こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

専有部分工事を管理組合理事長が強行実施出来るか

区分所有マンションで専有部分の給水管、排水管の交換工事(共有部分と一体化しない単独工事)を老朽化による漏水を防止する目的として、管理組合の積立金を使用して、また管理組合が借金を組合員にさせて、他の共有部分の給水管、排水管等の工事と合わせて専有部分の工事を行うとの案が、管理組合の総会で、管理組合規約を改定して行うとの案が、(賛成多数(3/4以上)反対者あり)の状態で可決されたと理事長は主張し、(私は専有部分は区分所有者に専有権限があるので、管理組合に権限はないとの主張)そして理事長は専有部分を含む工事契約を業者と勝手に結び、私は工事契約書を見せろと言っても、コピーも渡さない、そして私は専有部分の工事をしていないので、その分の積立金の返還請求をしたが応じていない。専有部分のユニットバスの工事では露出配管となってしまうので、嫌だ、現在のような隠蔽配管を主張したら、それは穴を開けることになるから出来ないと理事長は拒否した。私は給水管はそこにもともと埋まっているものだ、新たな穴をあけるものではないと主張したが、拒否された。それなら、管を修理で交換する必要に迫られたら、直せないではないか、使えなくなるではないかと主張したが、聞く耳を全く持たない。そもそも専有部分をどのように工事するかは所有者の権限である。給湯管等の交換工事は既存の位置で交換するなら、見栄えも悪くならないので、そのように主張したら、それは出来ないと、露出配管でなければダメと理由もなく拒否された。そして理事長は新たな穴をバンバン開ける迂回工事を契約した。建物強度的に問題である。私は法務省に、「専有部分の工事は、専有者に権限があるので、反対者が一人でもいたら、専有部分の工事を管理組合が強硬する事は出来ない」と聞いた。法的に詳しい人の意見を求めます。どの様な法的措置、法律条項により理事長、管理組合を訴えれば良いか。相手は管理組合か理事長か等お知らせください。

投稿日時 - 2018-04-07 17:13:56

QNo.9486082

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

一つは差し止め請求が可能かと思います。
記載の通り専有部分についてはおっしゃる通り基本的には所有者の自由となることが原則かと思います。
ただ、躯体に関することでかつ生活や建物維持などに不可欠なものである場合はその権利も制限されても仕方ないこともあるかと思います。
詳細がわかりませんので確定的なことが言いにくいことではありますが、総会の議事録等の確認ができないのであればそもそも憶測でしか話ができませんのでまずはその確認からでしょうか。
弁護士等に相談されるのが良いかもしれません。

投稿日時 - 2018-04-07 23:42:44

お礼

大変遅くなって申しわけありませんでした。マンション管理組合が専有部分工事を専有者の同意なく行う事が出来ないことを承知で行ったものです。呆れてものが言えないという状況です。裁判所へ訴えます。総会の議事録を送って来ないという事が確信犯的行為です。一応調停に申立てそれから裁判に持ち込もうと思います。給水管、給湯管の交換工事は個人で行う事が出来、また交換工事でなくても他の手法もある話です。躯体構造と一体的になっているものではありません。お礼のあいさつが大変遅くなって申しわけありませんでした。不法行為であるという確信が持てました。有難うございました。

投稿日時 - 2018-05-06 10:36:57

あなたにオススメの質問