こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

弁護士の方へ。LINEの書き換えについて。

弁護士の方に質問です。

LINEが書き換えられました。
スマホのバックアップはいつも主人がしてくれていました。
そのため、恐らく離婚したがっている主人が自分に有利に事を進めるためにした事と思っています。

主人にとって不利になることは消されています。
例えば、主人が原因でLINE上でケンカして言い合いになってる部分が消されています。
離婚の原因にもなるお酒の泥酔で失態が多く、10年以上散々悩まされてきました。

そして、私が不利になることは追記されています。
例えば、服毒自殺をした事もないのに、私から主人宛に床に薬をばらまいた写真を送りつけています。それに対して主人からは「急いで帰るから死なないで」との返信でした。
まるで精神が病んでいるかのように装いたいようです。
(法律で離婚が認められる理由の5つのうちの1つにあたる)

このまま離婚を切り出された場合、つけていた日記は捨てられており、私には記憶を辿るものがなく不利な状況です。
サイバー警察にも相談しましたが、ご主人と良く話し合ってと言われ対応してくれませんでした。

【質問】
(1)LINEを書き換えていたと証明することは可能ですか。
(2)また、書き換えられる前のデータを手に入れることはできますか。
(3)犯人を特定することは可能ですか。
(4)どのくらい前の書き換えであれば犯罪になりますか。

以上、ご回答の程よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2018-04-04 06:40:11

QNo.9484884

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

まず、

不正アクセス禁止法から以下引用

> 第五条 何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、アクセス制御機能
> に係る他人の識別符号を、当該アクセス制御機能に係るアクセス管理者及び当該
> 識別符号に係る利用権者以外の者に提供してはならない。

と規定されています。つまり、LINEの管理者から利用権限を与えられているのはあくまでも、『ご質問者様』だけです。バックアップを行うということは『ご質問者様』のIDとパスワードを旦那様に伝えたということですから、不正アクセス禁止法の規定では、残念ながらご質問者様は被害者ではなく、加害者になります。

あくまでも、不正アクセス禁止法の規定上では被害者はLINEの管理者になります。

> (1)LINEを書き換えていたと証明することは可能ですか。
> (2)また、書き換えられる前のデータを手に入れることはできますか。

まあ、LINEの管理者に協力してもらえば出来るかもしれませんが、逆に『ご質問者様』が第三者(旦那様)にIDとパスワードを教えていた事実もLINEの管理者に伝えることになります。

> (4)どのくらい前の書き換えであれば犯罪になりますか。

まあ、書き換え行為云々以前に、『ご質問者様』が第三者(旦那様)にIDとパスワードを教えていた事実が犯罪行為ですが・・

> (3)犯人を特定することは可能ですか。

不正アクセス禁止法の規定では、ご質問者様も犯人に含まれるということになります。

投稿日時 - 2018-04-04 07:50:04

補足

早々のご回答ありがとうございます。

不正アクセス禁止法上では、私が加害者になってしまうんですね。。。
スマホのバックアップをしてもらうときに、LINEのIDとパスワードは伝えてなかったのですが。。。

他の観点での争点は難しいのでしょうか。

投稿日時 - 2018-04-04 12:38:49

あなたにオススメの質問