こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本はイランからの石油の輸入を止めるべきか?

アメリカがイランへの制裁で石油の輸入を禁止するよう各国に求め、アメリカ国務省の高官が「日本側はわれわれとの関係上、応じると思う」とのたまわっているそうです。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180627/k10011497101000.html

これ、応じるべきだと思いますか?
アメリカが仕掛けた輸入関税政策の中で中国、EUは徹底抗戦をして貿易戦争に突入しそうな中、日本は説得交渉でいくつかの特殊鋼で大規模な関税の除外を達成しました。いわば名を捨てて実を取る政策。北朝鮮問題でもアメリカの後ろ盾なしには拉致問題は進展が無く今後の北朝鮮との国交回復交渉でも取り残されることでしょう。
イラン問題ではEUやロシア、中国はアメリカの対応を明確に批判しているし、アメリカが新たな中東の火種を作っているのは間違いないと思います。
イランの石油禁輸でも日本はアメリカと交渉して名を捨てて実を取る作戦はありと思うのですが、そこまでアメリカに従順だと国として情けないと考えるのですがどうでしょう。そこで、アメリカの要請を拒否した場合、関税問題や拉致問題などでもしっぺ返しを食う可能性は大きいと思い、日本の損失も予想されるし日本もアメリカと貿易戦争をすることにもなりかねないですが、まいどまいどアメリカからゆすりたかりにあいながらなんとか交渉してやり過ごすのをいい加減やめて、損失覚悟でも日本の国際社会での自立性を見せたほうが良いと思うのですが、どう思いますか?

投稿日時 - 2018-06-27 11:50:57

QNo.9512699

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 核保有国を狙っているのはイランだけではありません。サウジアラビアなど、中東諸国の多くが何らかの核技術を保有しようと考えているように見えます。核兵器でなくても、中距離ミサイルの導入に前向きな国が多いようです。この流れを止めるのは無理でしょうし、イラン問題はドミノ倒しになる可能性が大きいので、禁輸措置ぐらいでは効果が無いでしょうね。

 イラン原油を禁輸しても、第三国経由で輸出する方法がありますし、ロシアや中国が従わなければ、効果は期待出来ないでしょうね。中東情勢で日本だけ孤立する結果になるだけだろうと思います。

 中距離核ミサイル保有により、核戦力を整備して、対外関係の強化をおこなう傾向は国際的な流れになっているようで、日本だけが理想論を唱えて孤立する形になっているように感じます。

 周辺国は核武装国ばかりになり、韓国や台湾もどうなるかわからない情勢で、いつまで理想論が通用するかでしょうね。日本の非核政策を信じない国が増えているようにも思えます。

 中距離核ミサイルを少しだけ保有して、対米関係を有利にする方向性に向かって動いているのが国際的な趨勢のようです。核戦力を絶対悪として来た日本が、実は情報操作と揉み消しで現実から遊離しているのが実態で、果たしてどこまで今の政策を続けられるかわからないですね。

 世の中は現実的な方向に動くものですし、日本の非核政策も現実的な意味合いが強かったのですが、個別的核戦力の時代に変わった現在では、時代に取り残される結果になっているようにも思います。

 イラン禁輸で米国に媚びを売っても、中東諸国の核保有を止めるのは無理だと思いますね。

投稿日時 - 2018-06-27 15:58:17

お礼

ありがとうございます。
アメリカの核合意からの離脱によってイランは報復的に将来の核保有に向けた動きを見せていますが、今回のアメリカの動きに同調する国が増えればイランもさらに過激なポーズを見せるでしょう。
ただ今はEU,ロシア、中国が味方についているのでイランも本気で過激なことはできないでしょうね。味方まで無くせない。
いずれにせよ、日本は悪の手先みたいな事をやめて欲しいです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-06-28 07:28:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

アメリカが徹底して日本を叩くなら、Microsoft製品もAppleも、日本では使わせないでしょう。別に部品は日本製でなくていいんです。アメリカのITは多国籍、は、現在事実ですが、数年前から、海外から国内の労働者雇用に方向転換しています。で、企業の本社がどこに移ろうと、大事なのは株主です。誰がどこで作ろうが関係ありません。主な株主はアメリカ系ユダヤ人で、Microsoft、Appleもしかりですが、トランプは、エルサレムに大使館を移した事で、しっかりご機嫌をとっています。また、グローバルスタンダードはアメリカ方式が多く、インターネットもしかりです。今の規格からさらに更新がかかったとき、この方式を入手できなければ、日本は対応できません。windowsも、officeもウイルス対策もです。そして、アメリカに叩かれている日本を擁護する国があるとは思えません。社会主義国に転換するしかなくなります。

