こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ネット通販で保証書は?

今まで楽天で1度、アマゾンで1度、
店にもう無く、メーカーから取り寄せることももうできないと言われた製品で
保証など気にしない物しか買ったことがありません。
今度、新品を買おうかと思っていますが、
アマゾンや楽天で新品を買った場合
保証書にちゃんと店のハンコを押してくれていますか?
また、未使用品でもメーカーがもう生産終了している製品の場合
保証書は有効でしょうか?

投稿日時 - 2017-12-29 17:04:49

QNo.9412948

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ものにもよるのでなんとも・・・。

メーカー保証と言うのは、メーカーが独自に品質を保証している類のもので、当初は保証していた商品でも販売開始日から年数が立っていれば、部品調達不可能などで修理できないと断られるケースは多いです。中には、永久保証などと謳っている商品もありますが、メーカーの施策変更などで永久保証が無くなると言う事もあります。

また、逆の場合もあります。メーカーの中には、保証期間の延長をすることもあります。過去の製品も延長される場合もあれば、新製品からの施策だったりといろいろです。

ですので、メーカーがその商品に対して、どの様に保証しているのか規約がありますから、それをよく読むことが大事です。また、保証だからと言って「無料」ではありません。注意して下さい。


>アマゾンや楽天で新品を買った場合
>保証書にちゃんと店のハンコを押してくれていますか?

例えば、実店舗であってもケーズデンキの場合、判子は押しません。レジにて感熱紙の製品名と購入日が記載された保証書を渡されます。メーカーも、商品名と購入日が分かるレシートなどでも対応可能としている所は多いです。

Amazonが販売する商品(Amazonに他社が出品しているものでなく、「Amazon.co.jp が販売、発送します」と記載ある商品)の場合、納品書を商品購入の証明として利用することになります。(https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202003190

楽天の場合、楽天はいろいろな会社が出店しているショッピングモールですので、その販売店によって保証の是非が変わってきます。未開封新品であったとしても、例えばデッドストック品だったり、逆輸入品で日本国内で保証されない商品(時計なんかが特にそうですが、日本国内向けの保証書が無い場合は、例え正規の製品であっても保証しないと言う規約を作っている所は多いです)を売っている店は分野にもよりますが多いものです。

その所、AmazonもAmazon以外が販売する商品を購入することができますが、中には転売商品も混じっている事があり、個人(企業ではない)から購入した場合、購入履歴等により購入した日付と商品名は分かりますが、メーカーは把握している販路以外から購入した商品は保証しないと言う可能性はありえます。

ですので、ちゃんとメーカーの規約をよく読みましょう。わからない場合は、メーカーへ直接問い合わせするしかないです。一般的に保証がどうこう決まっているわけではないためです。同一メーカーの品であっても、商品毎に規約が変わっています。

ほか、メーカー保証の他に、販売店側が独自に保証を作っている場合があります。これは、メーカーとは一切関係ない形となる場合もあり、詳しくは販売店に問い合わせてください。

投稿日時 - 2017-12-29 21:01:48

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-30 11:19:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

as9

店が押印することはあまりありませんので(開封の必要がある場合があり,あらぬ誤解を生む),納品書と保証書をセットで購入年月日が分かるようにするのが普通では?あとメーカーによってはサイト上でユーザー登録することでという場合もありますね

投稿日時 - 2017-12-30 08:48:23

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-30 11:21:54

ANo.7

i-q

楽天は販売店によるかと、Amazonはマケプレは楽天と同じ、
Amazon正規は大体保証ありになってると思います!

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/64/79/75127d02859b1123b1855c55cacd46dc.png
参考画像:上がマケプレ、下がAmazon正規、発送と販売みるとわかります♪

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2017-12-30 04:18:25

お礼

ありがとうございました。
分かりやすかったです。

投稿日時 - 2017-12-30 11:38:30

ANo.5

はじめまして♪

ネット通販以外の、実店舗で購入した場合であっても、保証書にハンコを幼いケースが少なくありません。

実際に購入した事を証明出来れば良いので、大手家電店ではレシートと、保証書に使う為の物を渡したりする事も在りますからね。

ネット通販の場合も、まぁ販売店により対応は様々でそうけれど、「保証書と一緒に保管して下さい」という、購入証明書の様な印刷物が付いて来たりする事もあります。
(少なくとも、私がネット購入したオーディオ製品や暖房機器やコンピューター等は、それぞれ違う販売店でしたが、このような対応でしたよ。)

また、生産終了機種の場合、一般家電製品の範囲ですと、生産終了後7年間は修理対応が義務になりますから、その期間内であれば、対応してくれる可能性がとても高い。と考えられます。

例えば、毎年モデルチェンジをしているような製品の場合、2年落ちのモデルを購入したとしますと、メーカーの無償保証期間が3年であれば、購入後3年未満ならマダ生産終了から7年に達していませんので、主要修理部品はキチンと保管されていますし、対応してもらえるだろう。と考えられるのです。
この時に、何時ドコで購入したか。これを証明出来ないとアカンのです。
金額だけのレシートではダメで、製品番号等も書かれた物が必要です、ネット通販やその他の通販でも、あるいは実店舗からの購入でもメーカー側が用意した用紙にはんこ等が無くても、購入照明が出来れば大手メーカーはきちんと対応してくれるハズですからね。

