こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

太平洋戦争を仕掛けたのは、どっち???

 「歴史」というのは、「過去を積み上げて、現在を築き上げていくもの」(私見)だと思います。太平洋戦争にしても、「第一次世界大戦後において、すでに日本とアメリカは闘わざるを得なかった。」というような論評もあったようにかすかな記憶があります。その意味では、歴史というものを理解しない、短絡的で、無意味で、極めてバカバカしい質問だということは覚悟の上で、それでも、あえてこの質問を読んでいただいた皆さんのご意見を伺いたいと思いました。

(1)米国と日本が戦争を最終的に決断した(あるいは、戦争の回避を不可能とした)のは、それぞれいつの時点、あるいは出来事だったのでしょうか???

(2)上記(1)に関連して、早く決断した方が「戦争を仕掛けた」と理解しても良いのでしょうか???太平洋戦争を仕掛けたのは、日本と米国、どっちですか???という疑問です。

(3)この戦争は日本や、日本の軍部が悪いわけではなく、本当に避けられない戦争だったのでしょうか???あるいは双方の国家が成り立つやり方で戦争を避ける方法があったのでしょうか???

 「ご意見を伺いたい」という趣旨ですので、BAは選ばないで、締め切ります。それでもよろしければ、お考えを披露して下さい。お考えを思うままに綴っていただければ有り難いので、(1)、(2)、(3)の順番にはこだわりません。

投稿日時 - 2018-04-15 05:33:13

QNo.9488715

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

NO3です。

対米開戦に関する御前会議は9月6日が最後です。
ご指摘のとおり交渉は継続されました。攻撃が開始された日まで。
なお軍艦が一隻々々出港し、ひとかっぷ湾に集結したのは11月22日。
出港は11月26日。そして「ニイタカヤマノボレ」発信は12月2日です。

米国の本格的戦争準備は出来ていませんでした。
国民も議会も介入には反対でした。
がパールハーバーが参戦の契機になりました。

1942年、陸軍編成、国内訓練開始。
1943年渡英、訓練継続。
1944年上陸準備、6月6日ノルマンデー上陸。
これらは「バンド オブ ブラザーズ」でも描かれています。

海軍は、
1942年、攻撃型空母量産開始。
43~45年、毎年7隻が就航
しています。

ルーズベルトが開戦(欧州戦線)を決めたのは、チャーチルとの
会談時だと思われます(チャーチル「是非、、、」)。
1941年8月14日、太西洋憲章として発表されました。

(ヒトラー、スターリン、チャーチル、ルーズベルト、
 そして日本政府の頭の中を想像し、事実と符合させると
 いろいろ”読めてくる”ものと思われます。
 
 ソ連の戦争準備も整うのは1942年中でした。
 ドイツ電撃戦を目の当たりにし、T34の生産を開始したのが
 41年から。
 それまでスターリンは「独ソ戦」が始まらないよう夜も寝られ
 ないようでした。)

投稿日時 - 2018-04-15 14:31:47

お礼

再度、丁寧にご説明いただきありがとうございました。

ご指摘のとおり交渉は継続されました。攻撃が開始された日まで。……これなんですよね。身びいきするわけではありませんが、日本には、まだ和平の道を探ろうという気持ちがあったのではないか???と。和戦両方の準備を進めるにしても。

米国の本格的戦争準備は出来ていませんでした。……物量の観点からは、すでに準備完了していたと理解しても良いのではないでしょうか???まだ勉強不足ですが、それよりも米国に戦争を回避して、平和的に解決しようという態度がまったく見えていないような気がしています。質問に至った趣旨でもあります。

パールハーバーが参戦の契機になりました。……ということは、「日本が仕掛けた」という理解ですね。私は、確かに戦端を切ったのは日本ですが、「参戦の契機になった。」というよりも、宣戦布告と真珠湾奇襲の若干のタイムラグを大いに「利用された」という気がします。結果は変わらなかったとしても、日本にとっては、「痛恨の失策」という気がします。