投稿日時 - 2018-06-28 13:58:23

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-07-14 17:59:14

ANo.9

アメリカのイランからの石油輸入の禁止を各国に求める行為は、
サウジアラビアに原油増産を促す行為と矛盾しています。
矛盾した要請は応じるべきではないと思いますが、安倍政権は応じるでしょう。
その理由は、トランプ政権に逆らった事が無いからです。

また、日本の特殊鋼の関税ですが、日本の説得が成功したのではなく、
アメリカ企業の要請に応じただけです。

北朝鮮問題ですが、拉致問題にアメリカの後ろ盾などありません。
その事実は、アメリカと北朝鮮の間で了解されているはずです。
ゆえに米国と北朝鮮の会談後、堂々と拉致問題は存在しないと言明し、
アメリカも反応していません。

拉致問題は2国間の問題であり、本気で解決する気があるなら
水面下での交渉を粘り強く行う必要があります。
アメリカを利用したり、国連を利用するのは逆効果です。
北朝鮮の立場を考えながら、交渉方法を探るべきです。

安倍政権は日本や日本国民の事など考えていません。
自分ファーストの政権であって、トランプ政権と同じです。
また、日本は今もアメリカの属国だと理解して下さい。

投稿日時 - 2018-06-28 09:13:14

お礼

ありがとうございます。
安倍さんのトランプ追従姿勢は実際にはアメリカ依存の安全保障や経済への打撃を減らしたいと言うことだと思うんですが、それはそれで日本国民の将来への不安も反映しているように考えています。国民も日本がトランプに背いてしっぺ返しを受けるのを潜在的には恐れているしましてや遠い中東の国の話などそんなに興味ないでしょう。でもEUやG7の他の国々は目先のインパクトを恐れずトランプと戦う姿勢を見せている中で、日本と言う国のムードがあまりに内向きで受け身だと言う気がします。拉致問題に関しては、私と解釈が違うようですが、それはさておきアメリカが関係ないのであれば、トランプ批判を抑制する要素が減ると言うことで喜ばしいことです。

投稿日時 - 2018-06-28 10:12:46

ANo.8

パソコン、iPhone、インターネットが使えなくなるということです。多くの企業がパソコンを使っているでしょう。機能しなくなってしまいます。インターネットもできなくなります。

投稿日時 - 2018-06-28 00:16:09

お礼

マイクロソフトやアップルなどアメリカの主要なIT企業は海外の子会社で利益を上げアメリカでは利益を落としていないどころから借金をしています。トランプはそれが気に入らずIT企業と戦っているのですが、IT企業は海外からの移民による開発に依存していて、それも制限がかかりつつあります。もしこれ以上の状況になればIT企業がアメリカを見捨てて海外に本社を移すほうが先だと思いますよ。すでにアメリカからカナダに本社を移す会社も出てきています。
後言うまでもないことですが、パソコンもiPhoneも中国で作っていて、でも実際にはiPhoneで使っている主要部品の40%程は日本製なのです。
インターネットは世界の企業や団体が協力して運営していてアメリカの一存で止められないし、ネットと言う仕組みからいって日本だけ遮断すると言う器用なことはできません。中国のようにアメリカ全体が他の国々から遮断すると言うのであれば物理的には可能ですが。
アメリカの保護主義は大きな問題ですが、あなたは一番ありそうもないことを上げているので興味を持ったのですが、残念です。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-06-28 01:19:25

ANo.7

簡単に言うと、MicrosoftもAppleも無くて、日本は成り立ちますか?

投稿日時 - 2018-06-27 17:35:17

お礼

ありがとうございます。
私には 簡単と言われても理解できないです。

投稿日時 - 2018-06-27 23:23:13

ANo.6

情けないとか以前の問題です。立場をわきまえなさい。と、いうことです。

投稿日時 - 2018-06-27 17:30:07

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-06-27 23:23:46

〉国際社会での自立性を見せたほうが良いと思うのですが、どう思いますか?
「日本側はわれわれとの関係上、応じると思う」
そのとおりでしょう。
日本は先の戦争でアメリカに無条件降伏したんです。
敗戦国でありながら経済大国になれたのは
相手がアメリカだったからです、相手がロシアだったら
今の日本はなかったのです、アメリカには逆らえません。

投稿日時 - 2018-06-27 15:22:32

お礼

ありがとうございます。
結局政治というよりも国民の意識の問題とも思うんですが、アメリカを通してしか物事を見れないということですか?

