こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「AIやロボットは野菜や肉は切れても料理は作れない

「AIやロボットは野菜や肉は切れても料理は作れない」そうです。

どういう意味ですか?

チャーハンが作れるロボットは既にありますけど。

投稿日時 - 2018-03-13 23:29:07

QNo.9477699

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

キッチンに、腕から先
二本だけ、付いてて
料理するシステム、

紹介されてましたよ?
https://youtu.be/XZlqbX7fedI


食味も、食感も、
プロの、官能試験資格者を
超える域に、至るそうですよね?

過去の、事実な
だけでは?

投稿日時 - 2018-03-14 00:08:02

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2018-03-14 07:25:08

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

さすがにこれは比喩でしょう。料理の話ではない。
「要素となる個々の作業・処理は実行できても、トータルで完成したサービスとしては実行できない」というような意味でしょうが、現状でもある程度のサービスは完全に遂行できていると思います。ロボットホテルとか。まあ、人間が歩み寄っている部分はあると思いますが。

とはいえ、多くの分野ではまだ、要素をこなすだけのケースが多いと思います。

投稿日時 - 2018-03-14 00:30:17

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2018-03-14 07:25:26

ANo.3

動きの再現はできても、味覚や嗅覚、食感をみる触覚のセンサーはまだまだ生き物に追いつけないからじゃないでしょうか。

臭いなんて濃度や混合で、人間にとっては全く違い臭いと感じるそうですから、人間の嗅覚を再現するのはかなり難しいと思います。また、個人差や親しんだ食べ物による差が大きく、「これが一番うまい」とはいえないこともあると思います。

投稿日時 - 2018-03-13 23:49:12

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2018-03-14 07:24:50

ANo.2

この文言を読んだわけではありませんが,恐らく
レシピがある料理はAIじゃなくても作れますよね。
それこそベルトコンベアのある工場でいろいろな食品が作られています。

まだAIをはじめとして機械は 人間の美味しいを理解し切れていないので,
自分で調味料を混ぜて料理を何万回もつくっても,それが成功したのかしっぱいしたのかを判断することができないのです。そのためAIが成長できません。つまり人間の曖昧な感覚を理解できないために試行錯誤できないのです。
味覚をパラメーター化するか,将来味蕾からのシグナルが脳にどう伝わることで美味しいと判断するのか,何万人もの感覚を統合して美味しいを数値化できれば,料理も作れるようにはなると思います。

投稿日時 - 2018-03-13 23:45:39

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2018-03-14 07:24:14

「料理は作れない」って意味ですが、貴方は日本語の意味が理解出来ないのですか?

投稿日時 - 2018-03-13 23:33:20

あなたにオススメの質問