こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

台風により隣の屋上の物置がうちの屋根に落ちてました

台風で隣の家の屋上にある100キロ以上あるヨドコウの物置がうちの屋根に落ちてきました。
隣は自然災害なので本当は直す必要ないけど、瓦とその下の下地のような部分だけは直すけど雨漏りは
責任持ちません。お宅で直して下さいと言われました。

この時はヨドコウの物置はホームページに屋上に置かないで下さいと書いていたことも、転倒防止工事をしないとダメなのも知りませんでした。
これはもう自然災害とは言えないですか?

転倒防止工事をしていたのかはわかりませんが、ヨドコウの物置が屋根に落ちた証拠写真はあります。

隣に言うと今更言うなとか揉めそうなので、相手の保険屋が来た時に言っても大丈夫でしょうか?←隣はすぐ「そんなに言うならお金出しませんよ。自然災害だから必要ないと約款にも書いてるので」と言います。

雨漏りも気になりますが、物置が落ちた時、すごく家が揺れたのでそのことも言って大丈夫ですか?

瓦とその下と雨漏り以外に調べてもらう所はありますか?

投稿日時 - 2018-08-02 09:01:48

QNo.9524064

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>これはもう自然災害とは言えないですか?

いいえ。
事実をねじ曲げないで下さい。
自然災害には違いないので、自然災害と言えなくなることはありません。
自然災害だけが原因とは言えなくなったのが事実ですよね。


>転倒防止工事をしていたのかはわかりませんが、ヨドコウの物置が屋根に落ちた証拠写真はあります。

屋根に物置が落ちたことは相手も認めているのだから、証拠は必要ありませんけど。

転倒防止工事をしていなかったことを証明する必要はありそうですね。

>相手の保険屋が来た時に言っても大丈夫でしょうか?

大丈夫とはどのような状態のことですか?

言論の自由がありますし、脅迫するわけでも、相手の名誉を傷つけるわけでもないので、何言っても大丈夫ですけど?

家が揺れたことも同じです。

>瓦とその下と雨漏り以外に調べてもらう所はありますか?

相手の契約する保険会社なので特に、どちらかと言えばお金も払いたくないでしょうし、わざわざそのお金を払う根拠となるかどうかを調べたりなんかしませんよ。

調べるのは、あなたが被害を受けたと主張したところが本当かどうかです。
特に何の資格や知識や地位もない人間に言われただけなら、明らかに隣人の責任と言えない場合は、認めなくて当たり前だと思います。

隣人と争うつもりなら、建築業者でも呼んで調べさせたら良いと思いますね。
見積もってもらってから、その業者に依頼するつもりなら、無料で見積もってくれるのではないかと思います。

ここまでは無料で出来そうですが、ここから先は金がかかりそうです。

争う。つまりは民事訴訟を起こす事になるので、そうなれば訴訟費用も弁護士費用もかかりますし、自然災害による影響があるので、100%隣人の過失とはならないと思いますけど。

損害賠償請求出来るのは、全体の損害に対してで、そこから過失相殺されたものが判決となると思います。

裁判に勝てたとして、その過失相殺された損害賠償金から、訴訟費用と弁護士費用を差し引いたものから、家の修繕をすることになると思いますけど。

投稿日時 - 2018-08-02 10:14:49

ANo.3

自然災害だから必要ないと約款にも書いてるので」
それは保険屋とその人との契約に過ぎません。
あなたに対して主張できることではないのです。
個人間に発生した損害については別物ですから。
民法などに従って処理することが必要です。

お隣さんは何か勘違いされているようですね。

投稿日時 - 2018-08-02 09:22:45

ANo.2

正しい設置で使用していたなら、自然災害になるだろうけど、そうじゃないならばその点で戦えると思う。火災保険など入っているなら、保険会社と相談してみたらどうかな。

投稿日時 - 2018-08-02 09:18:39

ANo.1

早急な対応をされることが望まれますので、
弁護士さんにご相談されたほうがいいと思います。

細かい現場検証や、物置を屋上に置いてよいのかどうか、
設置の工事は万全であったのか、
細かい箇所を洗い出して、損害賠償を正式な形で請求するには
弁護士さん、あと消防署や警察にも聞いてみると良いかもしれません。

それにしても
もし人にあたっていたならどうなったなだろうと、
考えただけでも恐ろしい話ですよね。

どこから飛んできたかわからない物置では無いですし、
当然所有者に責任があると思いますので、
あくまで法的にお話を進められることをおすすめします。

投稿日時 - 2018-08-02 09:12:39

あなたにオススメの質問