こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

トランプ大統領が米軍の韓国撤退を検討しているとか。

毎日新聞によるとトランプ米大統領は中西部ミズーリ州での資金集めパーティーで、「韓国との貿易不均衡が改善しなかった場合、在韓米軍の撤退を検討する」という考えを示唆したそうです。
会合で、トランプ大統領は対韓関係について「我々は巨額の貿易赤字を抱えているうえ、なおかつ彼らを防衛している。貿易でも軍事でもカネを失っている。そのうえで「北朝鮮との境界に米軍が3万2千人いる。どうなるか見てみよう」と語ったとか。
朝鮮労働党の機関紙は、「南(韓国)の人民が望むのは朝鮮半島の平和と安全を脅かす米軍の無条件撤収だ」とする記事を掲載し、在韓米軍を巡っては、5月にも開催される米朝首脳会談を前に北朝鮮が撤退を要求、米韓に揺さぶりをかけています。

反日・反米国家である韓国から米軍が撤退すると、韓国はいよいよ北朝鮮に併合されることになるでしょうか。韓国がどうなるかは韓国国民が決めることですが、問題は核兵器で武装した隣国が登場することです。日本も安全保障上、核武装せざるを得なくなるのでしょうか。

投稿日時 - 2018-03-16 20:27:23

QNo.9478656

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

毎日新聞の記事の内容がよく分かりませんが読売は下記のように報じています。

公約の柱である貿易赤字削減で韓国など対象国に圧力をかける表向きの狙いとともに、北朝鮮を意識した発言とみられる。米中央情報局(CIA)は、北朝鮮の長期目標を「在韓米軍の朝鮮半島からの撤退」と分析している。トランプ氏は米朝首脳会談の受け入れの決断に際して、CIAの助言や分析を重視したとされる。北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長は「非核化」の条件として、「軍事的脅威の解消」と「体制の安全の保証」を挙げている。

つまりパーティーでのスピーチは単純に在韓米軍を引き上げるという意図ではないということです。
実際に核を放棄するのであれば北朝鮮が望んでいる軍事的脅威の解消をする意志があるということを伝えるアナウンスだということです。
歴代のアメリカ政府にとって在韓米軍に触れることはタブーでした。
トランプ大統領にとっては莫大な駐留経費の負担と貿易赤字は許しがたいことです。
前例などに拘らないトランプ大統領であればこそこれを解消させるためにタブーなど簡単に破ります。
地政学的に朝鮮半島を必要としているのは中国とロシアです。
アメリカにとっては中国やロシアを牽制する意味で韓国が必用でしたが今や必要が無くなったということです。
米国の安全保障の専門家の多くが、はっきりと言うかは別として「米韓同盟はもう長くは持たない」と考えているとされています。
参考
米朝首脳会談、3つのシナリオ「不発」「談判決裂」から「米韓同盟破棄」まで 日経ビジネス 3月10日

ご質問で「問題は核兵器で武装した隣国が登場することです」とされていますがアメリカが非核化を大前提としている以上これはあり得ません。

投稿日時 - 2018-03-17 11:15:45

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-04-01 06:51:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>韓国はいよいよ北朝鮮に併合されることになるでしょうか

歴史上、経済的に豊かな国が貧しい国を併合したことはありますが、逆のケースは存在しません。
トランプ大統領の発言は、遠回しに「北朝鮮が核兵器を破棄するなら、在韓米軍を撤退させることだって考えなくもない」といっているのですよ。在韓米軍撤退にあたっては、北朝鮮の核兵器放棄は絶対条件でしょうね。

技術大国で単独で宇宙に正確にロケットを飛ばす能力を持ち、世界唯一の被爆国としてアメリカに借りがある日本が核武装をするのはアメリカにとって北朝鮮やイランが核武装するよりはるかに安全保障上の脅威になるので絶対に認めません。

投稿日時 - 2018-03-17 14:29:13

ANo.3

>問題は核兵器で武装した隣国が登場することです。日本も安全保障上、核武装せざるを得なくなるのでしょうか。

当然そうなります。しなければ日本が潰れます。好き嫌いの話ではなくなります。

投稿日時 - 2018-03-17 09:51:39

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-04-01 06:49:39

ANo.2

> 日本も安全保障上、核武装せざるを得なくなるのでしょうか。

そうじゃなくて、トランプが次に日本に対してどう言う通商上の脅しをかけてくるかに備えるべくだと思いますよ。
この発言は米韓の通商交渉に合わせてされたもので、発端は例の鉄鋼製品の一方的な関税。韓国はそれに対してEU諸国にように報復を示唆していたので、トランプが脅しをかけたと言うのが正しいでしょう。たしかに国際協調派ティラーソンをクビにして米国が何をするかわからないとか、米朝首脳会談前に韓国に影響のあるカードを握っているなど脅しをかける有利な条件を持っていますが、撤退と言う言葉も使っていないのであくまでもビジネス上の揺さぶりでしょう。同じ条件が日本にもそのまま当てはまるのでトランプの傾向と対策を考えるべき時と思います。
日本は鉄鋼関税に対して殆どの国の報復関税の示唆に対して日本だけお目こぼしを要請して結局ダメ。今こそ国としてきちんと米国に向かい合う時と思います。

投稿日時 - 2018-03-16 23:16:44

ANo.1

 
撤退はしないでしょう
米軍の撤退を望んでるのは北朝鮮と中国です。
米朝の首脳会談が開かれたら北は必ず米軍の撤退を言い出すはず。
 
韓国人はどうかと言うと・・・・何も考えてない
「北と仲良くできた」これだけに酔いしれてる
 
 

投稿日時 - 2018-03-16 21:11:57

あなたにオススメの質問