こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

メキシコの犯罪カルテルについて質問があります。

メキシコのロスセタス組の仕事は殺人と麻薬売りの主業だと知っていますが詳しく回答は何でしょう。?
その麻薬ギャング団が単なる麻薬売りだけて仕事することだけじゃなくコンビニと零細自営業と
農場までも脅迫と税金まで奪ってしまうこと。抵抗したら鉄砲に射殺してしますこと。カルテルの残酷性に既に証明された事項だと聞いていました。大量の鉄砲と爆弾を保有して警察と軍人までもロスセタスに殺されるんだって警察死傷者が出ているから民間人が殺されても政府では治安を諦めたことてますか。?彼らの麻薬供給はアメリカでしょう。最近米国トランプ大統領がアメリカから麻薬供給を遮断するたのに国境障癖を設けたこと。ロスせタス彼らの仕事は殺人と麻薬売りでしょう。悪い治安に海外に逃げても報復殺人が徹底なギャング団に殺されるんですか。? 最近韓国企業が国内では最低賃金引き上げについては収容出来ないと判断して海外に事業することに良い国家に選べるんだとの知らせがありました。
メキシコでは海外企業が事業を出来ない国家ですか。?
例えば海外企業がメキシコで事業をしてもロスせタスの犯行標的になりますか。?メキシコでは既にロスせタスカルテルの奴隷化されていることに思ったらメキシコ政府でも既に悪い治安を諦めたこと。ということですか。?警察や軍事公務員たちに賄賂を撒き散らしてこのような犯罪組を掃討できないことですか。?南米とメキシコは世界から最大の麻薬輸出国になることですか。?

投稿日時 - 2018-07-26 21:16:47

QNo.9522151

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

メキシコ政府は麻薬組織との戦いを諦めたわけではなく、もう10年近くも本格的に戦っています。ただ政治家や警官が買収されたり、麻薬組織を撲滅しようとする地方都市の市長が次々と暗殺されたり家族が脅威にさらされたりしていて、成果があがるどころか悪化しているようにも見えます。http://www.afpbb.com/articles/-/3072274
日本語で検索したらロス・セタス以外の組織の犯行が疑われたケースしか出てこなかったのですが、英語で検索すればロス・セタスによる市長殺害の情報がたくさん出てきます。

> 悪い治安に海外に逃げても報復殺人が徹底なギャング団に殺されるんですか。?
闇の中の話なのでわかりませんが、アメリカで悪名高いヒスパニック系のマフィア MS-13はLos Zetasと協力関係にあるので、Los Zetasに目をつけられて逃亡した場合は可能性はありますね。ただ表立ってそう言う話を聞いたことはありません。
それどころか、メキシコ国境を超えてアメリカに不法入国した人たちの白骨遺体が国境付近で大量に見つかることがあります。
https://www.international-press-syndicate-japan.net/index.php/news/population-immigration/1299-migration-latin-america-unmarked-graves-across-the-us-border
ほとんどのケースは体力や食料がつきて町に辿り着く前に亡くなるのでしょうが、これだけ大変なことが起こっているのに事実は報じられても徹底した調査や対応はされていません。要するに不法にアメリカに入った移民がどうなろうと興味が無いか追いかけようが無いと言うのが実情でしょう。

> メキシコでは海外企業が事業を出来ない国家ですか。?
そんなことはないです。首都のメキシコシティは安全で、夜はともかく昼は町を歩いていても危険は感じないです。一方で日系企業や海外企業もたくさん工場を作って進出しているアメリカ国境付近のティファナ、ヌエボ・ラレード(ロス・セタスの拠点)、シウダ・フアレスは危険なのですが、日本人や海外の社員はアメリカに住んで防弾ガラス付きの車などで防御された工場に通勤すると言う安全体制が取られています。マフィアは外国人や一般市民を標的にしてはいないのですがそれでもたまに流れ弾にあたって死ぬ人がいるのは事実ですが、他にもっと危険な国はたくさんあります。私はいずれの町の工場にも行ったことがありますが、経路はすべて守られていて危険は感じませんでした。以前は日本人を含む外国人の会社幹部を標的にした誘拐事件が多かったのですが今は聞きません。危険だから事業進出しないと言う判断は今は無いと思います。それよりはトランプのメキシコに対する貿易政策の影響で事業進出をやめるところはあるでしょう。

>メキシコでは既にロスせタスカルテルの奴隷化されていることに思ったらメキシコ政府でも既に悪い治安を諦めたこと。ということですか。?

前にも書いたように諦めてはいないですよ。凶悪組織はロス・セタスだけじゃないですが、確かにロス・セタスの台頭によって、武器の重火器化や軍や警察で訓練を受けた人のリクルートが広がっているのと、困難な状況にはあると思いますが。

> 警察や軍事公務員たちに賄賂を撒き散らしてこのような犯罪組を掃討できないことですか。?

組織が複数あってそれぞれ地方都市に根をはやしていて政治家、警察、住民を買収したり人質の様にしていることがネックでしょう。少し前のコロンビアのようなところがありますが、コロンビアは凶悪組織が一つだったので何とか終息させることができましたが。

> 南米とメキシコは世界から最大の麻薬輸出国になることですか。?
これは今に始まったことではなく全体からすれば特別に悪化したわけでもないでしょう。メキシコは厳しい状況ですが前述したようにコロンビアは麻薬組織を弱体化させ最終的に手打ちをして終息できたので悪くなる一方と言うことはないと思います。

個人的な考えを言うと、麻薬組織は麻薬栽培農家と一緒に産業化していて、貧しい農村などでは食べるために麻薬栽培をせざるを得ないところがあります。それが撲滅が難しい理由の一つです。中南米の国々は戦後アメリカが親米独裁国家を支援し混乱の一翼をにない民主化、経済発展を遅らせてきた経緯もあるので、本来はアメリカには中南米諸国の発展にもっと手を貸すべきだろうと思います。それに対してトランプは壁を作って移民を遮断しようとし、貿易でもメキシコを痛めつけ、一般のメキシコ人までギャング呼ばわりします。メキシコやコロンビアの麻薬戦争で多くの一般人が死んでいる中で、アメリカの各州で大麻の合法化の動きが広がっています。中南米には反米のムードが強いのですが、オバマがキューバと和解することで中南米全体もアメリカに対する好意的なムードが芽生えつつあったのを、トランプが全部ぶち壊しました。アメリカは解決に向けて全方位的に強力すべきです。

投稿日時 - 2018-07-27 10:43:50

ANo.1

なんだかおかしな日本語で意味が理解できません。

投稿日時 - 2018-07-26 21:26:54

あなたにオススメの質問