こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

すぐ女の味方をする男っていやらしくないですか?

私は男ですが、疑問に思うことがあり質問をします。

誰かと誰かがもめることは珍しくありませんが、
男と女が揉めたとき、第三者がそこに入った場合、事情もよくしらべないで
女の側の言うことをそのまま鵜呑みにして、男のほうを非難する男たちがときどき
いて、私はそういう男たちに女々しさのようなものを感じることがあります。

男と女がもめた場合、男性側の主張と女性側の主張がまったく違うことがあります。
ときには女の側が自分を有利にするために、嘘をついて揉めた男を実際以上に
悪く言う場合もありますし、詳しく事情を知ったら、悪いのは女のほうだったと
いうこともあり、私も被害を受けたことがあり、いまだに腑に落ちません。

恋愛とか仕事などとかの状況は問わず、男と女が揉めたとき、男性側の主張を
知ろうとせず、女性側の主張を鵜呑みにして女性の肩を持つ男って
なんか「いやらしい下心のようなもの」さえ感じますが、どう思いますか?

投稿日時 - 2018-05-17 00:21:58

QNo.9499175

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

男は力が強いので感情が高ぶり、暴力を振るいそうに見えたら、
とりあえず女性の味方をするかも。
男が冷静に怒っていたら、とりあえず話を聞こう、となるのですが。

とりあえず女性だから、と言うだけで男性の話も聞かない、
そんな人間は尊敬できないと言うか、軽蔑対象ですね。

投稿日時 - 2018-05-17 09:05:49

お礼

>とりあえず女性だから、と言うだけで男性の話も聞かない、
>そんな人間は尊敬できないと言うか、軽蔑対象ですね。

すぐ女の味方をする男が「軽蔑対象」となると、いやらしいということ以下ですね。

男性側が冷静にしているのに、男性側の話も聞かず、女の味方をする男は
まわりから軽蔑されているかもしれないですね。

投稿日時 - 2018-05-17 10:28:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

二回目の回答です。

相談者さん、追記をありがとうございます。

>>自分の好きな人、お気に入りの人、の肩を持つような人間だらけですが、
>>まあそれが人間ってもんなのかな~とも思います。

>このようなことは納得できるのです。

>ただすぐ女の味方をする男って、なぜか「普段はいい人を演じている」人
>が多いような気もします。

> 真面目にみえてドスケベだとか。


そういう男性にとっては、「 女の味方をする = いい人 」という図式が頭にあるのでしょう。
古い意味でのフェミニスト?というか…。

「女性は男に比べて弱いから、弱い女の味方をする、いい人の自分!」
って感じなのではありませんか。

もちろん、スケベ心もあるかもしれませんが、毎回あるとは限らないでしょうね。とにかく「女の味方でいたい」という気持が強いのだと思います。
あるいは、「女に好かれたい」とかね。

たまにいるでしょ、「男に好かれたってどうしようもない」っていう男性。
そういうタイプなのではないでしょうか。

一番いいのは、ご本人に質問してみることだと思います。

「いつも問答無用で女の味方につくよね。なんで?」って。

投稿日時 - 2018-05-18 07:45:22

お礼

>「いつも問答無用で女の味方につくよね。なんで?」って。

たぶん本心を知られたくなくて、質問してみても、ちゃんと答えはかえってこないと思います。

投稿日時 - 2018-05-18 10:39:25

ANo.9

双方の普段を知る人だったらどうかわかりませんけどね。
取り敢えずその場を収めるために言うこともあるでしょうし。
ただ男女問わず一方の話だけを鵜呑みにするのは、やはり如何なものかなと思います。
耳を疑うような嘘をつくのは性別関係ないですから。
卑怯な人は特にそうですが、本人のいないところだったら何でも言えますしね。
私も言った者勝ち的な男女の大嘘で被害に遭っているので・・

投稿日時 - 2018-05-17 16:26:34

お礼

>ただ男女問わず一方の話だけを鵜呑みにするのは、やはり如何なものかな>と思います。
> 耳を疑うような嘘をつくのは性別関係ないですから。

そうです。耳を疑うような嘘を平気でついて、のうのうとしている人には
呆れます。

投稿日時 - 2018-05-17 18:22:12

ANo.8

きっとその女性によく思われたい、という気持があるんでしょうね。

それを「いやらしい下心のようなもの」というのかもしれませんが、下心自体は人間の普遍的な感情ですから、まあ仕方がないのではありませんか。

女性でもいますよ。
男性と女性がもめている場合、すぐに男性の見方をする女性が。
その場合の「いやらしい下心のようなもの」は、やはりその男性によく思われたいから、男性側についた方が何かと安全だし得だから、です。

