こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

チャットレディーについて。

私は20歳の大学生で、親元で暮らしています。アルバイトは飲食店で働いています。

先月からモコムのチャットレディーとして働き始めました。一度精算を済ませ、自分の通帳に2万円ほど振り込まれました。
精算を済ましたあとに、確定申告や扶養のことが心配になりました。
どうしても親にバレるわけにはいきません。
そこで質問が二つあります。

1)モコムから払われるお金は報酬という形らしく、雑所得になるらしいです。いろいろなサイトを見ていてもよく分からないのですが、他にバイトをしていてなおかつ雑所得を得た場合は、38万まで稼いで大丈夫なのでしょうか?それとも20万までなのでしょうか?

2)もしかしたら今のアルバイトを年内に辞めるかも知れません。その場合年末調整を受けられないので確定申告をしなければいけないと聞きました。その時にチャットレディーで稼いだ金額(仮に2万円しか稼いでないとしても)も書かなければいけないのでしょうか?

3)確定申告はいらなくても住民税かかるかもしれないという話を聞き、自分の住んでいる市を調べたところ合計所得が32万までなら住民税がかからないとの事でした。
これは(収入-65万の所得控除)+雑所得<32万と考えれば良いのでしょうか?

回答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2018-02-01 16:33:20

QNo.9424536

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

1.モコムの支払いに所得税が天引きで引かれていない場合は
  バイトで得られる様な「給与所得」ではなく「事業所得」になります。

  親後さんにばれたくないとの事なので、扶養から抜けると
  親御さんの控除額が減り手取りが減る事から判明する
  可能性がありますので扶養から抜けない範囲での対応になると思います。
  この場合、通常給与所得では「103万」と言われるリミット幅内に
  納める必要があります。

  これは給与所得の場合、給与所得控除65万円を超えた分を
  所得として考え、この所得から基礎控除38万円を差し引いた金額が
  実所得と考えられる結果、給与所得者は103万が控除される
  =差引所得0円となる=実所得がないとされるからです。

  ところが事業所得の場合は、白色申告・青色申告の2種類があり
  これらに応じて給与所得控除にあたる部分の金額が異なります。
  青色申告をした場合は65万円、白色申告をした場合は10万円までが
  控除対象となり、それを超えた分から基礎控除38万円を
  差し引く形となります。

  アルバイトと事業を同時に行なう場合はこれ等の控除後差引を
  それぞれ合算した金額から基礎控除を差引します。
  
  例)
  アルバイトで年間80万円
  事業所得で年間40万円、この内交通費等経費を5万円使った
  
  80-65=15万(給与所得控除後
  40-5-65=0万(青色申告控除(マイナスは0円扱い
  40-5-10=25万(白色申告控除

  青色申告時)
   15+0-38= 0万 (103万以内

  白色申告時)
   15+25-38=2万(103万以上

  なお、青色申告をする為には事前に個人事業主開業届出書を
  税務署に提出し、青色申告する事を申請しておく必要があります。
  青色申請控除は開業から2カ月以内であれば提出が出来ます。
  尚、確定申告の対象は1月~12月なので、先月から始めたのであれば
  来年の確定申告に向けた開業届出と青色申請は提出まだ間に合います。

2.通常、1円でも儲けたお金がある場合は申告の必要があります。
  ただ、10万未満の場合は書こうが書かまいが控除対象となる為
  税務署も1円も回収できないのでお目こぼしとなっている事が
  多いだけです。申告していない金額で本来税金が発生する
  内容であった場合、そもそもこれは「脱税行為」である事を
  ご理解下さい。

3.住民税の金額は先の基礎控除を差し引く前の金額が判断基準となります。
  通常は35万までが非課税控除額となるはずですので、
  給与所得控除65万、及び青色、白色控除後の金額の合算が100万を
  越えなければ住民税非課税となるかと思います。

いずれにせよ、青色申告をする方が得だと思いますので
一度最寄りの税務署に行って署員の方を質問攻めして下さい。
懇切丁寧に教えてくれると思いますよ

投稿日時 - 2018-02-02 07:02:26

あなたにオススメの質問