こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

民法の問題についての質問です!

こんばんは!
いつもこちらではお世話になり、
ありがとうございます!

宅建の勉強をしています。

民法の過去問でわからないところがあったので質問します。

問題文です。

物権変動に関する次の記述のうち、民法の規定および判例によれば、正しいものはどれか。

選択肢のうちの1つです。

DとEが土地を共同相続した場合で、遺産分割前にDがその土地を自己の単独所有であるとして
D単独名義で登記し、Fに譲渡して登記を移転したとき、
Eは、登記なしにFに対して自己の相続分を主張できる。

こう考えました、

まずDとEが土地を共有している。
共同相続分であるので、
財産は共同相続である。

でも、Dが自分名義で登記し、第3者に譲渡した。

Dの行為は背信的行為であるので(そもそも背信的行為。。。なのか自信ないですが)、
登記がなくとも
他の相続人は、相続分を主張できる。

頑張って、こじつけ。。。で
答えをだしてみました。

どうでしょうか?!考えかたはあってますか?!

お答えヨロシクお願いします。

投稿日時 - 2018-04-12 19:24:46

QNo.9487874

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

考え方は、確かにそれでいいような気がします。

だた・・・残念なお知らせです。
判例も勉強されてください。

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=53697

背信的行為
これも宅建で考えると、悪くない・・・と感じておりますよ!
(。。僕も自信ないいけど)

momomin0561さんの考えを採用し
僕が考察すると

被相続人
  |
 ーーーー
|(1) |
E     D → → →F(4)
↓    (2) (3) ↑ 
↓            ↑
↓ → → → → → →
   (5)

こんなでいいかな?・・・一緒に考えましょうね!

まずDとEが土地を共有している。
共同相続分であるので、
財産は共同相続である。
・・・これは(1)です。

でも、Dが自分名義で登記し、第3者に譲渡した。
・・・これが(2)(3)(4)
(2)
Dが、単独名義で登記をした

(3)
Dは、土地全体をFに壌土

(4)
DからFに、登記移転

Dの行為は背信的行為であるので
登記がなくとも
他の相続人は、相続分を主張できる
・・・これが最後の(5)
   登記なしで相続分を主張できる!

momomin0561さんの考えから、僕はこう考えました。

この場合、Dは、Eの持分について無権利者。
   ↓
DからFへの譲渡は
Eの持分については、無権利者からの譲り受けに過ぎない。
   ↓
登記に公信力がない以上
Fは、Eの持分を取得することができない。
   ↓
Eは、登記がなくても
Fに対して、自己の持分を主張することができる。

※判例も確かにそう言っている。

最近、どうでしょう?
手ごたえを感じるのでは、ないでしょうか?
僕の今回の回答は、めっちゃ楽ちんでしたよ!
momomin0561さんが考えてくれたから、ですよ!!

今日も訓練はお休み、です・・・する必要がないので・・・

どんどんできるようになってますね!
僕もmomomin0561さんに負けないように頑張りますね!

投稿日時 - 2018-04-13 17:28:22

お礼

いつもありがとうございます!
floriographyさん、一緒に考えてくださって
ホンマ感謝しています!!

孤独感なしって
めちゃ大事なポイントですよ
私にとっては。。。

なので、一緒に図をかいて
理解できるようにしてくださっているのが
いつも嬉しくおもいます。

最近ですが
勉強は相変わらずなかなか
進みませんが(*´∀`)、でもわかるところも
ちょっとずつ増えてきました。

でもまだ過去問は一度しか
してませんので
理解が定着したかは
わからないです。

今回はまたまたfloriographyさんの回答で、
そうなのかぁと納得しました!

無権利者だったんですねぇ。
無権利者については
まだまだわかってません!

また勉強中していきますので
ヨロシクお願いします!!

いつもお時間いただき、ありがとうございます!

投稿日時 - 2018-04-14 11:08:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

どうでしょうか?!考えかたはあってますか?!
  ↑
あっていません。

Dは、Eの持分については無権利者だから
です。

わが国の登記に、公信力はないので、登記を信用した
第三者は保護されません。

背信云々は、取得する第三者の問題であって、Dの
問題ではありません。

投稿日時 - 2018-04-12 21:31:49

お礼

お答えくださいまして
ありがとうございます!!

無権利者だったんですね!!
そこにはたどりつきませんでした。
納得しました♪

お時間いただき、ありがとうございます!

投稿日時 - 2018-04-14 11:42:29

あなたにオススメの質問