投稿日時 - 2018-06-27 23:32:44

ANo.3

 中国や韓国と北朝鮮が瀬取(せどり)を、国連・アメリカの暗黙の了承下でやっているようです。日本のマスコミ報道を見るかぎり、少なくても文句を言われた形跡がないようです。

 日本の自立は無理だろうと思いますが、日本もマネして、「禁輸しまぁ~す」と言って、こっそりと瀬取をするくらいならできるんじゃないか、と思うのですが。

 再び、「出光」に頑張ってもらいたいところですね。

投稿日時 - 2018-06-27 15:01:22

お礼

ありがとうございます。
日本のイランからの石油の輸入は全体の5%程度。OOECは増産する方向なのでイランからの石油を禁輸しても吸収できるでしょう。もしできなかったりねあがったりしたらアメリカに補償を求めても良いでしょう。せどりまでする話じゃないと思いますよ。
いい加減、悪(トランプ)の手先みたいな事をやめて世界平和のことを日本は考えるべきではないかと思います。

投稿日時 - 2018-06-28 07:36:05

ANo.2

自立は無理でしょうね。自立しようとしたら、アメリカに徹底的に叩かれます。武力も情報もなくすでしょう。資源も食料も手に入らなくなるでしょう。日本はアメリカに活かされるために存在しているんです。だから、ご機嫌伺いと搾取に耐えながらも、なんとか穏やかに交渉していくしかないと思います。イラク戦争の時、自分達は放射能を撒き散らしながら、核を持つなという名目で石油を狙う国ですよ。中東だけでなく、メキシコも何度、煮え湯を飲まされたことか。代理戦争に巻き込まれたニカラグアの子供達の、暗い憎悪の目をみたことがありますか?私はあります。あんな目をする子供を、わざわざ日本で見たいとはおもいません。
世界に負の要素を撒き散らすアメリカ。アメリカの財閥は、ほぼユダヤ系です。ユダヤ人の教育で私が聞いたもの。
自分の子供を階段からジャンプさせて、受けとめます。何度か受けとめて、最後はスルーします。そして、子供にこう言います。「親さえ信用するな」
手のひら返しはお手のものです。
そして、日本だけでなく、オーストラリア、カナダも同じ立場です。日本、オーストラリアはアメリカに情報コントロールされているので、アメリカに対して好意的ですが、カナダ人は海外旅行の時、アメリカ人に間違えられやすいため、わざわざカナダの国旗を貼って旅行しています。カナダはアメリカを嫌っています。でも、なにもできません。EU、中東、ベトナム、中国、ロシア、中南米、どの国もアメリカを嫌っているのに、歯がたたないんです。でも、個人レベルでは、ユダヤ人もアメリカ人も、良い人達なんですけどね。ただ、イラク戦争から帰ってきた時のアメリカ兵士のハイテンションぶりには、ゾッとしました。

投稿日時 - 2018-06-27 14:21:52

お礼

自立は無理ですかね?G7ではEU各国とカナダがトランプを責め立てて安倍さんがなんとか取り持ちました。が、そこで出された共同声明をトランプが認めないとちゃぶだい返ししました。カナダのトルドー首相ははアメリカの保護主義や人権問題でトランプを公然と批判していますよ。一方で安倍さんはアメリカの保護主義を危険に感じて中国と接近しようとしているし中国もそれを望んでいます。日本が今向かっているのは、アメリカのインパクトを抑えつつ、経済的にはアメリカ依存を減らして中国、EU、や他の地域との結びつきを強めようとしています。アメリカのしっぺ返しは怖いとは言え、今EU、中国、カナダだけじゃなくてアメリカ国内の政財界でもトランプ政策への批判は強く包囲網ができている中で、まだアメリカにしっぽを振っているようだと情けないと思いますが。
貴重な体験、情報、ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-06-27 15:33:15

ANo.1

外交の要諦は損得です。損得を考えない外交はありません。戦前の日本はそれで大失敗しました。もうそういう誤りは犯さないようにしましょう。

投稿日時 - 2018-06-27 12:57:31

お礼

ありがとうございます。
おっしゃる通りと思いますが、短期的な経済の損得だけじゃなくて長期的に日本がどう言う国であるかと言うビジョンも大事じゃないですかね?
このまま米国追従に徹すると、他国が外交的に日本と話す価値を感じなるんじゃないかとも思います。その間にもじわりじわりとアメリカに金を要求されて譲歩を続けることになるし。

投稿日時 - 2018-06-27 13:18:44

あなたにオススメの質問