こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

数B数列

画像の通り何故このように展開されるのかわかりません。何故初手でこのように展開されるのでしょうか?ご回答宜しくお願いします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2018-08-03 17:46:18

QNo.9524455

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

Σ[k=1 to n](a[k]r[k])
=a[1]*r[1]+Σ[k=2 to n](a[k]r[k])...k=1のときだけ別にした
=3*1+2*Σ[k=2 to n](a[k])...わかっている数値を代入した
=3+2*(n-1)/2*(5+(2n+1))...等差数列の和の公式...(項数)/2*(初項+末項)
=3+(n-1)*(2n+6)...簡単にした
=2n^2+4n-3...簡単にした

投稿日時 - 2018-08-04 21:49:34

an=2n+1、r1=1、r2=r3=...=r(n-1)=rn=2であるから、
∑(k=1~n)akrk
=a1r1+a2r2+a3r3+...+a(n-1)r(n-1)+anrn
=a1r1+2{a2+a3+...+a(n-1)+an}
{}の中は、初項a2=2×2+1=5、末項an=2n+1、項数n-1の等差数列の和であるから、
∑(k=1~n)akrk
=a1r1+∑(k=2~n)akrk
=(2×1+1)×1+2×(n-1){5+(2n+1)}/2
=3+(n-1)(2n+6)
=3+2n^2+4n-6
=2n^2+4n-3

また、次のように考えることもできます。
初項a1=3、末項an=2n+1、項数nの等差数列の和の2倍(この中には2a1が含まれる。)から、a1×1=3を引いて元に戻します。
∑(k=1~n)akrk
=a1r1+∑(k=2~n)akrk
=∑(k=1~n)akrk-a1×1
=2×n{3+(2n+1)]/2-3
=n(2n+4)-3
=2n^2+4n-3

投稿日時 - 2018-08-03 19:42:17

あなたにオススメの質問