こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人の賃貸人と消費者契約法

個人の賃貸人と消費者契約法

 何時も回答いただきありがとうございます。DELL OPTIPLEX GX260 WindowsXPからです。

 貸家を所有しています。

 家賃滞納で、明渡し請求裁判をしています。

 最初の頃から、滞納が始まりました。

 最初の契約では、同棲しているものが、保証人になりましたが、更新契約以降は、家賃滞納を責められるもので、更新賃貸借契約書に保証人としての記名捺印しません。

 賃借人は、控訴文で、

 更新時の保証人の記名捺印は、
 拒否した。
 だから、保証人の責任を負わない。
 消費者契約法の第10条から

消費者の利益を一方的に害する条項であるから、

無効だと主張してきたのです。

 家賃を払いたくないから、賃貸人の承諾も得ないで、一方的に、保証人としての責務を拒否すると言っているのです。

●Q01. 賃借人は、消費者契約法を相手は、持ち出しているのですが、消費者契約法は、そもそも、
 消費者と消費者との契約についての条項なので、
 消費者契約法は、適用があるのでしょうか?


 賃貸借契約書では、賃貸人も賃借人も両者個人です。

 賃貸人は、購入した貸家を最初に貸したものであり、何も不特定の人に反復継続して貸しているわけでは、ありません。

 裁判所の判断は、この解釈に微妙なようです。

 消費者契約法の理屈からすれば、個人と個人との契約であるから、消費者契約法の適用は、無いことになりますが、事業として貸しているのだから、個人の賃貸人は、
事業者だと
まるで、決め付けるような判例です。

 しかし、解説書では、


(1)一般の個人同士が、事業としてでなく行う不動産の賃貸借契約。

は、消費者契約法に該当しないとなっています。

 ここで、事業と言う言葉が、キーワードになっていて
「一定の目的をもってなされる同種の行為の反復継続」

 と定義されています。

 個人と個人との契約であるのに、消費者契約法と言われることに納得できない気持ちを抱くものです。

 よろしく教授方お願いします。

 敬具

投稿日時 - 2018-07-19 11:53:15

QNo.9519700

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 家賃不払いを理由に契約を解除するか、消費者契約法の10条の構文から解釈して、問題を起こしている連帯保証人は連帯保証債務を負い続ける(本件に10条の適用はない)と昨日第10条読んだ時思ったので、そちらから攻めたほうがいいんじゃないかと思いますが、とりあえずご質問のことに回答しますと。

 言葉の定義は、法律によって異なります。

 消費者契約法は、一般に法律に無知で正しい判断ができず、交渉の経験もなく、弱い立場と考えられる人を、法律に詳しく、交渉経験もあり、強い立場と考えられる人から守ろうという法律です。

 質問者さんは、たまたま相続した家を親戚に貸したというような事情とは異なり、賃貸して家賃をもらうために家を購入し、その家を目的通り賃貸したというケースのようです。

 購入の目的から推して、今の人が退去すればまた、別な人に貸して家賃を徴収するものと考えられます。

 ということは、質問者さんは家屋を売買するほど法律に詳しく、銀行などとの交渉経験もあり、賃貸人という強い立場と考えられますので、賃借人とまったく対等の、単なる個人だとは言いがたいでしょう。

 いや個人だと言われると、「じゃあ何度」銀行と交渉したり、家を買ったり、賃貸人のとしての作業をやれば事業者となるのか、というと明確な、納得いく基準はありません。みんな事業者でなくなる。

 どこで単なる個人と事業者を区分けするかといえば、やはり1度も2度めも大差ありませんので、銀行と交渉したり家を買ったり家主として行動したりした人は、ただ者ではない(愚か者ではない)と思われます。

 ゆえに、質問者さんは消費者契約法上は、事業者となるものと思われます。

投稿日時 - 2018-07-20 01:01:20

お礼

 レスありがとうございます。DELL OPTIPLEX GX260 WindowsXPからです。

 以下の指摘は、当たっています。納得しました。

>  購入の目的から推して、今の人が退去すればまた、別な人に貸して家賃を徴収するものと考えられます。
>
>  ということは、質問者さんは家屋を売買するほど法律に詳しく、銀行などとの交渉経験もあり、賃貸人という強い立場と考えられますので、賃借人とまったく対等の、単なる個人だとは言いがたいでしょう。

投稿日時 - 2018-07-26 22:26:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

(1)
消費者契約法は,消費者と事業者との間で締結される契約を対象とします。消費者と消費者との契約についての条項ではありません。
そして事業として又は事業のために契約の当事者となる場合における個人は事業者です。

> 個人と個人との契約であるのに、消費者契約法と言われることに納得できない気持ちを抱くものです。

あなたが納得いかなくても,事業者である個人は消費者契約法に縛られます。

> 何も不特定の人に反復継続して貸しているわけでは、ありません。

でも反復継続する意思はあるんでしょ。その家屋を賃貸契約するのは1回限りと決めているのですか?

投稿日時 - 2018-07-19 12:29:04

お礼

 レスありがとうございます。DELL OPTIPLEX GX260 WindowsXPからです。

 説明ありがとうございます。

 納得できなくとも、納得、する以外ないですね。

 素人の顔しても、素人であることを主張しても、はなから、問題にされないから、駄目そうですね。

 明確な解答ありがとうございます。

 敬具

投稿日時 - 2018-07-19 16:03:29

あなたにオススメの質問