こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

福島第一原子力発電所で働く人

福島第一の作業現場で働く人が苦労している、というニュースが時々流れます。
福島第一原子力発電所は東電の持ち物(?)ですが、働いている人は東電以外の人が多いようです。
1.東京電力の人はあまりいないのでしょうか
2.東京電力の人は現場でどのような仕事をしているのでしょうか
3.東京電力の人も現場で作業したりしているのでしょうか
4.現地では、東京電力の人はどのように、例えば偉い人、もしくは悪いことをした人、もしくは尊敬されているか軽蔑されているか、など、どのように扱われている、思われてるものでしょうか。

投稿日時 - 2018-03-03 09:39:41

QNo.9434611

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

東電へ入社する時は最低偏差値、IQ値、幾つだと思いますか? まだまだ一流企業です! そんな人間が生命の危険を冒してまで現場作業するわけないじゃないですか。 全て下請け、孫請け企業の社員です。 これが共産国でもあれば留置場で暇している囚人でも使うのでしょうが、、、。 する仕事といっても本来なら1世紀ほど放置しておけば良いものを避難民が居るがために体裁で現地入りしていますが、それも監視だけです。 更にそれを監視しているのが東電の人間です。

投稿日時 - 2018-03-04 12:01:07

ANo.4

東電の本社の人に聞いたのですが、東電社員全員交代でかなりの頻度で福島に行って地域の復旧作業を手伝っているそうです。その人が福島に行く直前に聞きました。ただ、それを大々的に発表したりすると、売名行為みたいで逆に批判されるので黙ってやっているそうです。
もちろん原発そのものの廃炉作業や放射線が残っているところは知識を持った登録された人が被曝量を管理されながら作業する必要があるので限られていますが。

投稿日時 - 2018-03-03 17:43:18

ANo.3

設備や建物などの構築物を解体したり撤去したり構築するためには専門知識と専門の技能が必要です。
時には建築士のような資格や免許が必用な場合もあります。
一般の企業にとっては構築物を壊すにせよ構築するにせよ一時的なことです。
一時的に必要で日常的には必要がない人間を雇用することはありません。
ただし、東電の発電所のような巨大な構築物を必用とする企業では構築物の安全を確保するために日常的に点検や補修を行っています。
このような業務を日常的に行う従業員を雇用しているケースは多々あります。
一般の企業では一時的に必要である構築物の解体や構築を専門知識や技能をもった従業員で構成されている企業に委託(発注)します。
この構築物の解体や構築を請け負う一般にゼネコンと呼ばれている企業は専門知識をもった従業員は雇用していますが専門技能を持った従業員はごく僅かです。
工務店などと呼ばれる専門技能を持った従業員で構成されている企業があります。
巨大な機械や設備を作っている企業は自社製品を据え付ける専門の従業員を雇用しています。
重量物を取り扱う専門の業者もいます。
ゼネコンは専門技能を必要とされる際にはこれ等の企業に委託(発注)します。
工務店も工事を請け負って実施する際に必要な技能を持った従業員がいない場合は技能を持っている人に委託(発注)します。

ご質問の東電の福島第一原発の解体工事をしている現場には上記したような人達が働いています。
誰から仕事を委託されて誰が賃金を支払っているのかという観点から見ますと極めて複雑な関係で働いていることになります。
一般にこれ等の人達を統括して工事が計画通りに進行しているか否かを常時チェックしている人がいます。
多くの場合はゼネコンと呼ばれる企業の従業員です。
現場の規模によっては工務店と呼ばれる企業の人が務めていることもあります。

東電としては滞りなく工事が進行しているか否かを把握しておく必要があります。
この工事の進行状況を把握する仕事を東電の社員がやっています。
東電の社員は現場を統括してチェックしている人から報告を受けています。
東電の社員が工事に必用な作業を直接指示することはありません。
結果的に福島の現場にいる東電の社員は極めて少数です。
東電の社員がどのように扱われているかというご質問ですが、現場の人達からすれば時々見回りにくる知らない人です。
仕事の邪魔にならない限り無視しています。
東電の社員も現場を統括している人の了解なしに現場に立ち入ることはしません。
通常は現場に仮設された現場事務所の中で仕事をしています。
見回りをするような場合はゼネコンの社員が同行するのが一般的です。
時には現場を統括している人が報告を兼ねながら同行することがあります。

工事現場というのは常に事故と隣り合わせの場所ですので関係者は安全第一で行動しています。
東電の社員であってもこれは変わりません。
安全を脅かすような行動をすれば周囲の人から注意されます。
実際に作業している人の立場からすれば下手をすると自分の身に危険が及びますので東電の社員であろうと遠慮しません。

投稿日時 - 2018-03-03 16:58:29

ANo.2

東京電力は原発事故後、実質的には国営企業になっています。
作業員は放射線を受け続けるので特定の時間働けばそれ以上現場で働くことは出来ません。
ですから東京電力社員だけで作業員を賄うことは不可能です。
様々な会社などから派遣されている人達がほとんどです。

投稿日時 - 2018-03-03 11:43:31

ANo.1

福島原発に限らず、現場作業員に東電社員はあまりいません。電柱に登って作業している人もほとんどは関連会社の社員です。東電の作業着を着ていたとしても、東電に所属しているとは限りません。つまり、東電の社員と言うのは大半が現場作業を経験したことが無いので、ああいうところに行ってもほとんど役に立たないのです。

投稿日時 - 2018-03-03 09:43:35

あなたにオススメの質問