こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

家計のやりくり、将来が不安です。

いつもお世話になっております。
5ヶ月前に結婚し、2年半務めた会社を退職し、専業主婦となった25歳です。
家計を私が握ってますが、貯金に関して不安があります。

貯金に関する記事等を検索してよく調べていますが
特別費やもしものときの生活費、老後の貯蓄などさまざまな項目で貯金されているのをよく目にします。

これから出産・育児や家の購入等を考えると、どこまで備えていれば良いのか悩んでしまいます。

現時点で貯金の内訳は以下の通り設定していますが、これらすべての項目に対して貯蓄できるのか、項目が足りているのかとても不安です。

※結婚式費用については10月に挙式があるため、最優先で貯金しています。
※現在賃貸住宅に居住しており、旦那と私の二人暮らしです。

●結婚式費用結婚式の資金
●出産資金出産時の資金
●住宅資金持ち家の頭金
●冠婚葬祭費他人の結婚式、葬式、出産祝い
●交際費母の日、父の日、お歳暮、介護
●仕事費旦那のスーツ、靴下、セーター、ネクタイ
●記念日費結婚記念日、誕生日
●レジャー費旅行
●教育費子供の教育費積立
●老後費老後の貯蓄
●もしもの生活費病気、退職等に伴う生活費
●カード年会費
●iphone機種変更費
 (旦那が新しいもの好きなためどうしても欲しいとなった時に備えてます)
●住宅更新・退去費
●新居家具・家電費仮に家を購入した場合に揃える家具類

家計の状況は以下の通りです。
収入:25万円
固定費:16万円
生活費:4万円
貯蓄:5万円

また、私自身が働きに出ればこの不安は解消できるかと思いますが、旦那が外で働くことをあまりよく思っておらず、内職等を勧められています。
しかし現実は内職では費用対効果があまり望めないと考えており、実行に踏み切れていない状況です。
もともと株式投資をしており、私の働いていた時の貯金で運用していますが、毎月確実な収入として大きな額を増やすことは難しく、実質現在の収入でやりくりする必要がある状況です。

恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2018-04-18 15:38:20

QNo.9489864

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

おめでとうございます。

貯蓄額をみるとかなり堅実な家計だと思います。
ただ、リスト全部に今すぐ備える必要はない、というかそれは難しいですから
優先順位を決めてみてはどうでしょう?
もしもの生活費病気、退職等に伴う生活費として給与3ヶ月分あれば
とりあえずしのげるでしょう。また年間収支の中で予算化したいものはレジャー費や記念日、冠婚葬祭交際費です。
他はざっくりと元手を貯めつつ、ある程度まとまった時点で将来の用途に振り分ける、あるいは投資に回すなどでもいいと思います。

新居家具・家電もそうですが自動車など定期的な買い替えが必要な耐久消費財については、毎月積立預金をしておいてそれから購入予算を取ると慌てずにすみます。長持ちさせればそれだけ残るおカネが増えるのも楽しみです。

他は貯蓄で備える分と保険(私的・公的)に頼ってもいいものに分けて考えたほうがいいです。人生の3大資金は、住宅・教育・老後と言われています。そのことにすでに着目しているのはとてもすばらしいです。ただいずれも10年~30年といった長いスパンで計画するものですから、当面は今やっておられる勉強やリサーチに当ててもいいと思います。ご自分たちに合った貯め方使い方が見つかるといいですね。ステキなお式になりますように!

投稿日時 - 2018-04-18 17:34:21

お礼

ご回答ありがとうございます。

たしかに優先順位が決まっておらず、全部について今から備えようとして不安になっていることに気づきました...。
優先順位を決めて備えていこうと思います!

また、自分たちに合った貯め方・使い方が見つけられるよう勉強していこうと思いました。
少し冷静になって考えてみようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-04-18 18:10:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

普通に会社員やっている限り、これで充分とはならないでしょうから、その時々に可能な範囲で適度にやっていくしかありません。
固定費と生活費なんて大雑把な分類ではさっぱり分かりませんが、無駄な部分を省き、必要な部分には資金を振り向け、うまい事やって下さい。

投稿日時 - 2018-04-18 16:45:51

お礼

ご回答ありがとうございます。
固定費には家賃、光熱費、クレジットカード、旦那の小遣いが含まれており
生活費には食費、日用品、服飾費、医療費などが含まれております。

「可能な範囲で適度に」ですね。
必要な時に必要なだけ貯めるしかなさそうですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-04-18 17:04:52

特殊技術でもない限り、内職より外のパートの方が割りがいいです。

投稿日時 - 2018-04-18 16:31:22

お礼

ご回答ありがとうございます。
やはりそうですよね…。ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-04-18 17:02:54

あなたにオススメの質問