こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

地学の問題を教えてください。

日本のある地点で、ある日の午後8時から北斗七星を観測した。北斗七星のある一つの恒星に着目すると、午後8時からある時間経過した時、この恒星は天球上で北極星を中心に45°回転した位置に移動していた。このことに関して正しい説明は以下のうちでどれですか?

(1)この恒星は午後11時に午後8時に観測された位置から天球上で北極星を中心にして時計回りに45°回転した位置に観測された。
(2)この恒星は午後9時30分に午後8時に観測された位置から天球上で北極星を中心にして時計回りに45°回転した位置で観測された。
(3)この恒星は午後11時に午後8時に観測された位置から天球上で北極星を中心にして反時計回りに45°回転した位置に観測された。
(4)この恒星は午後9時30分に午後8時に観測された位置から天球上で北極星を中心にして反時計回りに45°回転した位置に観測された。

投稿日時 - 2018-06-24 20:29:38

QNo.9511735

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず着目するのは
>この恒星は天球上で北極星を中心に45°回転した位置に移動していた。
の部分かと思います。天球は24時間で一周するわけですから、1時間あたり15度回転します。
問題では45度動いたとなっているわけですから、午後8時から3時間後、つまり午後11時になるわけです。

更に南の空は、太陽が東から上り南の空へ上がり西の空に沈む 時計回りになりますが、、、
北の空は、東→北→西となるわけですから、反時計周りになるわけです。

よって回答は、(3)になるかと。

投稿日時 - 2018-06-24 21:03:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

全部正しい

投稿日時 - 2018-06-24 20:58:58

あなたにオススメの質問