そう、こういったことはあまり男女関係ないのです。
例えば、AさんBさんがもめていた場合、話も聞かずとりあえず強い側につく、という人間は多いです。会社組織では、結構な割合でいると思いますよ。

女の味方をする人、男の味方をする人、強い側の味方をする人。
これらすべてに言えることは、そういう行動をする人は、「自分の利益を一番に考えている」のだと思います。

たとえば、会社の利益を一番に考えている人なら、双方の意見をちゃんと聞き、ベストだと思える結論を導き出そうとするものです。
それが出来る人が、社会人としても人としても好ましいのですが、なかなかお目にかかれないように思います。

自分の好きな人、お気に入りの人、の肩を持つような人間だらけですが、まあそれが人間ってもんなのかな~とも思います。

投稿日時 - 2018-05-17 13:12:23

お礼

>自分の好きな人、お気に入りの人、の肩を持つような人間だらけですが、>まあそれが人間ってもんなのかな~とも思います。

このようなことは納得できるのです。

ただすぐ女の味方をする男って、なぜか「普段はいい人を演じている」人
が多いような気もします。

真面目にみえてドスケベだとか。

投稿日時 - 2018-05-17 18:20:34

ANo.7

それが事実なら、その通りじゃないですか?
それで「いい人」認定する女性も、いるんでしょうね。
ただ、まともな女性は、そういうズルさも、ちゃんと見てると
思いますが。

投稿日時 - 2018-05-17 12:00:57

お礼

そうですね。

投稿日時 - 2018-05-17 18:17:34

ANo.6

いい悪いはまったく別にして、女性というのは感情に支配される生き物です。もし女性の味方にならなかったら「私の味方になってくれなかった」というネガティブな感情が女性には残ります。「客観的判断として、私が悪かった」なんて思うような出来たお嬢さんはなかなかいません。
そしてその女性にネガティブなイメージを持たれたら「あの人は男尊女卑だ」などとレッテルを貼られてしまいます。そしてここからが重要ですが、このような情報は速やかに同じ女性たちの間で共有されます。

かくして、関わった女性は一人だけにも関わらず、なぜか他の女性からもネガティブなイメージを持たれてしまう結果となります。「女を一人敵に回すことは、全員を敵に回すことだ」というアレですね。

一方、もし一方的に女性の味方になって理不尽な思いをさせてその男性が敵に回ったとしても、それが他の男性まで伝播するということはほとんどありません。あくまでネガティブな感情を持たれるのはその当事者たる男性一人です。

ここまでくれば、仮にどのように女性側に非がある案件でもとりあえず女性の肩を持っておいたほうが自分が失うものが少なくて済む、というのがご理解頂けたかと思います。
もしそれでも質問者さんの味方になるとしたら、質問者さんに人事決定権などがあってゴマをすっておくと何か見返りが期待できるような場合でしょうね。

女性専用車両に対する見解とかがそうですね。自分の思想はさておき「女性に痴漢をする男が悪い。女性専用車両は当然のことだよ」といっておいたほうが女性を敵に回さずに済みます。
女性専用車両を批判する男性で、モテてる男性なんて見たことがないでしょ?

投稿日時 - 2018-05-17 12:00:05

お礼

>女性専用車両を批判する男性で、モテてる男性なんて見たことがないで>しょ?

これはそうですね。

投稿日時 - 2018-05-18 10:41:01

ANo.5

トラブルが起きた際、親身になって話を聞いてくれた人と、ぐぐっと距離が近づくことはあるかもしれません。
ですから、いやらしい下心を持って、その場を利用しようとされるかたもいらっしゃるでしょう。

ただ、もとより女癖が悪いタイプではない場合。
こちら側からは、面倒くさいんだろうなあと映ります。

とりあえず、はいはいわかりましたという姿勢でいれば、女性は溜飲が下がるだろう。
仮に女性に非があったとしても、納得させることが面倒臭いので、とりあえずは女性の味方をして場の鎮静化を図りたい。
話し合いもできない人間なのだと、馬鹿にしてるんだろうなあと。

人に良く思われたいという気持ちもそこにはあるのかもしれませんが、むしろ、何も解決できない人間ですよね。
ならば、簡単に自己アピールできる場だと考えている可能性もありそうな気がします。
いずれにせよ、好感度は低いです。