海外メーカ品は、チョット注意が必要です。
たまに、正規代理店を通さずに直輸入とか並行輸入で安価に販売している場合が在ります。
この場合、メーカー保証は有効ですが、日本の正規代理店は対応してくれない場合もあります。

割と多いのがイヤホンやマイクなどで、海外メーカー品を詳しく知らずに「安い」からと購入したら、販売店も「メーカーに問い合わせて下さい」と言うだけで、国内の正規代理店は「国内正規流通固体では無いので、直接メーカーに問い合わせて下さい」と言切られたりします。
メーカーに直接と言っても、あちらの国の言語で問い合わせ、購入状況やシリアルナンバーを伝えて、無償修理に応じてもらえたとしても往復の輸送費、輸出&輸入手続きを個人で負担する必用が出たりする事も在るそうです。

なお、国内メーカーの修理対応が法律的に規程された以前の、ウン十年前の機種などは、無償修理の保証が無いばかりか、そもそも有償でも修理可能かどうかすらアヤシイと思って良いでしょう。

案外、トランジスターやICなど、日進月歩の分野は部品が既になく、代替や互換部品も無い。というケースが少なくありません。むしろモット古い時代の真空管ですと、代替パーツや互換パーツが存在し、修理(改造?)が可能だったりします(もちろん、すでにメーカー保証は通用しませんが。。。苦笑)

おおよそ、こんな感じでしょう。

投稿日時 - 2017-12-29 20:43:58

お礼

ありがとうございました。
アマゾンで買ったのはフィリップスのシェーバーの替刃でしたが、
日本語の全く無い海外物で驚きました。

投稿日時 - 2017-12-30 11:16:14

ANo.4

納品書に「これが購入証明になりますから必ず保証書と一緒に保管するように」と書いてある場合もありますし、購入証明書がついていてそれを保証書と保管するように書いてある場合もありましし、気の利いた店なら保証書に貼り付けるシールが添付されている場合もあります。
シールだと店舗名と購入日がちゃんと印刷されてあります。

最近は量販店でも保証書用のレシートが印刷されてそれを保証書に貼っておいてくださいといわれることがあるので、うっかりただのレシートだと思って一緒に捨てないように気を付ける必要があります。

手書きなんて後からいくらでも書き換えることができます。昔、気の利いた店なら店舗のハンコだけ押して「日付はご自身で入れてください(意味深)」なんてやってくれたのですが、メーカー側だとそういうのが困る(古い製品でも型落ち品のバーゲンで購入したと主張されたら言い返せない)ので、最近は印刷物にされているのが多いのではないでしょうか。まあ印刷物も偽造は簡単ですが、購入日空欄よりマシですからね。
あと私、某メーカーに勤めていたことがありますが、そこでは発売1年以内の製品なら購入のレシートがなくても保証書さえあれば保証書対応していました。そのメーカーは顧客満足度に非常に敏感な会社だったので、2年以内くらいだったら特別に認めてもいい裁量が与えられていました。でもメーカーによっては発売後1年を過ぎた製品なら購入日を証明するものがなければ保証書対応は不可としているところも当然あると思います。生産終了モデルなら、購入証明がなければ不可能だと思います。

投稿日時 - 2017-12-29 20:11:58

お礼

ありがとうございました。
メーカーの内幕話は面白かったです。

投稿日時 - 2017-12-30 10:48:56

ANo.3

メーカーが生産を終了している商品でも、修理の対応をしている商品も多くあります。

具体的に書かれていないのでなんとも言いようがありませんが。

保証書の代わりになる、販売証明書を、アマゾンでは印刷できるようになっています。
購入履歴のところから表示されますので、それを印刷して添付すれば、保証書の班と同じ扱いにしてくれます。
(販売証明書には、いつ、いくらで、なんと言う製品を誰に売った。と言う情報が書かれています)

それを添付してメーカーに送れば、保証書の印と同じ扱いにしてくれますよ。

それで任天堂で何回か修理してもらっています。

投稿日時 - 2017-12-29 18:03:21

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-30 11:36:59

ANo.2

ハンコは押されないと思います。その場合、同封されている納品書などと保証書を一緒に保管しておくことをお勧めします。

それで購入日が証明できれば、生産終了品でも保証書は有効のはずです。ただし、メーカー保証ってたいていは購入後1年間くらいだと思いますので、その間に故障して保証適用できること自体がめったにないんですけどね。

投稿日時 - 2017-12-29 17:20:11

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-30 10:45:59

ANo.1

確認してみたのですが、そんなものはありませんでした。全てが当てはまるとは言いませんが、そんな手間をかけていては採算が取れないので押さないと思いますね。

投稿日時 - 2017-12-29 17:14:05

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-30 10:44:42

あなたにオススメの質問