そして日本政府の頭の中を想像し、事実と符合させるといろいろ”読めてくる”ものと思われます。……まだ全体像が理解できていません。

投稿日時 - 2018-04-15 15:25:23

ANo.5

1
対日石油輸出全面禁止となった時点で、日本側も「それを口にしたらッ!もう戦争だろうがッ!」となったでしょうし、アメリカ側もそういう可能性が現実的になるという覚悟はあったと思います。
1941年の8月くらいだったかな。
ただアメリカ(ルーズベルト大統領)としては「対ドイツ戦に参戦したい」という思いがあったと思うので、そこから考えると日独伊三国同盟が成立したときに布石はあったともいえますし、満州事変の時点で兆しはあったということもできるとは思います。

2
どうでしょうねえ。どっちがよりイニシアティブをとっていたのかといえば、それは間違いなくアメリカ側だったと思いますけどね。国力・軍事力の差が圧倒的だったというのは日米どちら側もはっきりと認識していたので、アメリカ側としては「殴り合いになったら負けねえよ」というのはあったと思います。

3
避けようと思えば避けられたし、避けられなかったといえば避けられなかったともいえるでしょうね。
アメリカ側が戦争回避の努力をもっと本気になってやれば回避できた可能性は高いと思いますが、仮にあの場面で戦争が回避できたとしても、どのみち日米に緊張関係が生じるのは避けられなかったともいえると思います。

投稿日時 - 2018-04-15 14:05:20

お礼

ありがとうございました。

コメントしません。1~3、どれも納得です。

投稿日時 - 2018-04-15 15:36:43

ANo.4

それほどきちんと勉強していませんので済みませんが、ペリーだって日本の出方では当時江戸を砲撃するくらいの計画は持っていたのではないでしょうか。薩英戦争や下関砲台占拠のように自分の言うことを利かせるために武力を使うというのがシナリオとなりませんか。これが身にしみた日本人は富国強兵に努め、かろうじていくつかの戦争に耐えてきましたが、ついに太平洋戦争でシナリオが完成されてしまいました。どちらが仕掛けたかよりも、そのシナリオのほうが問題だと思っています。今世紀にも全く同じシナリオが遂行されていることはむしろ自明なのでは。沖縄を例に挙げるまでもないように思います。ロシアや中国も同じシナリオを持っていると思います。朝鮮動乱やクリミヤ併合だって、どちらが仕掛けたかは問題ではないことは北朝鮮の場合とも共通ではないでしょうか。

投稿日時 - 2018-04-15 13:12:58

お礼

ありがとうございました。

質問文にも、「歴史」というのは、「過去を積み上げて、現在を築き上げていくもの」(私見)だと思います。……と記述しました。だから、ペリー来航時に、太平洋戦争のシナリオが描かれていたというのであれば、それを教えて欲しいという意味です。単に「武力行使」ということではなくて。

どちらが仕掛けたかよりも、そのシナリオのほうが問題だと思っています。……どちらが問題ということではなくて、太平洋戦争のとっかかりのことが知りたかったのです。これが分からないと、先に進めない、後の出来事をいくら書籍で読んでも、上滑りになりそうな気がしているのです。私にとっては、質問のことは重要なのです。

投稿日時 - 2018-04-15 13:34:09

ANo.3

日米開戦はどちらのせいか、ですね。

中国(蒋介石政権)は米国の対日参戦を望んでいました。
ソ連(スターリン)は一速い日米開戦を望んでいました。
 極東からの二正面作戦を避けたいからです。
英国は米国の欧州戦線参戦を望んでいました。
そこで米国はABCDライン(実質は米国)により対日強硬
 路線を行います。最強硬は「石油禁輸」です。
 日本は英仏がガラ空きに近い「南下」を目指します。
 もうこれで一触即発です。日本も対米戦やむなしです。
こういう中、米国国務長官ハルが中国撤兵を要求してきます。
 そこで9月、日本は開戦を決定します。
 それは12月8日、真珠湾の米海軍攻撃でした。
 この頃モスクワにはドイツ軍が迫っていました。