投稿日時 - 2018-05-17 11:36:44

お礼

>人に良く思われたいという気持ちもそこにはあるのかもしれませんが、む>しろ、何も解決できない人間ですよね。

>いずれにせよ、好感度は低いです。

この質問をしてみて、「すぐ女の味方をする男はいやらしい」どころか、
それ以下の低い評価があることがわかりよかったです。

回答者様もお書きのように、すぐ女の味方をする男は好感度が低いと思います。

投稿日時 - 2018-05-17 18:17:11

teylpaw様

★回答者(婚活、人間関係、専門家)の「NISHISHINJUKU」と申します。私は東京で長年、結婚相談所をやって来た経験を活かし専門家としての立場で客観的に回答させて頂きます。

❶<確かに存在する、その手の男たち>・・・

✚います!います!・・確かにいますね!その手の”いやらしい”男たち・・・

*見え見え、なのですが馬鹿の一つ覚えの様に、そういう言動が「受ける」と勘違いしている連中が・・軽いですね!


❷<私が回答するまでもなく>・・・

✚「恋愛とか仕事などとかの状況は問わず、男と女が揉めたとき、男性側の主張を知ろうとせず、女性側の主張を鵜呑みにして女性の肩を持つ男ってなんか「いやらしい下心のようなもの」さえ感じます。



A)ごもっともですね! 語彙が素晴らしくて感心してしまいました!(笑)


❸<マジに言えば、心理学的には>・・

✚「無意識の中で」本能的に女性の見方であることを示す属性を表す事に依って・・「僕は君の味方だよ!」という盲目的な価値観を表示する、行動と言えましょう・

*問題なのは、最初の「無意識の中で」本能的に・・・という件で、決して強く意識していない中にも、「盲目的」にそういう、いやらしい言動に出てしまう・・という事です。

*本当に女性にモテる男が取る態度ではない・・と言う点で、女性の中にも、少々賢い人なら、直ぐに見破る事が出来る軽薄な言動ですね!

(PS)
★ちなみに「ダリア」の花をテーマ写真にしている理由は、同じダリアでも、
これだけ種類がある様に人間も無限な「10人10色」を象徴してます。

★たまたま、今の瞬間に於いては、私は専門家回答者ランキングTOP(下記URL参照)におります・・・少しでも参考になれば、「お礼コメント」と「ありがとう」をクリック頂ければ励みになりますので、追加質問等があれば、ご遠慮なくお願いします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

参考URL:https://okwave.jp/ranking/professional/month

投稿日時 - 2018-05-17 11:02:37

お礼

>✚います!います!・・確かにいますね!その手の”いやらしい”男た>ち・・・

>*見え見え、なのですが馬鹿の一つ覚えの様に、そういう言動が「受け>>る」と勘違いしている連中が・・軽いですね!

>*本当に女性にモテる男が取る態度ではない・・と言う点で、女性の中に>も、少々賢い人なら、直ぐに見破る事が出来る軽薄な言動ですね!

軽いですよね。
なんかさえないというか、モテない男、あるいは結婚してても奥さんとうまくいってない男ほど、そういう軽い手段を使って自己アピールをするような傾向があるようにも思います。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-05-17 12:05:15

ANo.2

あなたはいやらしいって思うんじゃない?

投稿日時 - 2018-05-17 07:23:31

ANo.1

男です。
私は直接被害は受けたことはありませんが、同じ様な状況は少なからずありました。
見ていてとても不愉快です。
女性によく思われたいのでないか?とか
女性を擁護する自分に酔っているのでないか?など考えてしまいます。

多くの場合、当事者同士では収集がつかないので第三者が介入する事が多いと思うのですが、その第三者が公平でないのであれば何も意味がないと思います。
無条件で女性を擁護する第三者が原因で事態が悪化した事もありました。

ただ、逆に男性が擁護され女性の意見が一方的に否定されている事もあったので、結局のところ擁護する側とされる側の関係値の問題なのかと思います。

何にせよ、片方の意見を無条件で鵜呑みにして、もう片方を責めるのは不愉快です。

投稿日時 - 2018-05-17 00:45:59

お礼

>何にせよ、片方の意見を無条件で鵜呑みにして、もう片方を責めるのは不>愉快です。

誰かと誰かがもめている場合、両方の意見を聞かないと、不公平ですね。

投稿日時 - 2018-05-17 10:24:56

あなたにオススメの質問