こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドライヤーを風呂に放り込んでも15Aだから!?

大やけどしていってーってなるだけですか?
昔、なんとなく死にたかった時に試してみようと思ったことがあり
思いとどまったのですが、

この場合でも通常家庭用コンセントからだと15Aだから
その電流がながて50A以上ないとしなないから
しねないでケガしただけだったんでしょうか?

教えてくださいよろしくお願いします。

コンセントは差し込み口ごとに15Aなのか、合わせて15Aなのか
http://kaden.pcinformation.info/socket/limit-15a.htm

投稿日時 - 2018-06-17 18:30:24

QNo.9509301

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

私は、工業高校も電子科でしたし、専門学校も電子工学部でしたので感電についての勉強も一般の人よりもしてます。

人間が感電死するのは100mA(0.1A)の電流が流れるだけで充分とされてますが、オームの法則でI(電流)=(電圧)E/(抵抗)Rのように電圧が100Vなら人体の抵抗値が1kΩ(1000Ω)くらい低くないと感電死するような0.1Aの電流は流れないです。

しかし、人体の皮膚は乾いてる時は1MΩ(100万Ω)くらいの高い抵抗値があり、汗などで湿ってくると10kΩ(1万Ω)くらいに抵抗値が下がってきますが、それでも100Vの電圧では10mAほどの電流しか流れないです。

一般的に、ピリッと感じる感電は1mAくらいの電流で10mAも流れる感電は痛く感じますが、感電死するほどではないので確実に感電死するには1kV(1千V)くらいの高い電圧が必要と思われます。

確かに、浴槽の中ですぶ濡れ状態になると、人体の抵抗値は10kΩよりも低くなり100Vの電圧でも危険であることは間違いないですが、即死するような感電死には100Vの電圧では低いです。

また、一般家庭の分電盤には漏電ブレーカーが付いてますので、お湯や水が入った浴槽の中に通電されてるドライヤーを入れたら漏電ブレーカーが働いて電源を遮断しますから、浴槽で感電死することは100Vのコンセントでは難しいです。

投稿日時 - 2018-06-17 19:53:33

お礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2018-06-17 22:31:30

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

通常ですとホームパネル(分電盤)に漏電遮断器が設けられていますので、
ドライヤーをお風呂に放り込んだ時点でドライヤーの通電部から漏電
電流が流れますので、漏電遮断器が漏電電流を検知しトリップ(開動作)
します。
なお、漏電遮断器は安全のため、検知して動作時間するまでの時間が
0.1秒以内と早く動作するように作られています。

これにより家全体が停電状態になりますので、コンセントからドライ
ヤーの電源プラグを抜き、ドライヤーを引き上げます。
この後、ホームパネル(分電盤)のある場所に行き、漏電遮断器の把手
を一度切方向に押し下げます。
さらに把手を上方に引き上げて入状態にして復電します。
なお、ドライヤーは故障状態(絶縁不良)になっていますので、再使用
せずに廃棄することをお勧めします。

投稿日時 - 2018-06-17 21:54:51

お礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2018-06-17 22:31:15

ANo.4

それくらいの電流でも死ぬことがあるのは事実。
ただし、その人の健康状態に依るところが大きい。

投稿日時 - 2018-06-17 20:06:47

お礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2018-06-17 22:31:23

ANo.2

1Aでも人は死にますよ。記憶が曖昧だったので、ちょっと調べてみたら100mA でも感電死しますね。
筋肉は微弱な電気で動いていますから、そこに100mAも流したら、筋肉がショートして焼き切れちゃいます。心臓も筋肉の塊ですから心臓に電気が流れたら、そのまま死んじゃいますね。

投稿日時 - 2018-06-17 19:14:20

お礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2018-06-17 22:31:36

ANo.1

家には電気の供給元となる場所が一箇所あり、そこにはブレーカーというものが設置され、それを経由して各部屋のコンセントにAC100Vを分配しています。
アンペアはそのブレーカーの最大値となるので、コンセントごとに15Aではなく合計で15Aとなります。
※15Aという数値は契約によって変わります。

使用している電気製品が何らかのトラブルでショート(短絡)するとブレーカーの仕様以上の電流が流れることになるので自動的に電気の供給を遮断します。
つまり、家中の電気が使えなくなるということ。
そうなった場合はブレーカーを正常な状態に戻せばいいのですが、それでもすぐに遮断する場合はショートの原因を取り除いてから再度行います。

AC100Vというのは指先で触れると手首かせいぜい肘までビリビリする程度です。
ですが、心臓の近くで感電すると心臓麻痺の可能性が高くなります。

ドライヤーを水を張った風呂に落とすとショートして数秒後にはブレーカーが落ちて電気は遮断されるでしょう。

投稿日時 - 2018-06-17 18:53:56

お礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2018-06-17 22:31:42

あなたにオススメの質問