つまり「手を出した」のは日本。
出させたのは米国ルーズベルト。
日米が戦争となります。
 そして米国は欧州戦線に参戦します。欧州がメインと。
 ヒトラーが米国に宣戦布告してきたからです。「これで
 米国は二正面作戦だな、苦しいだろう」と。元々米国の
 介入は織り込み済みでした。
 しかし太平洋の戦いは海軍の戦いであることをヒトラーは
 知りませんでした。
 独ソ戦がほどなく「泥沼」になることも知らず、、、、、。

投稿日時 - 2018-04-15 12:48:06

お礼

ありがとうございました。

そこで9月、日本は開戦を決定します。……この時点では、まだ、「戦争の準備もするが、日米交渉も続ける。」ということで、「開戦は明確に決定されていなかった」と理解していたのですが。それに日本はギリギリまで交渉を続けていますよね。

つまり「手を出した」のは日本。出させたのは米国ルーズベルト。……ということは、米国のほうが開戦を早く決めていたということでしょうか???そうだとすれば、それはいつ頃だと考えますか???

投稿日時 - 2018-04-15 13:16:55

ANo.2

いままでいろいろ書かれたもので、契機やなにかはいろいろ報告されています。
だれを主語として観察するかで評価は変わってきます。

少なくとも、アメリカの大義名分は、宣戦布告なしに真珠湾攻撃をした日本がケダモノということになっています。で、それは正しいのです。そういう人の道にはずれたことをする低レベルの連中だからほろぼしてもよかったけど、原爆二つでやめて生かしてやったんだ、どうだ素晴らしい国家じゃないか。そういう言い分でしょう。

それを日本からいわせると、そもそもハルノートってなんだ、何もできませんしませんというような承知できないような難癖をつけてきたら、こちらは攻撃するしかないじゃないか。しかも真珠湾攻撃の報告を受けたルーズヴェルトは「しめた」と抜かしたのはなぜか。自分のワナにはまりゃがった、と人種差別をしたんだろう、これに命がけで闘うのは当然だ。

そもそも人種差別が問題であって、欧米が中国大陸や東南アジアを勝手に占領して植民地にし貪り食ったじゃないか、それをアジア民族が反抗するのはあたりまえじゃないか。日本はこれらの国をまず独立させたい。

まあ、そもそも欧米が気に入らないのは日本が独立国家として自分らに肩をならべて発言することが黄色人種のくせにきにいらないということだったんでしょう。
その原因は日露戦争の勝利です。あれは、そもそもロシアの国ががたがたになっていて、ロシア革命が寸前だった。そこにつけこんだイギリスが金を出し日本を躍らせて戦争させたんです。さらにロシアががたがたになったのはよいことだとして、日露戦争に勝って偉そうにしだした黄色人種が、英国も含め気に入らなかったのです。

事態はすべて人種差別から発生していると私は考えます。

投稿日時 - 2018-04-15 12:07:01

お礼

ありがとうございました。

だれを主語として観察するかで評価は変わってきます。……「主語」によって評価が変わるのではなくて、「評価する人」の考え方によって、「これが真実だ。」というものが変わってくるのだと思いますが、ご回答全体が、私の質問の趣旨ではありません。

投稿日時 - 2018-04-15 12:33:04

ANo.1

私は黒船来航から始めたらどうかと思います。現在に至るまでアメリカの描いたシナリオで来ているように思います。

投稿日時 - 2018-04-15 08:13:06

お礼

ありがとうございました。

黒船来航から始めたらどうかと思います。……???何を始めたら良いのでしょうか???黒船来航時に、日米のどちらかに太平洋戦争を決断させる何かがあったのですか???

アメリカの描いたシナリオ……どんなシナリオがあったのでしょうか???そのシナリオを示す文献はありますか???

投稿日時 - 2018-04-15 12:00:57

あなたにオススメの質問