こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

五街道の宿場の支配。

五街道(東海道,中山道,甲州街道,日光街道,奥州街道)の宿場の支配は、幕府直轄で、道中奉行が管轄していたそうです。

具体的にはどういう内容ですか。
1.宿場の現場責任者は誰ですか。毎日、種々の事件・事故や諍いがあったと思いますが、日常の調停役は誰ですか。庄屋・名主がいたのですか。
2.五人組の組織はあったのですか。五人組の届け先(〇奉行とか〇役所とか)はどこですか。
3.宿場の範囲を示す標柱もしくは木戸のような物があったのですか。つまり、ここからここ迄は幕府の管理であり、この範囲を越えると藩(村)の管理とするような物。

一般論でも個別の事例でもよいですから教えてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-07-01 21:12:46

QNo.9514218

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

宿役人で調べてください。
農民身分なので責任者にはあたりませんが、現場で一番偉いのは町名主でしょう。

投稿日時 - 2018-07-02 03:03:07

お礼

アドバイスありがとうございます。
宿役人で調べました。よく分かりました。
残りの2問は、自分で調べてみます。

投稿日時 - 2018-07-02 19:33:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問