こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

手首式血圧計のカフ

元々持っていた血圧計が古くなったので新しい血圧計を買ったのですが、その血圧計で測ると前の血圧計で測っていたより20~30程高くなるのです。
少し前に入院していて病院の検温でも毎日血圧測定していたのですが、その数値は古い方の血圧計が近かったので驚いています。

そこで古い方と新しい方の血圧計を比べてみたのですが、新しい方のカフ(硬い所)が狭いのです。
私は腕が太いので、カフを手首につけて巻くと二の腕側はピタリと合うのですが手首側が隙間が空いているんです。
古い方はカフが太かったのでこんな差は出なかったのですが…。
このカフがぴったりと巻けないっていうのは測定に差が出たりしますか?

やはり上腕式を購入した方が良いですかね?

投稿日時 - 2018-01-04 12:00:46

QNo.9414777

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

カフは、マジックテープ式になっているので隙間無く取り付け
られると思いますが?(隙間無く取り付けて下さい)

「手首式」は、測定条件による誤差が10mmHgほど高くなる
傾向にあるようです。
手首に装着した後、血圧計の位置は、心臓と同じ高さにして
測定するようにと説明書には記載があると思います。
従って、右手に装着した場合、測定スタートを押した後直ぐに、
「右腕を体の前で曲げ、左の肩に指が掛かる程度の所」で
測定すると良いかと思います。

血圧計の種類や誤差を埋める考え方として、まず、
測定位置を常に一定にして、測定のバラツキを無くし
病院の測定結果と比べて20mmHgほど高くなるのであれば、
それを差し引いたもので考えれば良いかと思います。
尚、電池の消耗に注意して下さい。

投稿日時 - 2018-01-04 14:24:22

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問