こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

富士通エアコン 内部クリーン

お尋ねします。
高齢の母の部屋に富士通AS-C28Hを設置しました。内部クリーン機能を使いたいのですが、24時間母が部屋にいるので、いいタイミングがありません。

富士通のサイトには「内部クリーン運転が始まると、温度・湿度の上昇により不快に感じる場合があります。お部屋に居続ける場合は、冷房(除湿)運転を停止しないで、設定温度を適度に上げ、冷房(除湿)運転を継続することをおすすめします。」とありますが、意味がわからないのでメールで問い合わせしたんですが2日経っても返事が来ません。
上記の文章はどういう意図と意味でしょうか?

また、内部クリーンをするのとしないのでは、大きな違いがありますか?

投稿日時 - 2018-07-26 23:04:54

QNo.9522185

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

内部クリーン機能はカビが生えないように熱でエアコン内部(特にフィン)を乾燥させるようになっています。
部屋に居続けてこの機能が使えない状態ならエアコンを止めずに冷房か除湿でずっと使い続けたほうがいいということです。

投稿日時 - 2018-07-27 10:00:41

お礼

やっとわかりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-07-27 10:52:30

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

Q/上記の文章はどういう意図と意味でしょうか?

A/内部クリーンというのは、冷房で冷却フィンの温度を下げて飽和させ発生していた水滴(結露、飽和水蒸気)をなるべく早く乾燥されるための機能です。そのため、軽い暖房(最初の数十分ぐらい)と送風(残りの時間、ただ空気を回すだけ、外気取り入れの機能がある場合は換気送風も含む場合があります)を両立した運転をするのです。

冷房後に電源を切るときに、そのまま電源を落とすと、エアコンのフロントグリルやルーパーは閉じてしまうため、内部に湿気が籠もります。それが、カビや雑菌繁殖の原因になります。それを極力防ぐために、電源オフ前に乾燥を行うというのが、この機能の意義です。尚、完全にカビの発生を抑えることは出来ません。

これは、主に冷房と除湿(再熱除湿は状況によるが冷房や除湿ほど必須ではない)の2つの機能を使うときに効果的に機能することになっています。

Q/また、内部クリーンをするのとしないのでは、大きな違いがありますか?

A/あるにはあると思いますが、大きな差だと感じるほど差が出るかというと、さあどうでしょう?というところです。運転の仕方や、使用時間、後は環境に依存するので、その効果が必ずしも十分にあるとは限らないのです。

まあ、エアコンの1年使った後に、電源コードを抜いて、一度挿すと、上下ルーパーが下に下がるはずです。その下がったタイミングで、もう一度電源コードを抜いて、中のラインフローファンを懐中電灯で照らしてみれば分かります。(見ない方が良いものというのは世の中に沢山ありますので、半日から1日がかりでファンの掃除をするつもりがないなら、見ない方が良いです。ファンに付着した…自主規制…が。)

同じ時期に買ったエアコンが2つあるなら、一方は内部乾燥してみて、違いを調べて見ると良いかも知れません。

尚、1日中真夏の3ヶ月間ぐらい運転すると、どんなに抗菌処理(通常は6~12時/日の運転で1年~2年持つ程度)がされていても、エアコン内部はかなり雑菌が繁殖します。ただし、これが効果を発揮するのは抗菌コートがされている部分の表面のみです。運転していれば埃や塵、油などが付くので皆まで言わなくても分かるでしょう。そのため、内部クリーンを使ったら、それが大きく減るかというと、たぶん難しいでしょう。
毎日1時間以上筐体内の温度を80~100度ぐらいに出来れば全体のカビも死ぬでしょうけど、富士通の最新機種のカビ抑制機能もフィンだけで、しかも最大60度で且つ、運転していれば埃も付きますから……。

ということで、運転時間が長いなら違いはないと思った方が良いでしょう。あんなのは飾りとまでは言いませんが、子供騙しです。

ちなみに、エアコンは汚れるものですが、常時運転していると、カビが繁殖していようが、体に害が出るような事はたいていありません。問題があるとすれば、定常で冷房運転しなくなる秋以降~春までの期間を過ぎて、翌年の夏が来たときです。

最初に運転する時には、かなり大量にカビ胞子がエアコンから出てきますので、その前にしっかりエアコン内部を掃除をする(内部とは冷却フィンだけではなく、その奥のファンを掃除する必要がある)か、またはそれが出来ないなら暫くは窓を開けて送風運転と冷房運転をして過剰に溜まっている細菌芽胞やカビ胞子を外に逃がすことです。

それをやってから、本格的に締め切った状態での冷房をするように対応すれば、エアコンの匂いが気にならなくなるような効果はありませんが、体にとって極端に悪い状況にはならないでしょう。

とにかく綺麗じゃないとダメというならば、毎年1回はエアコンクリーニングを頼むと良いでしょう。尚、毎年エアコンクリーニングを依頼する場合は、自動お掃除機能付きのエアコンを選んではいけません。掃除金額が2倍3倍以上になるものが大半です。

投稿日時 - 2018-07-27 08:08:08

内部クリーンって暖房が出るパターンなんだと思います。なので、使われない場合は、温度を調整してお使いくださいと言うことでしょう。内部クリーンするとかび臭くなくなるとかそんな程度ではないですか。ドライの場合使い続けていれば臭うことがないからだと思います。冷却水はダクトから出るので、結局、してもしなくても大きくは変わらないと言うこと。私も暫く使ってません内部クリーンを。メーカーのものが言葉足らずで分かりにくいですよね。

投稿日時 - 2018-07-26 23:26:47

あなたにオススメの質問