こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宅建の民法についての質問です。

いつもお答えをくださってありがとうございます!!

宅建の勉強をしています。

民法の過去問でわからない部分がありましたので
質問します。

問題文です。

所有の意思をもって、平穏かつ公然にA所有の甲土地を占有しているBの取得時効に関する次の記述のうち、民法の規定および判例によれば、正しいものはどれか。

選択肢のうちの1つです。

DがBの取得時効完成前にAから甲土地を買い受けた場合には、Dの登記がBの取得時効完成の前であると後であるとを問わず、
Bは、登記がなくても、時効による甲土地の所有権の取得をDに対抗することができる。

全体的に意味がよくわかりませんので、
易しい解説をお願いしたいです!

ヨロシクお願いします❗

投稿日時 - 2018-04-06 17:24:28

QNo.9485719

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは・・・パートIII

プレテストの再確認です。

Aから甲土地を買い受けたCが所有権の移転登記を備えた後に
Bについて甲土地所有権の取得時効が完成した場合
Bは、Cに対し
登記がなくても甲土地の所有者であることを
主張することができる。

〇か×か?・・・ヒントは 時系列 でしたね。

ヒントをもとに肢を再確認します。

Aから甲土地を買い受けたCが所有権の移転登記を備えた後に
  ※1ここ・・・AからCへの譲渡・所有移転登記の後に
Bについて甲土地所有権の取得時効が完成した場合
  ※2ここ・・・Bの時効完成
Bは、Cに対し
登記がなくても甲土地の所有者であることを
主張することができる。

※1には 備えた後に と書いてあります。

なので、※1が先で※2が後
言うのがわかりますよね !(^^)!

え?!・・・わからない・・・そんなバカなはずは・・・

肢を読むときには、必ず頭でイメージするか
または、余白に書く。
日々の訓練
誠実にひたむきに、繰り返し・繰り返し。

これは 鉄板 とお考えくださいね。
これができなければ、当然に合格もない と覚えてね!!

で、あーそーそー、お腹スッキリですよ
でも、わらっちゃう的なのは、どうだろう?
それが、momomin0516さんのやさしさか?
薬みたいな人ですね。

今回のプレ、時間をかけて丁寧にご説明させてください。

そんでもって

1、AからCへの譲渡・所有権移転登記
2、Bの時効完成

この流れ、です。
これから導き出されることは

※BにとってCは、時効完成 前 の第三者にあたる。

ここからは、僕に代わって判例が
momomin0516さんの理解のお手伝いをするよ。

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=53871

エッヘン!、ミーは、裁判太郎です。
florio氏から、解説を頼まれたので、あっという間に説明をする。

判例を解釈し、本肢を考察すると

BとCの関係は対抗関係ではなく
Bは登記なくしてCに所有権を対抗することができる

と考えられるのです。

A→C→Bと順次所有権が移転したに過ぎず
対抗関係は生じていない。

つまりは、本肢は、正しいことを言っている。

もう一度、裁判太郎から説明するっちゅうねんな。
え?今なんて・・・
あー宅嫌士な、それな
あの人は、適当に宅建教えてたから、宅建協会から
クレームがきて、へこんでるちゅうねんな。
florioも励ましたんだが、本人めっちゃへこんでる。
しばらくは
momomin0516さんのご質問には登場できない状態。

ごめん、ちょっと説明飛んだね

※時効完成後の第三者の場合には、対抗問題になる。
 比較して整理しておくこと・・・ちゅうねんな。

今回の2度目の僕の回答、読みづらくなかったですか?
そう感じたのであれば、僕の作戦成功です。

あえて読みづらくして
momomin0516さんの脳を鍛える訓練
も同時にやってみました。

10月の試験までには、必要な知識を詰め込み
それを扱えるようにならなければ、ならない。
自分と問題文と肢だけでの挑戦
ほんとうに大変だと思います。
でも
自分に納得するためには、やるしかないんです。

そのために 裁判太郎さんも協力してくれてます。
主に裁判太郎さんは判例担当、です。
条文担当は、僕florio。

こんな風に僕の独学は、けっこう楽しかったです。
登場人物いっぱいいたから。
独学も悪くないですよ。

なに?
そろそろ終電だ・・・あっ、ほんとだ。
じゃ僕は家に帰るね・・・じゃ。

次も訓練します。
今日のポイントなんだった?

終電が近い・・・それ違う!!!

そうです
※第三者時効完成後の第三者の場合には、対抗問題になる。

投稿日時 - 2018-04-06 19:05:23

お礼

いやいや
ありがとうございます!!

先生、ですね。。。ホンマに

弱点がじわじわと
わかってもらえて?!きてるような。

そりゃそうですよね、
いつも解答をいただいてるんですもんね。

floriographyさん
めちゃながく解説をいただいてホンマありがとう
ございます!!

お時間かかったでしょう。。。

でも、おかげで
比較できましたよー❤️

比較、できてなかったですよ私。

弱点指摘してもらって
添削してもらってる気分です!

いつも、プレテストまで
出していただいて
ありがとうです!!

プレテスト、間違えてましたぁ。。。

でも、解説をいただいて
理解できました。

比較して整理したらあたまに入りやすいんですね?

時系列で
書いてみました。

たしかに、頭のなかで考えているより
わかりやすかったですよ!!

いつも頭のなかで
どーにかしてやろーと
考えてしまってます、、
でも
気付きをいただいてありがたいです!

floriographyさんの
文章よんでいたら
ぷっ
と笑っちゃいます♪

面白い!

