こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

仮想通貨と暗号通貨の違い

仮想通貨と暗号通貨通貨って呼び方の違いだけなのでしょうか?

投稿日時 - 2018-04-09 10:08:09

QNo.9486635

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

日本で仮想通貨、あるいは暗号通貨と呼ばれているものは、英語ではcrypto currencyといいます。まあcrypto currencyの訳語として仮想通貨あるいは暗号通貨と呼ばれているのですけどね。
cryptoとは「暗号」という意味なので、本来の訳語は「暗号通貨」です。だから昔っからの古参の人は今でも頑なに「暗号通貨」と呼ぶ人がいます。
しかし、金融庁がcrypto currencyを「仮想通貨」と訳したので、その呼び名が一般的になっているというのがありますね。金融庁の公式文書は全て「仮想通貨」の呼び名で統一されています。

一説には、ビットコインを好ましく思っていなかった金融庁が「この世に存在しない、怪しげなものだ」という印象を世間に持たせるためにあえて「仮想」という言葉を(悪意を込めて)当てはめた、という話もありますね。

なお、電子マネーはあくまで現実に存在するお金(日本円)を電子上で取り扱っているので仮想通貨(暗号通貨)ではありません。

投稿日時 - 2018-04-09 12:02:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>仮想通貨と暗号通貨って呼び方の違いだけなのでしょうか?

「電子マネー」と「暗号通貨」の両方を合わせたのが「仮想通貨」です。

「電子マネー」のiDやEdyは「仮想通貨」です。

「暗号通貨」のBTCやETHやXRPも「仮想通貨」です。

投稿日時 - 2018-04-09 10:30:07

あなたにオススメの質問