こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

癌細胞の寿命と治療

人間の細胞の寿命は、例えば、(1)胃や腸の表面を覆っている上皮細胞と呼ばれている細胞は1日、(2)赤血球の寿命は120日・4ヶ月、(3)脳の神経細胞や心筋細胞は人間の一生と同じということのようで、部位によって異なるようですが、癌細胞はどうなのでしょうか???

又、癌細胞に寿命があり、癌細胞の増殖が抑えられれば、癌細胞の寿命によって、いずれ、癌がなくなるということになると思いますが、この考えは正しいでしょうか???

このような考え方に基づく治療というのは、現在行われていますか???行われているとすればどのような治療法でしょうか???

投稿日時 - 2018-01-25 03:52:23

QNo.9421996

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>人間の細胞の寿命は

細胞の寿命は「細胞分裂する際に、DNAの両端のテロメアが短くなる事」により決定されます。

分裂を繰り返すと、テロメアが短くなり、テロメアが無くなるまで分裂すると、DNAの先端が剥き出しになり、それ以上細胞分裂できなくなり、細胞そのものが死にます。

>癌細胞はどうなのでしょうか???

ところが、がん細胞は、テロメア合成酵素が活性化していて、細胞分裂してもテロメアが維持されます。

つまり「栄養が補給され続ける限り、無限に細胞分裂するし、細胞そのものも死なない」のです。

なので、がん治療は「放射線で癌細胞そのものをぶっ壊す」か「抗がん剤で癌細胞を直接攻撃する」しかないのです。

ですが、癌細胞だけを選択的に攻撃する技術は、まだ存在していません。放射線も抗がん剤も「正常な細胞も破壊」してしまいます。

>又、癌細胞に寿命があり、癌細胞の増殖が抑えられれば、癌細胞の寿命によって、いずれ、癌がなくなるということになると思いますが、この考えは正しいでしょうか???

癌細胞は「不老不死」なので寿命はありません。臓器等が癌に侵され機能不全を起こして生物が死ぬまで増殖し続けます。

>このような考え方に基づく治療というのは、現在行われていますか???行われているとすればどのような治療法でしょうか???

「癌細胞だけを標的に、テロメア合成酵素を不活性化させる薬」が出来れば、癌細胞も「普通の細胞と同じように、分裂するたびにテロメアが短くなって、細胞が寿命で死ぬ」ので、そういう薬が研究されています。

ですが「無差別にテロメア合成酵素を不活性化させる薬」だと「受精して生命が発生する時に、受精卵のテロメアが復活しない」ので「寿命が短い、生まれた時から老化している赤ちゃん」が生まれてしまいます。

「癌細胞だけに選択的に作用する薬」は、まだ完成していません。

投稿日時 - 2018-01-25 04:31:24

お礼

ますます落ち込みそうな、悲劇的なご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-01-25 11:03:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

異常に増殖するからこそのガン細胞です。
(良性の腫瘍も増殖しますが、浸潤や転移がない)

以下はガン細胞の死に際についての研究です。
http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2012/20121218_04.html

ガン細胞のアポトーシス(細胞の死の仕組み)の研究は
ガン細胞の仕組みを知る上では役立ちますが、現在の流行としては、
残念ながら、治療に役立つ先端研究とは見られてないようです。



最新の治療研究では、免疫を活性化させてガン細胞を駆逐する
この方法が、実現の可能性が高いとみられているようです。
CAR-T療法
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-30/OVIQFM6KLVR601
赤外線と専用薬による免疫療法
http://toyokeizai.net/articles/-/199776

前者は血液のガンで絶大な結果を出していますが、
重篤な副作用が出る可能性をなんとかしたいという感じ。

後者はいまのところ血液のガンには効きにくい。
あと患部が深すぎるなど光が当てにくいと効果がでない。
しかしほとんど無害。ただし腫瘍が肥大しすぎていると
問題になるときがある。これは効果がありすぎて、
数日以内でガンが消えるためで、もし重要な血管を擬似的にでも
ガン細胞が構築していると、血管壁がなくなり大出血するから。
おそらくは緩やかに効くようにしたり、血管のバイパスを
外科手術で構築してから使うなど現場での工夫が考えられる。

あとは、ガン細胞がウィルスに弱いことから、
無毒化したウィルスを使う研究されています。
これも免疫を刺激する方法と言えます。

最後のウィルス以外は治験も開始されているようです。(海外)
以上、参考にならなかったらごめんなさい。

投稿日時 - 2018-01-25 07:24:32

お礼

ありがとうございました。ちょっと難しかったし、私には間に合いそうもありません。

投稿日時 - 2018-01-25 11:07:17

ANo.1

そうなんですよねー

がん細胞は元気です。
増殖スピードは加速度的に増えていきます。
寿命はありません。

投稿日時 - 2018-01-25 04:12:15

お礼

本人が死ぬまで生きているとは、本当に厚かましい奴ですね。

投稿日時 - 2018-01-25 11:04:58

あなたにオススメの質問