こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

気象予報士の資格を活かすには

気象予報士の試験に合格はしたのですが、合格の前後で何か変わった、とも思えません。
先日、会社の人に「実は気象予報士なんだよ」といったところ、「へー、じゃ明日のこの辺の天気は?」と問われてネットを見ていると、なんだあ、となりました。

専門の会社に勤めている人は別にして、予報士の資格をこのようなことに生かしている、ということがありましたら教えてください。

投稿日時 - 2018-05-26 07:20:54

QNo.9502018

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず気象予報士というのはイメージとして「天気予報ができるひと」としかおもわれないのが普通です。そして、会社が天気に関する情報を売って商売しているのでない限り、別に必要な資格とはみなされないのが当然でしょう。

だったら、天気に関する情報で商売する企画をあなたがたてて会社上層にプレゼンすればいいんじゃないでしょうか。

仮にヒョウが降ったらその段階で農作物は甚大な被害をこうむります。
これは台風と同じで必ず来るとは断定できませんが、危ないぞというのは気象予報士ならわかります。もし知れたとしてスーパーマーケットなんかに葉物を仕入れたほうがいいというコンサルができたら、会社の信用は大幅に増します。

長期的に柑橘系があぶないんじゃないかと判断したら、カリフォルニアとかペルーに輸入をふやす発注をかける計画ができるなら有効じゃないですか。

なんでもそうですけど、資格があるからこれで人が大事にするだろうというのは単なる皮算用であって、そんなことはありません。

自分が得たこの資格は、情報さえ把握できたらこんなこともできるこういうサービスも可能だと知らしめて大事にしてもらうのが正しいのと違いますか。

ちなみに私はAI系の仕事もしていますが、こういう気象情報で農産物の収穫予測と危険をAIで判断するなんて言うことをしています。直接は気象情報センターの気象観測データのテラバイトの情報を使いますが、気象予報士の意見はあまり無駄なことにはなりません。

投稿日時 - 2018-05-26 22:34:36

お礼

>自分が得たこの資格は、情報さえ把握できたらこんなこともできるこういうサービスも可能だと知らしめて大事にしてもらうのが正しいのと違いますか。

防災に絡めて、考えてみようと思いました。

投稿日時 - 2018-05-27 07:33:24

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

資格って、自分がやっているないように関わっていなければ、何にも役に立ちませんから、意味がないものなんですよ。
意味がない仕事でしたら、変わらないわけです。

会社の事務員やってる人が、医師免許持ってます。っていったって、給料が上がるわけじゃないでしょう?

その仕事と関係のある資格じゃないと、意味がないんです。

投稿日時 - 2018-05-27 21:37:26

ANo.2

天候の影響を受けやすい業種だったら役立つ資格です。
サービス業 販売業 レジャー関連・・・
天候による売れ行き予想をして 仕入れ 仕込みに反映する。
コンビニでも雨の降りそうな日は 入り口近くに傘を出している みたいな。
降ってる じゃなくて 降りそうな日 。

投稿日時 - 2018-05-26 10:28:35

ANo.1

  こんにちは
  先日のTV番組ではある市役所の事を放送していました。
 これから雨が多い季節になり、ゲリラ豪雨に対する対策を
 気象用報士の資格を持つ人と、会議している事でした。
 雲がどのようにその地域に来て豪雨がどこに降るかとか
 被害を少なくするにはとか、効果があるようです。
 時期が過ぎると普通の仕事をしているそうです。
 かなり難しい試験を合格しているのですから人事部や
 総務部に資格取得を届けると良いと思います。
   参考までに。

投稿日時 - 2018-05-26 09:39:29

あなたにオススメの質問