気分転換もかねてますね、
本当にありがとうございます!

投稿日時 - 2018-04-06 20:38:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

こんにちわ・・・パートⅣ

宅建士受験の勉強、お疲れ様です。

最近おもしろかったことベスト3

について、回答させてください。


第3位

買い物、ですね。

中国の安い腕時計など、とにかく安い物をみつけ買う。

このとき、500円以上ならば買わない。

気が付けば、自分の周りには中国製品がたくさん。

安い商品をみつけるのが、おもしろいです。


第2位

趣味的なことです。

カメラを持って自転車で出かけ、いろいろ撮りまくる。

など  

出会いがあることがあるんですが

それが、面白いですね。


第1位

OKWaveでの宅建の勉強です!

僕は独学だったので、仲間が初めてできて

おもしろい、と素直に純粋に感じています。

でも、momomin0561さんに対する回答は

いつも "素" なのです。

誤字・脱字も直さないままです。

思たことをそのまま素直に届けます。

自分らしくていい、そう感じています。

そんな回答なので、時間はかかりません。

勝手に手が動く感じだし。

 

とまぁ、ごくごく普通のことが今は面白いです。

僕の場合は、面白いことを自分で探さなきゃ

いけなくて、確かに不運の連続の時もあるけれど

そんなときは、momomin0516さんと

一緒に宅建の勉強をしてると

誠実になれ、なによりひたむきにまれます。

そんなことをいつしか僕は

忘れてしまっていたのですね。



今回もお時間頂いて、ありがとうございます。

何かの参考になれば、自分のことにように

いえいえ、それ以上に幸いです。

投稿日時 - 2018-04-07 11:08:04

お礼

こちらに
お答えいただいて、ありがとうございます!

とっても嬉しいお言葉でした。

カメラで色々撮ってらっしゃるんですね。

自然とか?

私も今日は山にでかけて
たっくさんの自然にふれましたよ。

私もカメラはすきで、
でもこの、今つかってるスマートフォンでだけど
写真たくさんとりました。

自転車でお出かけ、いいですよね✨

私はクルマでドライブ派ですが
自転車は
空気を肌で感じられていいですよね。

雑談に、お答えいただいて、
ありがとうございます。

ホンマ、へこんでる数日間でしたので。。。
嬉しかったです。

いつも宅建の勉強中におつきあいくださって
ありがとうございます!

floriographyさんの
言葉目にしてると、
なんとなく明るくなれちゃいますよ
(*´∀`)♪

ありがとうです♪

また勉強がんばります!!

あ、日焼け止めあまりぬってなくて
やけてもた。。。
やけたら
疲れちゃうんですよねーねむいし。。

でもちょっとだけ
勉強がんばります!!

投稿日時 - 2018-04-07 20:56:22

こんいちわ・・・パートII

判例 と 時系列に整理して考えてみてはいかがですか?

判例
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=53871

時系列に整理すると、あっという間に
あれれ、急に声が・・・遅れて・・・聞こえてくるよ・・・

1、AからDへの譲渡・所有権登記
2、Bの時効完成

という順番です。
そして
BにとってDは 時効完成前の第三者 にあたります。

この場合、判例では
DとBの関係は対抗関係ではなく
Bは登記なくしてDに所有権を対抗することができる
と判断しています。

※A→D→Bと順次所有権が移転したに過ぎず
 対抗関係は生じていない

これを導きだせるか?
が勝負の分かれ目、と思います yo!

・・・ここから、久しぶりにまばたき禁止です・・・

時効完成後の第三者の場合には、対抗問題になります。
比較して整理しておく、必ずやる、いつやるか?
そんなの決まってる 常に です。

・・・まなたき、オケーです・・・

今学んだ 時効完成前後の第三者 についてのプレテスト。

問1
次の場合、肢は正しいか、誤りか?

A所有の甲土地を占有しているBによる
権利の時効取得に関する次の記述は
民法の規定及び判例によれば、正しいか、誤りか?

Aから甲土地を買い受けたCが所有権の移転登記を備えた後に
Bについて甲土地所有権の取得時効が完成した場合
Bは、Cに対し
登記がなくても甲土地の所有者であることを
主張することができる。

必要な判例は、サービスさせていただきます。

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=53871

momonin0516さんは、肢から想像する力がちょっと
弱いのかもしれません。
しかし
日々の訓練で、簡単に克服可能です。
これは、そんなに時間がかからないと思います。
僕が回答する機会がなくても
一緒に訓練しよう・・・よし!

プレのヒントは、時系列で整理する。
必ずやってもらいます。

投稿日時 - 2018-04-06 18:17:11

お礼

いつも解答をいただき
ありがとうございます。

floriographyさんのお陰で、
自分の頭のなかを整理できてます。。。

いつも根気よくつきあって
くださってありがとうございます!

こちらの問いに対してすぐに
答えをだせるって
スゴいですよねーホンマ尊敬、です。

ところでfloriographyさん、
最近おもしろかったことベスト3って
あります?

すみません、脱線して。

ちょっとこのところ私、
不運続きな感じで。。

色々考えちゃってる日々なんですよ。

よかったら
おもしろかったことがあったら
教えてくださーい!

改めて
いつも
時間をとって解答くださって
ありがとうございます!

投稿日時 - 2018-04-06 20:44:45

あなたにオススメの質問