新たな申し込みをすることが可能です。

 その上で、店主が「120円でなければ売らない」というなら、120円返して終わりになるでしょうし、「100円で」という客からの新たな申し込みに対して承諾するなら、20円を返して、そのまま商品を持っていかせるでしょう。

 (契約が成立していないという主張よりは、値段という売買の要素に錯誤がある。よって、売買契約は無効だ、と主張するほうがわかりやすいカモしれません)

投稿日時 - 2017-12-28 02:15:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

値札で100円としていたならそれは公示した価格です。
店は、同じもののほかの商品は別としてもそれだけは100円で売る義務があります。
商行為というのは、あなたがそれに100円を支払った時点で成立します。
120円ないと売らないと相手が主張したら商行為は成立しません。
しかし商品に虚偽記載をしたことになりますから、不当商行為ということになり摘発が可能です。

投稿日時 - 2017-12-28 08:59:50

ANo.6

売買契約は、あなたがレジで支払って、商品を受け取った時点で発生します。
事前の価格付けで意図的でないミスがあったときに、店側はそれを訂正することができます。
意図せずに買ってしまった場合、お店側と話し合いが成立しなかった場合は、ご質問にあるように契約自体を取り消すことになります。

この、誤表記を意図的に利用して買う意志を示し、値引きを強要したケースで、過去に、恐喝が成立したことがあります。

投稿日時 - 2017-12-28 08:27:17

ANo.4

値札と表示が違うのは普通に存在しています、例えば売り出しセールで
100円だと書いてあれば120円請求されたとすれば、誤りですね
なぜなら客は100円という値段で買う事を目的にしている、120円
だったとすれば、バーコードが間違っていて錯誤としてその場で
指摘できる。

投稿日時 - 2017-12-27 23:35:10

ANo.3

値札が100円なので買うなら支払いは100円ですよね。
私は言いますし、店側は必ず謝罪し表示の値段に打ち直しますよ。
店のミスですもん。

私が店側でもそうします。

投稿日時 - 2017-12-27 22:48:06

ANo.2

今回の場合が合致するか分かりませんが、「商品表示法」で
規制されていると思います。
つまり、値札が正規価格のはずです。
レジと違うのであれば、二重価格となると思います。

以前、ネット販売で数十万円のPCが格安で販売されました。
明らかに表示間違いですが、売買は成立したことを記憶して
います。まあ、交渉事のようですが。

また、私も経験がありますが、値引き商品があり、値札を見て
レジに持って行ったとき、やはり値引きされていなかったので、
指摘したところ、値札の金額で買えました。当たり前ですが。

投稿日時 - 2017-12-27 22:40:05

ANo.1

店は商品を陳列して「買ってくれませんか?」と呼びかける。
客はその商品をかごに入れてレジに持ち込んだ時点で「買います」の意思表示。
ここで契約は成立します。

ただ、この場合は金額に差異があり、「異議」を唱えることができますので
契約の破棄「じゃぁ、いらないわ」ができます。
店側も、誤りを認めて「100円でいいです」とすることで
譲歩することもできます。

120円、支払ってしまったら契約の破棄はできません。
店側が設定ミス「本当は100円なのに120円とした」でない限り。

投稿日時 - 2017-12-27 22:33:07

あなたにオススメの質問